ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.28 08:34

アベノミクスの失敗は消費増税のせいではない


アベノミクスとやらの失敗を、消費増税だけに原因を求める

論調には首をかしげる。

消費増税さえしなければうまくいってたのか?

消費税を再び5%に戻せば、人々はお金を使い始めるのか?

わしは否だと思う。

 

株で儲かった富裕層は別にして、安倍政権が誕生して以降、

一般庶民の消費が増えたのは、増税前の駆け込み消費の期間

だけなのである!

 

脱デフレを目標に節度のない金融緩和をして、円安株高に

したところで、国内需要がないから国外に企業が移転してる

わけで、企業は国内に設備投資はしないし、銀行に金が滞留

するばかり、実質賃金は下がり続けているのに、インフレに

なるから、中小零細企業と庶民は苦しくなるばかりだ。

 

今しばらく待ってくれ、アベノミクスの恩恵を末端まで届け

ますからなんて言い訳を信じる者が、まだいるというのが

不思議でならない。

よっぽど権力に寄生する快感を知っている輩なのだろう。

 

トリクルダウン効果は、高度経済成長の時代の神話であって、

少子高齢化・グローバリズムへ向かう日本ではもう通用しない。

富裕層のための経済、強者のための経済、弱肉強食の搾取経済

ではなく、貧困層を中間層へ押し上げていく、「経世済民」の

精神が今こそ必要だとわしは考える。

 

わしはもう60歳を過ぎて、すでに自分がいつ仕事を止めても、

遊んで暮らせる強者になった。

だからこそ、私利私欲抜きで次の世代のことを案じるのだ。

団塊の世代以上の者たちが、なぜ安倍政権を応援できるのか、

理解できない。

若い時は学生運動で反権力を気取っていたくせに、今頃こっそり

右傾化して、弱者を踏みつぶしながら勝ち逃げしようという

根性がまったく情けない。

 

人の道とは何か?人の徳とは何か?

わしは団塊の世代を反面教師として、子供たちに「道徳」を

説く本をいつか作りたいものだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ