1111890

2018/04/15new

私は「変わった」らしい。

Tweet ThisSend to Facebook | by

私が主宰する「パンダ会」というふざけた名称の

勉強会(戦争体験者の話を聞く会)のメーリングリストに

53日のゴー宣道場の開催案内を送ったら、

ある方から「メーリスを解約してください」という連絡があった。

 

笹さんに共鳴して、応援するつもりで登録していたのに。

今回の憲法のことでがっかり。

小林よしのり氏が変わってしまって、笹さんまでとは。

とても残念・・・

という内容でした。

 

変わったって、何が?

 

戦争経験者に話を聞く(戦史に関心を抱く)

=日本は悪くなかった

=戦後の左翼に反対!

=安倍政権支持

=安倍加憲案(自衛隊明記案)支持

=5月3日は「美しい日本の憲法をつくる国民の会」
集会に参加しないとおかしい。

 

この方は、概ねこういう思考回路ではないだろうか。

このパッケージの枠に入らない人がいるのを、

「どうしてだろう」と考えもせず、

「変わってしまった」「残念」と片付けてしまう。

そこには「自分が絶対的に正しいのだ」

「私の考えこそが正しい結論なのだ」という

思い上がりが見え隠れする。

自ら知的誠実さを持っていないと言っているようなものだ。

 

いい大人が、これだもんなあ。

こういうとき、私はゴー宣道場に参加させてもらっていて

本当に良かったと思う。

浅薄な自分は、もしかしたらパッケージ化された思考にどっぷり浸かり、

ちょっと違和感を覚えても他に思考の基軸すらなく、

ただ流されていただろうと思うから。

 

おそらくこの方は、立憲的改憲の意味を知らない。

 

私たちは、従来のパッケージ化されたイベントはやらない。

賛同者だけ集めて、決まりきったセリフを吐いて、

万雷の拍手でもって話す側も聴く側も自己満足に浸る。

それではあんまり勉強にならない。

 

勉強して、知識や考え方の幅が広がって、

今までとは違う景色が見えたら、

自分の考えだって今までとは違ってくるはずなのだ。

それが「変わった」というのなら、

私は変わり続けたいと思う。

そういうのを一般的には成長というのでは
ないかと思うから。


16:04