ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.26 03:52

共産党・不破哲三の驚くべき思想


今朝の朝日新聞に共産党の不破哲三氏のインタビューが

載っている。

これが非常に興味深くて頷かせる意見なのだ。

小選挙区制は非常に人工的な制度なのね。どこの国の

選挙制度にも歴史があって、米国は二大政党制の典型だ

けれども、奴隷解放戦争で奴隷制の『廃止派』と『維持派』

から二大政党になっていった。日本は上から選挙制度を変え、

(政党助成金という)金の分配で新しい政党を作った。

 

なんと共産党が、日本の歴史に基づく選挙制度でなければ

ならない、小選挙区制は人工的だと言って批判している。

わしも賛成だが、この意見って、本来「保守」の思想である!

小選挙区制は日本の歴史に基づかない設計主義的システム

だから、「左翼」の思想なのだ。

妙なことだ。共産党の方が「保守」に近い。

 

そして「本当の自共対立の時代が始まりつつある」と言って

いるが、恐ろしい予言である。

民主党が第二自民党になったら、実際に自共しか残らない

ことはあり得る。

 

問題は、「側室なき男系主義」で、天皇制を消滅させようと

しているのが自民党であり、格差がもっと拡がれば、

共産党の時代が本当に来るかもしれないということだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ