ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.13 02:43

選挙は究極の選択である


タクシーの運転手に「アベノミクスの恩恵はありますか?」

と聞いたら、全然ないと力説する。

驚いたのは、あれは株を持ってる富裕層か、輸出向けの

企業のためだけの政策で、我々庶民には関係ないなどと、

アベノミクスの批判を徹底的にする。

よく知ってるなあと感心しながら、「ほお、ほお、やっぱり

そうですか。」と知らぬふりして聞いていた。

 

運転手は「日本はもう悪くなる一方ですよ」と悲観的な

ことばっかり言う。

そこでわしが「じゃあ、投票には行きますか?」と聞いたら、

「いやあ、行かないかな。」と言う。

 

「それじゃ、悪くなる一方ですね。」と言ったら、

「そうですねえ。」と言う。

ぶん殴ってやろうかと思った。

 

「野党に入れればいいじゃないですか。」ともう一歩押すと、

「民主党もねえ・・」と言って全然活気がなくなった。

 

選挙なんて、しょせんがゲロを食うか、ゲリを食うか

みたいな究極の選択だ。

どっちも食いたくないのは死ぬほどわかるが、
究極の選択ならば、どちらか食わねばならない。

どっちも拒否した奴は、量の多い方を食わされるのだ。
しかも量の多い方を食わされながら、まずいと文句を
言う資格もない。

負けるとわかっている政党に投票するのは、無意味さ、
虚しさが半端ない。

だからマスコミが「自民単独で過半数の情勢」などと

報じるのは、「バンドワゴン効果」が絶大になる。

あれは自民党の応援のための世論調査なのだ。
そしてそのマスゴミに動かされて「勝ち馬に乗る」のが

愚民大衆。
 

投票日には選挙特番で冷静に客観的に分析する識者や

コメンテーターがテレビに出てくるが、彼らはどこに

入れたのだろうか?

はらわた煮えくり返る思いは持ってないのだろうか?
「ちくしょう!」とコメントする者が一人もいない。
わしはあの選挙特番を見ると、はらわた煮えくり返る
ので、見ないで外で忘年会をするのである。

しょせんこの国では選挙も娯楽なのだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ