ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.20 12:54

アベノミクスはすでに死んでいる


アベノミクスが失敗してるのは歴然としている。

リフレ派の想定では、円安誘導で、輸出が増える、

その収益で賃金が上がるという循環だったはずだ。

 

ところがすでに輸出向け企業は、国外に生産拠点を移して、

国外で人を雇って、国外市場で販売しているから、

日本国内からの輸出が増えるはずがない。

この時点でアベノミクスは完全に失敗している。

だからトリクルダウンはないと、わしは最初から言って

いたのだ。

 

大企業は、輸出は増えなくても、為替差益で利益が出ている

から、これに目を付けた安倍首相が直々に経団連を呼び出して、

賃金を上げろと要求する。

この行為がもう資本主義の健全な姿ではない。

政治家が企業のトップを呼び出して、賃金を上げろと迫る

なんて、統制経済である。

アベノミクスが成功していれば、権力による経営への介入を

待たずに、企業は収益を社員に分配しているはずだ。

 

いくら安倍首相がアベノミクスは成功と言い張ったところで、

円安にしたのに企業の輸出量が増えない時点でアウト!

 

円安は実質賃金が下がる一方の庶民の暮らしを直撃してくる。

今後は円安の暗黒面が、中小零細企業や、庶民の暮らしを

もっときつく締め上げるだろう。

来年初めくらいは中小零細企業の倒産が相次ぐのは間違いない。

 

安倍首相は高校生の就職内定率が上がっているなどと言って

るが、それは団塊の世代以上が退職し始め、人手不足になって

いることと、低賃金の非正規雇用が増えたからだろう。

正社員は減っているが、今後は解雇自由・解雇の金銭解決など

が制度化されるから、もっと貧困層が拡大するだろう。

そんな社会を国民は望むのだろうか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ