ゴー宣ネット道場

アンケート
2012.6.16 22:44

第26回 ご報告

6月10日(日)13時 から
「第26回 ゴー宣道場」 を開催しました絵文字:晴れ

今回の会場はいつもと違い、
八重洲の 「アットビジネスセンター」 です絵文字:昼

初めての会場でしたが、
門弟の有志による設営隊、
そして警備を担当して下さっている
骨法の皆さんが、
いつもと変わらず完璧な体制を
整えて下さったので、
滞りなく開催することができました絵文字:重要

ありがとうございます絵文字:よろしくお願いします

幻冬舎の志儀さんが間違えて
大崎の人事労務会館に
行ってしまったそうですが、
他の参加者の皆さんは
間違えず来れましたか?絵文字:冷や汗

今後も他の会場に
なることはありますので、
このホームページの告知や
返信ハガキをよくご確認の上、
ご来場下さいね絵文字:重要絵文字:記念日

さて会場準備が進む一方、
控室では、志儀さんの美味しい
昼食を逃した師範方に、
よしりん先生から
別の素敵な差し入れが絵文字:重要絵文字:星

それは・・・

AKB48シングルCD

絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ 『真夏のSounds good絵文字:重要絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ

あ、もちろん投票券抜きのね絵文字:記念日

たくさん買っても、
配って布教して無駄にしない絵文字:重要絵文字:良くできました OK

よしりん先生、エコですね絵文字:笑顔絵文字:音楽

CDでお腹は満たせないものの、
「SAPIO」編集部の中澤さんからは
今回も美味しいお菓子を頂いたので、
それを食べてパワーをつけ
道場開始に備えます絵文字:四人絵文字:二人

師範方・控え室

今回は、民主党の
田村謙治議員 をゲストにお招きし、

「保守って何?
ー自民党ならいいのか?ー」

というテーマでの開催です絵文字:星

知ったかぶりの知識人が語る
「保守」 ではなく、
具体的な問題を取り上げながら、
もっと庶民感覚で
「保守とは何か」 を
語り合うとした今回、
どんな議論がされるのでしょうか?

いよいよ第1部の開始です絵文字:重要

第1部スタート!

まずは、石原都知事の
尖閣諸島購入問題 を取り上げました絵文字:会議

前回の道場で笹師範が
表明した違和感に対して、
門弟の間でもまだ理解が
進んでいなかったため、
よしりん師範が
「領土と不動産は違う」 という
基本的なことから一つ一つ説明し、
その違和感の理由を述べていきました。

それを受けて田村議員にも、
領土に対するご自身の考え、
そして民主党の中の意見などを
話して頂きました。

民主党・田村謙治議員

よしりん師範が紹介した
論壇誌掲載の読者コメント、
そして高森師範が紹介した
石原都知事の 「一坪地主」 発言は、
この問題の根底に流れる
戦後民主主義の感覚を
明らかにしていました絵文字:ひらめき

高森師範 よしりん師範

ニコニコ生放送には石原支持者の
B層ネトウヨの皆さんが多く来場し、
罵詈雑言を書き込んでいました絵文字:パソコン

そもそも国土、しかも
隣国との領土問題を抱える島を、
国民がお金で以って
声高に所有権を主張する、
というのが私は
不思議でならないのですが、
ニコ生のコメントや門弟の中にまで
「国には買わせない」 と意固地に
言い続ける人がいるのを見ると、

「国民主権」 や 「反国家」 という感覚が、
日本人の潜在意識に強く
植え付けられているということを
実感します。

左翼は大喜びでしょうねぇ・・・絵文字:困った 冷汗

この尖閣諸島購入問題には、
現在の自称ホシュが抱える
大きな矛盾が内包されていて、
「保守」 を考える上で
とても重要な導入部になっていました
絵文字:ひらめき

さてその後は、
よしりん先生による田村議員への
インタビューが行われました。

田村議員にインタビュー

皇統、原発、TPP等の
問題について具体的に
聞いていくよしりん師範に対し、
田村議員は臆することなく率直に、
ご自身の考えを
お答えになっていました。

それぞれ
意見の相違はあったものの、
田村議員の誠実さが
伝わってくる内容でした絵文字:笑顔

また田村議員にとっての
「保守とは何か」 を語って
もらった中で例に出された、
日本と諸外国の違い は、
日本における「保守」を考える上で
とても重要な点でした絵文字:ひらめき

この議論は第2部にも
つながっていきます。

第1部の終盤、
私は一人会場を抜けて
師範方の昼食を買いにお出掛け絵文字:出張絵文字:急ぎ

道場では質疑応答が行われ、
田村議員と参加者の間で
活発な意見交換が行われたようです。

質疑応答

ゴー宣道場・道場生は、
どんな風に田村議員に
向かっていったのか!?
絵文字:笑顔

私も早速、アップされた動画で
確認したいと思います絵文字:重要絵文字:パソコン

動画 『第26回 ゴー宣道場』
↑ 動画 『第26回 ゴー宣道場』絵文字:映画

さて、第2部は
第1部の議論を受けて、
まずは師範方から
気付いた点をお話し頂きました。

堀辺師範 切通師範

日本における「保守」思想のねじれ、
「保守」「左翼」といった概念が
戦後どのように変化してきたのか、
また日本の「保守」と
アメリカの「保守」は
同じなのか等といったことを、
現在日本が抱える問題を
具体例に出しながら話し合われました絵文字:会議

さらに議論は、
ネット言論と政治の関係
にも及び、
特に現在の自民党や
維新の会が採る手法の危険性が
指摘されました。

「こんなことで現実の政治が
動かされたら恐ろしい」
と思わされます絵文字:困った 冷汗

この「ネット言論と政治」の問題は、
師範方の 『語らいタイム』 内で
重要な補足がされています
絵文字:重要絵文字:映画

今後、政治家の言動を判断する上で、
絶対に知っておいて欲しい点なので、
ぜひ動画をチェックして欲しいと
思います絵文字:重要絵文字:パソコン

高森師範 笹師範

第2部の終盤も
質疑応答が行われましたが、
その中で

「ここまで議論してきて、
もはや『保守』や『左翼』といった
分類は必要なのか?
という疑問を持った」

と発言した女性がいました。

確かに、与えられた概念に
自分を簡単に当て嵌め、
思考停止になって
紋切型になった結果、
現実に浮かび上がってきた
問題への対処を、
大きく誤っている
論壇村の状況を見ていると、
そういう気持ちになるのは
必然という気がします。

ただ一方で、
今までそういった概念が
価値判断の基準に
なってきたのは確かで、
では今後、
日本の大切なものを
「保守」するには、
どのように判断し
決断していったら良いのか
絵文字:質問

それに対する師範方の答えとは絵文字:質問

ぜひ動画でチェックし
考えてみて下さいね絵文字:重要絵文字:パソコン

質疑応答

道場終了後、
田村議員と師範方は
「もう少し具体的に民主党と
自民党の比較をしてみた方が
わかりやすかったかな」
と振り返っておられましたが、

「『反民主党』で『自民党支持』
という立場を取るのが『保守』」

なんていう
単純な話ではないということは、
今回の議論で十分
明確になったと私は思います絵文字:ひらめき

今回、与党議員という
立場でありながら登場して頂き、
ご自身の考えを率直に
お話し下さった田村議員、
本当にありがとうございました
絵文字:重要絵文字:よろしくお願いします

次回は 自民党 
林芳正議員 をゲストに
お迎えすることになっています絵文字:重要絵文字:笑顔

テーマは

「チルドレン政治の終わらせ方」

橋下チルドレンに
国政を任せられるのか?

それとも再び
小沢チルドレンなのか?

国民は小泉チルドレンを
選択した過ちを繰り返すのか!?

今回の議論に続き、
混迷する政治状況を考える上で、
重要な回になること
間違いありません絵文字:重要絵文字:笑顔

できる限り多くの方に
会場で生で聞いてもらえるよう、
ギリギリまで椅子を
増やす予定ですので、
皆さん奮ってご応募下さいね
絵文字:重要絵文字:重要絵文字:笑顔

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ