ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.12 05:07

「在庫減少」の意味を考えよう


7月―9月期の速報値で判明した二期連続のGDPマイナスで、

景気後退がはっきりしてきた。

一つ疑問だったのは、GDPを押し下げた最大の原因が

「在庫調整」だったということだ。

この「在庫調整」をどう解釈するのかが問題で、出版界で言えば、

在庫が減少したら、本が売れているということになる。

売れているなら、増刷がかかるだろう。

GDPマイナスの最大要因である「在庫調整」の実態は、

実は「在庫減少」だ。

4月-6月期のGDPでは「在庫増大」だったものが、

今回は「在庫減少」になっている。

消費が上向いて、商品が売れてるのか?

全然違うだろう。

企業の設備投資はマイナスになっている。

個人消費もマイナスだ。

つまり個人消費の上向きを期待できないから、企業が生産を

ストップして、在庫が掃けるのを待っているのだ。

商品を補充する気がない。

企業が商品を生産しないから、「在庫減少」になっているのである。

ということはその結果は来年から目に見えてくる。

つまり円安インフレに、実質賃金が追い付かず、大衆の消費
活動がもっと鈍って、景気が悪化する。
企業はもっと生産を縮小し、設備投資を控える。
消費税もいずれ上がることは確定しているので、大衆は貯蓄
しておくしかない。

かつてバブルの時は、インフレが激しいから、今のうちに
買っておこうという消費マインドがあったが、実質賃金が
低下する現在ではそんな余裕は全くない。

例え自民党が今回の選挙で勝っても、来年はアベノミクスの

失敗がもっと明白になって、またデフレに戻ってしまう確率が高い。

アベノミクスが全く無意味だったと証明される来年、安倍政権は
続くだろうか?

民主党の悪政がデフレを長期化させたと、安倍政権や、リフレ派の

御用エコノミストは言っているが、どうせまたデフレに戻るしか

ないのなら、天につば吐くような行為だ。

来年の楽しみが一つ増えた。
愚民が「この道しかない」という安倍政権に騙されただけだし、
わしはどうせ富裕層だからな。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ