ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.14 16:33ゴー宣道場

「道徳論」も描いてやろう。


昨日の「ゴー宣道場」は岡田斗司夫氏のユニークな視点に触発

されて考えることが多かった。

ただし、西洋における「倫理」と、中国の「礼」や「道」や

「徳」や「仁」や「義」の観念と、

日本の「世間さまに恥ずかしい」や「お天道様が見ている」と

いう観念は違うだろうし、

国ごとに「道徳」は違うのだから、昨日の議論はまだまだ

未消化だとわしは思っている。

 

果たして「いい人に見られた方が得」という損得勘定が、

道徳なのかどうかも疑問がある。

参加者のアンケートを見ると、参加した弁護士が

「道徳Bは道徳ではないですよね」と書いていた。

笹さんもこのようなことを言っていたと思う。

 

ちなみにわしは「いい人と見られたら損をする」と思うように

なって、「わしは富裕層だ」と豪語することにした。

この意味と効果はいずれ説明する時が来るだろう。

 

「いい人と見られた方が得」ならば、わしは慰安婦問題などに

関わらなかっただろう。

明らかに「悪い人」と見られていたのだから。

わしは、いい人に見られなくてもいいから、真実を追求したい。

 

もう一点、政治や経済が形成する社会を無視した道徳は

あり得ないというのが、わしの考えだ。

 

わしはいずれ『道徳論』も描かねばならぬと思ってしまった。

いろんなエピソードを描きながら論を進められるから、

泣いたり、笑ったり、感動したりの、面白い本になると思う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ