963658

2017/12/07

「師匠」の恋愛観

Tweet ThisSend to Facebook | by

恋愛、不倫、別れ、こういう話になると、

私の脳内では突然「師匠」が出てくる。

師匠とは、作家・宇野千代。

以前、記事にもしたことがあるのだけど、

彼女の恋愛遍歴はものすごい。

というかムチャクチャ。

もちろん自分がフラれることもあるし、

かと思えばあっさり夫を棄てたりするし、

とにかく倫理観なんてそこには微塵もない。

相手の男性も結構ムチャクチャ。

 

で、彼女はいくつもの年輪を刻んで、言うのである。

 

男と女が別れるとき、一方が別れたいと思っているのに、

その相手は別れたくないと思っている。

そういう構図で騒ぐのが常だ。

けれど本当にそうだろうか。

本当は、相手だって同じように思っている。

口に出す勇気がないだけだ、と。

 

男たちが去っていったとき、

果たしてひとりになりたいという気持ちが

自分に微塵もなかったか。

 

別に心当たりがあるわけでもないのに、

この視点は、何だか私にはとても新鮮だった。

「別れたくないのにフラれた」とか、

「夫を寝取った相手の女が許せない」とか、

悲劇のヒロイン話が当時まわりに溢れていたからかな。

ウンザリするほどに。

 

私は宇野千代の熱心な読者ではありません。

けれど、誰に何と言われようと

自分の意思と愛を尊重し、

それと同じくらい相手の意思と愛を尊重した、

そこに自立した女の強さを見ます。

 

何が言いたいかって?

別れる男と女の問題は、当事者の数だけ

それぞれに事情がある。

それは他人には計り知れない。

当事者の自立した意思の問題でしかない。

にもかかわらず、赤の他人が正しいだの間違っているだの、

どっちが加害者でどっちが被害者だの、

言い募ること自体が無粋だということ。

 

少しも艶っぽくない。

もはや誰も、宇野千代の妖艶さを知らないの?

 


10:17