ゴー宣ネット道場

アンケート
2012.4.14 22:47

第24回 ご報告

4月8日(日)午後1時 から
「第24回 ゴー宣道場」
を開催しました絵文字:晴れ

会場はホーム、
品川区大崎の
人事労務会館 です絵文字:昼

実は道場の1週間前、
この人事労務会館に
「ゴー宣道場に
参加したいのですが・・・」
という問い合わせが
あったそうです。以前も同じような
問い合わせが
何度かあったとのこと。

不思議ですよねぇ・・・絵文字:困った 冷汗

「ゴー宣道場」の
ことも知っていて、
しかも開催日時や
場所まで
知っているということは、
ハガキでの応募方法も
ご存知のはず・・・。

そういった件で
人事労務会館に
ご連絡頂いても、
往復ハガキでの
応募がない場合は
参加できません絵文字:冷や汗

会場の方にご迷惑が
掛かるといけないので、
今後、会場に直接
問い合わせることは
お止め下さい。

さて今回は、
ニコニコ生放送のコメントを
リアルタイムで反映
させながら議論する、
という初めての試みに
挑戦しました
絵文字:パソコン

「女性宮家創設問題」
を取り上げるということで、
普段にも増して
男系固執派による
書き込みが予想されたため、
じゃあ最初から
ニコ生のコメントを
真っ向から受けて
反論しよう、ということに
なったのです絵文字:良くできました OK

そして事前に、普段は
サイレント・マジョリティーである
女系公認派の方々にも、
今回はニコ生のコメント上で
共闘して欲しいと、
よしりん師範から
呼びかけていました絵文字:ひらめき

ところが当日、
こんな時に限って
会場の回線トラブル発生絵文字:重要絵文字:重要絵文字:絶望

ネット生放送担当の
トッキーは
冷や汗かきながら、
何とか事態を
打開しようと奮闘絵文字:重要

何とか繋がり
生放送できる状態に
なったのが開始2分前絵文字:冷や汗

危なかった・・・絵文字:困った 冷汗

一方、
控室では師範方が
入念に打ち合わせ中
絵文字:二人絵文字:三人

今回も、
幻冬舎の志儀さんが
お昼用のサンドイッチを、
小学館の中澤さんが
おやつ用の苺大福を
差し入れて下さいました絵文字:キラキラ

笹師範、
巨大な苺がのった
苺大福に大喜び絵文字:音楽

師範方・控え室

私も帰りに
残り物を頂きました絵文字:星大きな苺が甘くて、
中の餡子も上品で
美味しかったぁ絵文字:笑顔

 よしりん師範の挨拶いよいよ午後1時、
「第24回 ゴー宣道場」
第1部、よしりん師範の
挨拶からスタートです
絵文字:会議

今回のテーマは

『女性宮家創設の今一つの危うさ』

まずは今、
政府が進めている
「女性宮家創設」に関する
議論の状況や問題点、
「皇統譜」 から読み取れる
「皇統」を考える上で
最も重要な点とは何か、
そして男系固執派が
拘り続ける代案が
いかに荒唐無稽なもの
であるか、といったことが
丁寧に説明されました絵文字:ひらめき

その中で紹介された、
いわゆる
「旧宮家系国民男子」
の驚くべき情報は、
道場の参加者だけでなく、
ニコ生をご覧になっていた
方々にも衝撃を
与えたようでした
絵文字:雷

 「旧宮家系国民男子」の現状

ご覧になっていない方は、
ぜひ動画でチェック
して下さいね絵文字:パソコン

その後、日本会議が
配布している
「女性宮家創設問題」に関する
パンフレットを素材に、
師範方や道場生、
そしてニコ生のコメントも交えた
話し合いがされました。

女性宮家と
皇位継承の問題は
切り離せないこと、
「君臣の別」 をどう考えるのか、
そもそも伝統とは何か等々、
多様な議論が
展開されました
絵文字:会議

 高森師範 第1部の話し合い笹師範が

「なぜ女性はよくて、
一般男性が皇室に入ると、
世俗的な争いが
持ち込まれるのか?
女尊男卑?」

と仰っていたのは痛快でした絵文字:重要絵文字:笑顔

確かにそうですよね。

参加者のアンケートにも
書かれていましたが、
古代を見れば明白で、
豪族たちは自分の勢力を
強めるために、
いかにして自分の娘を
皇室に嫁がせるか、
力を注いでいたはず。

一方、
いわゆる保守派には

「妃殿下が皇太子殿下を支配して、
皇室を崩壊に向かわせている」

なんて妄想逞しく
している方までいますが、

どちらにしても結局のところ、
天皇陛下や皇太子殿下を
全く信じていない、
ということですよね?

「自分は尊皇派だ」
なんて、
よく言ったもんですよ絵文字:怒る

 堀辺師範 笹師範 切通師範

私は道場の議論を追いながら、
ニコ生のコメントも
同時に見ていたのですが、
冒頭から男系派の書き込みが
少ないことに驚きました絵文字:冷や汗
そして、
女系公認派のコメントが
とても多いのです
絵文字:ひらめき

稲田議員と
鷲尾議員をお招きした
「第22回」 の時は特に、
男系派のコメントが
吹き荒れていたので、
今回もそんな感じになるのかと
構えていたのですが、
ちょっと拍子抜けするくらい
少なかったです絵文字:困った 冷汗

そして、
少ない男系派が
何か書き込むと、
忽ちのうちに
女系公認派がそれに
反論していく様子は、

(あぁ、ネットの世界にも
サイレント・マジョリティーが
本当にいたんだ)

と実感でき、
とても心強かったです絵文字:良くできました OK

よしりん師範も第1部の最後に
言っていましたが、
逃げて耳を塞ぐ
男系固執派に比べたら、
男系派でもニコ生を通して
道場の議論に
参加してくれた方は、
有難い存在です。

共闘して下さった方も、
男系派の方も、
参加して下さった皆さん、
ありがとうございました
絵文字:よろしくお願いします

ニコ生に寄せられた
コメントの紹介は、
切通師範とトッキーのブログを
ご覧下さい絵文字:重要絵文字:笑顔

 切通師範

さて、第2部は、
道場参加者との
質疑応答ですが、
その前に
第1部の議論の最中、
ニコ生のコメントをチェック
されていた切通師範が、
ニコ生のコメントから
見えた印象を
語って下さいました絵文字:ひらめき

その中で、
議論の最後で男系派が
「勝ち負け」 を
言い出したことに、
疑問を投げかけていました。

そもそも「皇統問題」は、
個人のプライドを持ち込み、
勝ち負けを争うようなもので
あってはならないのです絵文字:冷や汗

その大前提を確認し、
質疑応答に入っていきました。

 質疑応答

質疑応答では、
ボーイスカウトで
皇太子殿下を近くで
お見掛けした時の
体験や印象、

天皇や皇室について
教育のあるべき姿、

「神話」 と 「歴史」 を
どう捉えるか、

「神話」を巡る保守派の矛盾、

マスメディアやいわゆる
「保守派」の見極め方

・・・等々、様々な問題が
取り上げられました絵文字:会議

高森師範が紹介された、
天皇陛下に対する
石原都知事の言動と、
それを受けた
天皇陛下のご反応は、
正直、私は色々な意味で
戦慄が走りました絵文字:絶望

最後に、初めて
道場に参加された
千葉県のIさんの質問は、

そもそも国民は
天皇陛下や皇族方に対して、
どのような心持ちでいるべきか

を考えさせられる
内容でした絵文字:ひらめき

男系固執派だけでなく、
バッシング記事や
スキャンダルを
書き立てるメディアにも、
よく考えて欲しい点です。

皇室に対して、
国民として最低限の
約束事ではないかと
思いました。

さて次回
5月13日(日)
「第25回 ゴー宣道場」
のテーマは

『公民と国民、何が違うか?
ー権力批判のすすめー 』

です絵文字:笑顔

最後の質問にも
繋がる議論で、

では果たして
「国民」 とは何か?
「公民」 とは?
「国」 とは?

といったことを
話し合いたいと思います絵文字:星絵文字:星

副題の意味は、
よしりん師範のブログ

「『権力批判のすすめ』とは?」

をチェックして下さいね絵文字:重要絵文字:晴れ

次回は、
今回よりもっと自由闊達に
道場生と師範方、
そしてニコ生視聴者も
交えた議論を第1部から
展開する予定です
絵文字:重要絵文字:キラキラ

なんと、
よしりん師範と笹師範が
リポーターとなって、
会場を歩き回るとか!?絵文字:笑顔 絵文字:笑顔 絵文字:笑顔

皆さんからの
多数のご応募、
お待ちしております絵文字:笑顔絵文字:音楽

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ