7050952

2013/10/20

朝鮮総連本部ビルを落札するアバール社とは?

Tweet ThisSend to Facebook | by トッキー
よしりん先生の
登場です!

・・・・・



朝鮮総連本部のビルの競争入札で、
予想をはるかに上回る
落札価格を提示したのは、
アバール社」という
全く無名の企業だった。


他の入札参加者に
圧倒的な差をつけて、
なんと501千万円で落札した
企業とは何者なのか?


それはモンゴルの企業だというが、
今朝の報道ステーションの取材では、
首都ウランバートルの所在地は、
単なるアパートの一室で、
8年前から住んでいる女性が出てきた。


完全なペーパー・カンパニーなのだ。


もちろんモンゴル人は
誰もこの企業名を知らない。


アバール社は朝鮮総連ビルの
再入札が始まる直前の、
今年
1月に6万円の資本金で
設立したとされている。


モンゴルと北朝鮮は友好関係にある。


多分、北朝鮮当局に、
モンゴルが協力し、
朝鮮総連ビルを落札したのちに、
総連中央が賃貸契約を結ぶ
という計略なのだろう。


AERA」によると、
今年3月には安倍晋三首相が
モンゴルを訪問し、
4月には拉致問題対策本部の
三谷秀史事務局長が訪問、
7月には古谷圭司拉致問題担当相
も訪問したという。


さらに安倍首相は
9月末に来日した
モンゴル大統領を、
私邸に招いて会談した。


どうやら拉致問題解決のために、
見返りとして、日本政府が
朝鮮総連を救済しているらしい。


落札金の拠出にも、
日本政府が協力している
疑いがある。


拉致被害者は数名帰ってくる、
だが北朝鮮の支部残留に
日本政府が協力する、
そういう取り引きが水面下で
行われているのだろうか?


13:10