ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.12 03:57

不作為の卑怯者は道徳を語れない


情報は瞬時に世界中に届くというが、問題は「正確な情報」、

「真実の情報」が届くかどうかだ。

 

「在日特権がある」という「誤った情報」や「陰謀論」

ばかりが、自民党議員や、自称保守論壇や、ネトウヨなど

には届く。

差別を容認してはならないはずの橋下徹までが「特別永住権」

を「在日特権」と思い込んでいる。

 

単なる差別を楽しむための理論武装として、

「在日特権がある」という幻想を巻き散らしているだけ

なのに、それを信じたり、なんとなく容認している人間が

なぜ多いのか?

それが問題なのである。

 

「在日特権などない」という「正しい情報」が

なぜ届かないのか?

新聞や雑誌でなぜ「在日特権などない」という事実を

報じないのか?

それが問題なのだ。

 

自称保守のメディアが報じないのはわかる。

在特会やネトウヨも商売相手だからである。

商売上、カネが欲しくて、嘘の情報を見てみぬふりして

いるのだ。

 

つまり電車の中で、女性に痴漢したり、酔っぱらって迷惑

かけたりしている馬鹿を、見てみぬふりしている卑怯者と

同じなのだ。

不道徳を許容する連中なのだ。

 

普段、りっぱなことばっかり言っていながら、ユダヤ人が

ガス室送りになっている事態を見て見ぬふりする、そういう

不作為の卑怯者が、この日本にはやたら多い。

日本人は果たして高潔な人種か?

誇るべき民族か?

怪しいものなのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ