ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.23 02:27日々の出来事

数字だけが真の評価なり


誰でも自分を評価してくれたり、絶賛してくれれば、

嬉しくて舞い上がるのだろう。

だがわしはその辺の感覚が人とはかなり違うと思う。

 

それは少年ジャンプ、マガジン、サンデー、キング、

コロコロコミック、ヤングジャンプ、その他の漫画誌から

SPA!からSAPIOまで、かなり多くの読者傾向の違う

雑誌で連載してきて、人気投票と格闘してきたからだ。

 

トップになったこともビリになったこともあり、

下位を低迷していれば、忽ち打ち切りになる。

打ち切りになったら、その日から従業員を食わせて

いけなくなる。

 

無収入で給料をいつまで払い続けられるか?

解散するか?解散したら、今までの技術の積み重ねを

捨てなければならない。

新連載を獲得するか?勝てる作品を創れるか?

スタッフを遊ばせておいて、貯金を切り崩していく

期間はどのくらいになるか?

そういう究極の選択に突き当たる。

 

わしは人の評価を言葉より「数字」で信じるようになった。

本当に自分が評価されているかどうかは「数字」で出てくる。

人気投票が上位に来るか、あるいは単行本が売れる、

これだけがわしへの本当の評価だ。

 

言葉で評価されれば、人間だから嬉しいと思う。

だがそれ以上に警戒心や猜疑心が働いて、売れなきゃ話に

ならんとブレーキをかける。

 

自分の身近にいるファンがどんなに絶賛しても、わしが

調子に乗ることはないし、真に受けることもない。

褒め言葉で従業員を食わせていくことはできないのだ。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ