2808368

2017/09/13

マツコ・デラックスとマックス・ウェーバー

Tweet ThisSend to Facebook | by 高森
家内が好きな女装タレントのマツコ・デラックスさん。

先頃、
山尾議員の不倫疑惑を
巡りこんな発言をされたようだ。

ちょっと叩き過ぎだよと思う。
悪口をみんなで陰で言い合って、
楽しませて貰っているから有難う
で終わらせればいいのに、
その人の人生を終わらせてしまうぐらい、
根こそぎやっちゃうじゃない、いま。
陰口叩くにしてもお洒落になって欲しい」と。

バランス感覚のある発言だろう。

その人の人生を終わらせてしまうぐらい、
根こそぎやっちゃう」
という辺り、
ついマックス・ウェーバーが提起した

「(
原始刑罰における)内部的刑罰」
という概念を連想してしまう。

ある呪術的規範、たとえば、
タブー規範のごときが侵害され…
それにたいし、
共同体の成員は、呪術者や司祭者に勧誘されて、
追放(平和喪失)により、
リンチ裁判(たとえば、
ユダヤの石の撃殺…)により、
あるいは、
宗教的贖罪手続によって反撃する。
宗教的違反は、『内部的刑罰』
の根源であった」
(ウェーバー『法社会学』)

“内部的刑罰”
の最大の特徴は
「無制約的な即決の制裁であり、
法に拘束されるという理由をもたない」
(石尾芳久氏)

という点にある。

恐るべき野蛮さだ。

18:30