ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.10 03:25

東宝版「ゴジラ」への不安


『ゴジラ』が東宝で新たに製作されるという。

嬉しいし、期待するのだが、東宝で製作するなら、基本的に

「ぬいぐるみ」なのだろうか?

「ぬいぐるみ」でハリウッドの『ゴジラ』のリアリティーに

対抗できるのだろうか?

 

切通理作の『本多猪四郎』で、昔のゴジラのストーリーや

テーマを読むと、相当面白そうな気がする。

それで本多猪四郎の作品を見てみたのである。

『怪獣総進撃』は、なんとゴジラもラドンもモスラも

ぜ―――んぶ、ある島の一定区域に閉じ込められていた。

完全に動物園で飼育されているのだ!

これには失望した。

 

それを宇宙人が開放して、リモコンで怪獣たちを

コントロールして、世界の都市を襲撃させるのだ。

ゴジラは地球の神のような絶対的存在で、人間や宇宙人

ごときが科学の力でコントロールできるものではないと

わしは信じていたのに、人間ごときに飼育され、

宇宙人ごときに操作されている!

なんという悲しいゴジラか!

これじゃ牛馬に等しい。

 

ハリウッドの「ゴジラ」はとても人間が飼育できそうにない。

そこが素晴らしかった。

「ぬいぐるみ」だからこそ、人間が管理できるという発想が

生まれるのではないか?

 

本多猪四郎の「ゴジラ」の創造は確かに天才的である。

永遠に敬意を払う創造である。

だが、オタクは「ぬいぐるみ」の「ゴジラ」に誇りを

持ち過ぎるから、想像力を退化させる。

 

わしは漫画家だから、すでに子供のころに見た「ゴジラ」に、

自分の想像力でリアリティーを補足し、より凄い「ゴジラ」

として脳内に育てている。

その脳内「ゴジラ」に、ハリウッドの作品は近かった。

今、過去の「ゴジラ」を見ると、やはりゴジラの動き方にも

違和感を覚え、ストーリーが退屈になるのである。

 

あくまでも過去の「ゴジラ」に拘るのは、オタク的心性で、

創造力を減退させるのではないか?

「ぬいぐるみ」でハリウッドに勝つには、相当のアイデアが必要

だろう。

オタクにウケる「ゴジラ」ではなく、現代の女子供にウケる

「ゴジラ」が創れるのか?
こが問題だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ