ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.16 04:14

京都大学の中核派と公安


京都大学に機動隊が入って、中核派のアジトを捜索したらしい。

そのアジトがオウム真理教のサティアンそっくりで、

幾重にもガードされたドアがあり、室内では大勢の若者が

共同生活しながら、暴力革命を目指している。

 

今どき過激派に入る若者は「純粋まっすぐ君」で、理想を

求めるがゆえに、反資本主義になるのだが、資本主義も無制限

なら、暴走して、過激派と変わらぬ市民への暴力となるのは

事実である。

しかし今どき60年代から活動しているジジイが、若者を洗脳

しているのだから呆れる。

 

大学は政治勢力からの干渉を受けずに、教育・研究を自由に

行える自治を持つと言うが、自治を無制限に認める「聖域」を

作ってしまうと、それを悪用してカルト信仰が温存され、

増長し、いつか暴力に結びつき、無辜の民を殺傷する最悪な

事態を招いてしまう。

 

信仰の自由も、言論の自由も、同様だ。

過激派も、在特会も、カルト宗教も、公安の存在意義を確固

たるものにする理由付けを与えている。

願わくば公安はネットの中も目を光らせておいてほしい。

左翼過激派がネトウヨの中に潜入している可能性が極めて高い

からだ。

 

わしはかつて公安警察に二人、会ったことがある。

二人ともなかなか好感が持てる人物だったが、わし自身を監視

しているのかもしれないと思って警戒した。

公安にも警察にもわしのファンがいるようだし、彼らはプロ

として「公」のために働いているのだろう。

それでも、わしにさえ警戒されねばならない仕事というのは、

実に大変だなあと同情する。

 

わしとしては権力を無警戒に信用することもできないし、

公安には同情しながらも警戒せざるを得ないのだが、

左翼過激派や右翼過激派(ネトウヨ)がいる限り、

市民の側にとっても必要悪だと言わざるを得ない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ