ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.5 07:11ゴー宣道場

『本多猪四郎』これは傑作だった!


切通理作氏の『本多猪四郎』を読み終えた。

これはわしが保証するが、凄い本だ。

オタク世代の書き手が持つ、主観的すぎる論考を突き抜けて、

完全に普遍性のある大人の評論に到達している。

 

導入部で次々見てない怪獣映画について語られる記述では、

「またかよ、見てないからイメージ湧かねえよ」と思って

結構苦痛だったが、その先入観を第五章の本多の戦争体験から

どんどん打ち破られていく。

そして戦争体験がいかに本多の創作に関係しているかが

見えてきて、実に面白い。

「大東亜戦争」とあっさり書いてしまう理作の覚悟も見事。

 

そこから先は戦争の話でなくなっても、やはり原爆に対する

本多の感覚や、科学に対する考察などが、興味津々で楽しめる。

戦争孤児・浮浪児への差別が戦後の日本人に無邪気に存在

していたことが驚きだし、その感覚をフランケンシュタイン

に投影していたのも凄い。

iPadに入ってないか調べたが、なかったので悔しい。

 

支那における村民と日本軍の関係性もまさにこの通りだろう

と納得するし、戦争で一番損をするのは大衆という視点が、

怪獣映画の逃げ惑う大衆に繋がっているのも納得だ。

モスラが単なる蛾の幼虫ではなく、蚕だというのも嬉しくなる。

 

マンネリに対する勝新太郎の言葉も、腑に落ちた。

ここのところ『座頭市』ばっかり見ていたから、『ゴジラ』も

同じなんだろう。

わしがもう一度『新戦争論』を描く気持ちになった理由と

通じている。

誤解をただし、さらなる思考の深まりを伝えていくためには、

何度でも同じテーマに挑戦しなければならないのかもしれない。

 

『本多猪四郎』実に面白い本だった。

とりあえず『メカゴジラの逆襲』は見よう。

『マタンゴ』も見たいが、iPadに入ってないんだよな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ