ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.22 04:15

14日は「ゴー宣道場」と投票日


高森氏が見事な指摘をした「詔書を知らない政治家ども」だが、

その様子を報道ステーションで見た。

伊吹文明は分かっていたようで、最初の万歳のときにムッとして、

全部読みあげてから「ここで万歳するように」と釘を刺した。

 

解散で万歳をする必要があるのかという疑問もあるが、

天皇の詔書だから厳かに聴く必要はある。

 

感心したのは、小泉進次郎が万歳をしなかったことだ。

その理由は「国民との心の乖離が拡がる」というようなことを

言っていた。

天皇陛下も本心ではそう思っておられることだろう。

 

しかし進次郎、さすがに小泉純一郎の息子で、郵政解散は

わしは馬鹿馬鹿しいと思っているが、国民感情があのとき

盛り上がっていたのは確かである。

それに対して、今回は冷め切っているという空気を進次郎は

よく見ている。

「自分の政権の延命」それだけが目的の解散総選挙だ。

師走の解散、大迷惑と思っている人は多いだろう。

 

外国の投機家と、日本の株を持つ富裕層と、大企業にとっては、

アベノミクスは大成功だが、90%以上の国民にとっては、

GDPマイナスの景気後退は、アベノミクス失敗の証明である。

 

国民が富裕層のために、もっと株主資本主義を進めて、格差を

拡大していただこうと思うのなら、自民党に投票すればいい。

90%以上の国民のための経済政策をやってほしいと思うのなら、

安倍政権にNOを突きつける投票をすればいい。

 

14日は「ゴー宣道場」の日だが、投票を済ませてから、

あるいは「ゴー宣道場」後に投票に行ってほしい。

投票率は上げる必要がある。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ