7323721

2014/09/10

小林よしのりライジング100号への読者の皆様の声!

Tweet ThisSend to Facebook | by トッキー
小林よしのりライジング100号突破で、
コメント欄にはお祝いと感想の書き込みを
多数いただいております。
どうもありがとうございます!!
一部ご紹介します!



100号発行おめで○○きんです!

火曜日が待ち遠しくなってかなり経ちます。
昼頃から、もしかしたらフェイントで
早く発行されちゃってるかも?とソワソワする火曜日。

そんな私のライジングの読み方は、
Q&A→編集後記→ゴーマニズム宣言→その他諸々…
と、かなり変則的です。

質問コーナーの質問が面白いし、
よしりん先生の回答がまた面白いので、
ついスマホの画面を指でツルツルーっと
スクロールしてしまいます(笑)
さて、これからじっくりと読ませていただきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週も配信有難うございますm(__)m
そして、100号おめでとうございます。

安倍は権力の座に在りながら
「慰安婦問題を国際的な大問題に仕立て上げた
「反国家」の「極左活動家」」の活動の
総仕上げをしたという意味で、
高木某や戸塚某とは比べ物にならない
「革新左翼」の売国奴であると改めて強く感じました。

皆が「誰かに騙されていた」と言えば済むと
幼児化して思想、覚悟をなくしている。
私はこれからもライジングと共に
思想し続けていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライジング記念すべき100号おめでとうございます

笹さんの寄稿とても面白かったです 
私もぜひ見てみたくなりました  
いくら出来がよくても 最後が『軍部にだまされていた』
で終わられたら台無しです 
柄本明の熱演はもちろん 
監督・脚本陣の勇気には賞賛に値すると思います 
柄本氏の息子二人も父親のような味が出せるといいですね 
朝日新聞は訂正する勇気を持っただけマシ 
確かにそうですが 果たして本当にこれからも
同じ轍を踏まないようにできるかは疑問ですが・・

保守にしろ、ネトウヨにしろ、男系固執派にしろ 
人間なんだから間違うのは当たり前なのに 
人のことは思いっきりバッシングするのに 
なぜ自分たちの間違いは認めないのでしょうか?
デング熱よりこわいのがテング(天狗)熱ですね 
自分がエライとしか感じなくなる恐ろしい病気・
・今やネトウヨだけじゃなく政治家や
評論家・雑誌編集者にまで拡大してるみたいです 
デング熱は蚊を通さないと人から人へは感染しませんが 
テング熱はあらゆる人にネットなどを経由して
感染するので恐ろしいですね 
何とかいいワクチンが見つかるといいですけど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よしりん企画の皆さま
ライジング配信100号達成、お疲れ様でした!!
真剣で、濃密で、情念のこもったメルマガを
毎週配信し続ける根性がカッコイイです!
これで、ひと月500円とは、あまりにも安すぎる。
ケチで有名な大阪人の私ですら、いささか居心地が悪いです。
せめて、1000円に値上げして欲しいです。
その分、いつもより、デザートとか、沢山頼んで、
小林よしのりライジングが
末永く続く原動力にして欲しいですo(^o^)o

ライジング読者の皆さま
祝!ライジング配信100号突破、おめでとうございます♪♪
いつも、ライジング読者さんの理性や感性や
ユーモアに触れるたび、気持ちが明るくなっています☆
また、コメント欄における短くて素朴な感想も、
小林よしのりライジングを支える大きな力だと感じてます。

コメント欄やQ&Aコーナー等に投稿されたことがない方は、
是非ともチャレンジを♪
ライジングを立ち読みされている方は、是非とも購読を♪
小林よしのりライジングのコール&レスポンスを支えるのは誰?
おらっちなんら???!! o(^o^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100号目の配信お疲れ様です。
こんなにも続くと、ずっと読み続けている私は、
何かを忘れてしまいそうですが(ものすごく抽象的)
よしりん先生はずっと「思索」「反・事大主義」「闘う姿勢」
そして「サービス精神」といったものを
忘れておられないので、頭の下がる思いです。
決して「騙されていた」などと言わないように、
正確に読み続けます。

朝日新聞の評価に関しては、
割と断罪のみの論調がまかり通っている気がします。
「ここから何か変わる」というニュートラルな視点や、
同じ報道機関なら「他所の事は言えないが……」
という断り書きも必要に思えてきます。

101号以後も幅広い問題への
独自の冴えに期待しています。
私も気を引き締めて次なる目標(おそらく200号)
への支えとなるよう精進します。



小林よしのりライジングは、
読者の皆様と共に
これからも思想を続けていきます!

今後も応援よろしくお願いします!









11:17 | お知らせ