ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.27 02:30ゴー宣道場

楽しむこととふざけることは違う


ファンがいるということは有難いことだし、仕方がないことだ。

『東大一直線』のファンもいるし、『おぼっちゃまくん』の

ファンもいるし、『ゴーマニズム宣言』のファンもいる。

それぞれ個別の作品にファンがいたり、全部読んだという

恐るべき熱心さのファンもいる。

『最終フェイス』とか『厳格に聴け』とか、ヒットしていない

他の漫画にもファンがいることがある。

 

わしはファンと言うと照れくさいので、読者と言ったりするの

だが、とにかく40年も描き続けると、ミーハーなファンが

出来ることもあるだろう。

それは、ミュージシャンや芸人や俳優のファンと変わりない。

サインが欲しいとか、ツーショットの写真が欲しいとか、

そういう気持ちはよくわかる。

わしだって、手塚治虫や石森章太郎や赤塚不二夫のサインや、

ツーショット写真が撮れたら、嬉しかっただろう。

わしは上記の作家に人生を変えられた。

わしの作品に人生を変えられたという人だっている。

 

「ゴー宣道場」という名前が厳しそうで敬遠されがちだ。

だが、中には一度、生よしりんを見てみたかったという

気軽な動機で、参加する人は多い。

ミーハーでも構わないのだ。

わしの顔に飽きた者は、笹さんの美人さに見とれたり、

泉美さんの愛嬌に笑みをこぼしたり、そういう動機で来る

者だっている。

高森さんの元気良さを味わおうとか、切通氏のとぼけた

誠実さを見ようとか、そういう楽しみ方だっていい。

機会があればお話だってできるのだから、会いに行ける

アイドル的なミーハー心があったって構わないと思う。

 

「ゴー宣道場」は「公論の場」という建て前があるから、

ファン心理を炸裂させてはいけないとか、難しく考える

必要はない。

 

ライジングの愛読者の中にも、自分は信者になってないか

とか、よしりんに対する承認欲求ではないかとか、

生真面目な人は難しく考えたりするようだが、楽しけりゃ

読めばいいし、楽しくなけりゃ去ればいい。

わしが嫌いなのは「ふざける」ことで、「楽しむ」ことは、

大いに奨励したい。

 

次回「ゴー宣道場」は28日、応募〆切は128日だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ