7226430

2013/06/12

AKB48の正義の話をしよう

Tweet ThisSend to Facebook | by トッキー
よしりん先生
連投です!

・・・・・



AKB48の正義の話を
という記事が、
今朝の東京新聞の
投書欄に載っていた。


投稿者の中学生の娘が怒り心頭で、
その理由は指原莉乃
総選挙で
1位になったからだという。


その娘さんは渡辺麻友支持で、
恋愛禁止のおきてを破った
さしこの戴冠が我慢ならないらしい。

 

政治の選挙とは違って、
金持ちが好きなだけ投票券を
買い占められるシステムだから、
公平性を期待しても
しょうがないのはわかっている。


にしても、不平等にも程がある
と言いたいらしい。
個々のメンバーの顔触れはもちろん、
歌と踊りの実力を熟知している
と称する娘は
『誰かが裏で手を回したはずだ』
といぶかる。

と投稿者は書き、娘は
正直者がばかを見る
社会の実相を学び取った
雰囲気だそうだ。

 

この娘さんと
わしの感覚は
ほとんど同じだ。


陰謀論を考えたくなるほどの
憤りもわかるし、
AKB内のアイドルの実力と、
正義の観点から、
「不平等にも程がある」
と感じるのは、
わしも中学生の女子も
同じだったのだ!

 

そして投稿者はこうも書いている。


でも、反省して頑張ってきた
さしこのけなげさが評価された
可能性だって大きい。
一度の過ちで人を見限る
非寛容な社会への
抗議の表れだったかもしれない。

 

わしは断言するが、
その娘さんは
非寛容ではあるまい。


指原が選抜メンバーに入っていても、
1位でなければ許容できたはずだ。


そして、わしは娘さんに教えてあげたい。


娘さんの怒りに対して、指原莉乃は
1位は1位なんですいません
と答えたんだよと。

 

正義感が強い者は、
たとえ
AKBを見るときでも、
いや、
AKBだからこそ、
正義の目で見るのである。


指原莉乃を
1位にするファンは、
価値紊乱主義といって、
正義も不正もあるものか、
面白けりゃ何でもいいじゃん
と考える者たちである。


たかがアイドルの話ではない。


AKB

「社会は不正がまかり通るものだ」
と悟らせてはならないのだ!


12:01 | よしりん先生の登場