ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.7 04:34

小浜逸郎、次世代の党に見る反知性主義


小浜逸郎はもう少しリベラルな人間だと思っていたが、

自称保守論壇で禄を食むようになったために、知性が劣化して、

在特会の「在日特権」デマに騙されるようになってしまった。

 

それは知識人だと思っていた人間が、実は痴識人だと判明した

だけのことだが、「正論」という雑誌は自民党の議員などに

影響があるので、結局、在特会のデマが権力にまで浸透して
しまうことになる。

 

さすがに在特会を擁護するのは世間的にまずいと考えていた

政治家までが、在特会のヘイトスピーチにも已むを得ない

理由があると考え出すのだ。

現に「次世代の党」は完全に在特会のデマに洗脳されて、

「在日特権」なるものがあると信じ込み、

公約にまでしている。

 

このようなデマを拡散させて恥じない流れ自体が、

日本社会の空気が、中道や保守でなく、右傾化しているという

論拠なのである。

「民族差別」や「排外主義」に政治家が呑み込まれるのは、

悪意のナショナリズムであって、保守の復権ではない。

 

こういう自称保守論客や、政治家や、ネトウヨに蔓延する

知性の劣化、反知性主義は、言論そのものの敗北を意味する。

宮台真司が「表現」と「表出」は違うという言い方で、見事に

分析しているが、自称保守派&ネトウヨは、理論による説得

という「表現」よりも、感情の「表出」に快感を覚える勢力に

堕してしまったのだ。

 

「差別したい」「差別の対象が欲しい」という感情は、昔から

存在するもので、自称保守派はこの差別心の「表出」に快感を

覚えているだけである。

 

「差別」の快感を堂々と主張できる空気は、ナチスドイツの

ようなホロコーストを生み出す温床になる。

こういうものは早く叩いておかないと、煙がくすぶってる段階

なら間に合うが、一旦炎が上がり始めると燎原の火のように

燃え盛って、止められなくなる。

ヨーロッパで起こったことが、日本では絶対起こらないとは

限らない。

「在日特権などない」という論証は、ブログで書くには

分量が多くなりすぎる。

火曜配信の『小林よしのりライジング』で書く。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ