6327482

2013/08/15

古市憲寿は戦争とは何かを知らない

Tweet ThisSend to Facebook | by トッキー
よしりん先生の
登場です!

・・・・・



昨夜の「報道ステーション」に
社会学者の
古市憲寿
という若者が出ていた。


「わしズム」でも執筆して
もらったことがあるが、
最近しばしば
若者代表として
テレビのコメンテーターで
見かける。


古市氏は
日本人もヨーロッパを見習って
1ヶ月くらいバカンスを取るべきだ

と発言し、
古舘伊知郎に
古市氏は風貌で得をしている。
自分だったらそんなこと言ったら
ぶん殴られる
と言われていた。


これには笑った。
古舘氏も言うよね~~~~~~~~。


古市氏は
社会人としての
常識がない
社会学者ではないか?


学生気分の
モラトリアム人間
ではないか?

 

さらに呆れたのは、
古市氏が世界各地の
戦争記念館」を訪ねたとして、
ドイツの「ホロコースト記念館
を例に挙げてたことだ。


ナチスのユダヤ人迫害は
戦争犯罪ではないというのは、
もう常識かと思っていたが、
いまだに若手の社会学者が
ドイツの戦争に対する総括の例として、
「ホロコースト記念館」を持ち出す。


口を酸っぱくして
言わねばならないのが
アホらしいが、
ドイツはユダヤ人と
戦争をしていたのではない!


ヴァイツゼッカーは
「ドイツの侵略」とは言ってないし、
ドイツは第二次大戦の
謝罪も賠償もしていない。


あくまでもドイツ国民を
被害者にして、
ナチスと切り離し、
ユダヤ人迫害について
謝罪したのだ。


こんなことは『戦争論』に描いているし、
『戦争論』は毎年増刷されているのだし、
若者なら漫画くらい読めばいいものを、
むしろ漫画だからこそ
馬鹿にして真面目に読んでみようともしない。


                         『戦争論』P126

多くの若者が今も読んでいる
『戦争論』に描いてある知識くらい、
知っているのならいいのだが、
若者代表の社会学者が、
テレビで「ホロコースト記念館」を
戦争記念館として語っているのだから、
幼稚さが目に余る。


最近の若者代表の知識人は、
若者から遊離して、
むしろ団塊世代のクソ左翼に
逆戻りしてるんじゃないのか?



新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論
小林 よしのり

12:29 | よしりん先生の登場