2630495

2017/06/19

写真集『靖国の桜』

Tweet ThisSend to Facebook | by 高森
山岸伸氏の写真集『靖国の桜』(徳間書店)の見本本が届いた。

山岸氏は昨年の日本写真協会賞作家賞を受賞した写真家。

但し、
風景写真家ではないという。
でも「桜には、なぜか心惹かれる」
と。
その山岸氏が、「誰も撮っていない桜を撮りたい」
という思いから、靖国神社の特別の許可を得て、
10年間、
開門前の夜明け前から朝日が昇るまでの時間帯に、
靖国神社境内の桜を撮り続けてこられた。

その集大成が、この度、
刊行の運びとなった『靖国の桜』。

俗な空気が流れ始める前の、
最も清らかな時間帯の靖国神社境内。

そこに浮かび上がる桜の様々な姿。

路上に散り敷く桜の花びらの美しさも、
見事に捉えられている。

素晴らしい写真と立派な造本。

写真集自体が、
極めて完成度の高い
“作品”になっている。

出版事情の厳しい昨今、
よくぞかくも贅沢な写真集が世に現れたものだ。

私は、
この写真集に文章を寄せる機会を与えられた。

題して「桜の宮」。

まことに光栄の至り。

私の他には、ケント・
ギルバート氏と
靖国神社の徳川康久宮司の文章が収められている。

あれこれの政治的な文脈を離れ、
ひたすら「美」の観点から、
この写真集を手に取って欲しいと思う。

08:00