ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.24 04:00

介護報酬の引き下げは大丈夫なのか?


「報道ステーション」で特別養護老人ホームが映っていたが、

老婆の様子がものすごかった。

白髪がはげかかっていて、もちろんセットなどされてない。

モノを考えているのか否かもわからず座っている者、

フラフラよたよた歩き回る者、赤ちゃんみたいに食べ物を

食べさせてもらっている者。

 

そういう老人が何十人か収容されているのだが、このホーム

への入所を待っている老人が何万人もいるのだから、

ため息が出る。

団塊の世代が老いるころには、とてつもない人数が

老人ホームの入所を待ちわびるようになる。

 

事態は深刻だが、政府は介護報酬を引き下げる検討をして

いるという。

 

誰もが老いぼれるのだ。

おまえたちも、全員、必ず、確実に老いぼれるのだぞ!

老いたらおしまいだ。

よっぽど家族関係が強固で、愛情あふれる家庭なら、

家族が面倒見てくれる可能性もあるが、ほとんどの家族は

親の老後の面倒を見る保障なんかない。

 

子供が先に死ぬこともあるし、病気になることもあるし、

経済的に親の面倒を見れないこともあるし、親が認知症に

なったら子供は地獄を見る。

 

そもそも子供は親の老後のために、自分の人生の可能性を

捨てるべきなのか?

親は子供の人生の可能性を奪ってしまってもいいのか?

それは単なるエゴではないか?

子供に迷惑をかけながら、生き延びる心苦しさを感じない

老人は人格が劣っているのではないか?

 

家族からも国からも見放される老人がこれから増えていく。

その中の一人に、君たちがいる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ