ゴー宣ネット道場

アンケート
2018.6.7 00:17

第73回 SPA!出張版「ゴー宣道場」アンケート回答

6月2日(土曜)第73回「SPA!出張版・ゴー宣道場」が渋谷で開催された。
中島岳志氏をゲストに迎え、保守とは何か?
リベラルとは?そして立憲とは?というテーマを議論した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆いつもの道場と違い、ミラーボールと明るい店内、ドリンク付で、なごやかで楽しいふんいきが良かったです。
こういう道場も良いですね!

またあれば参加したいと思います。
(48歳女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしとしてはライトを客席に向けて欲しいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆“SPA!”主催、中島岳志氏登壇、という二つの意味で、過去の道場とは大きく異彩を放ったものとして、長く記憶に止まるものになった。
特に、オウム事件当時のSPA!誌上での経緯を知るものとして(現在の関係者には失礼であるが)よくもまあ実現したものだと感慨深い。
加えて、10年前に『パール真論』を巡り丁々発止であった中島岳志氏が登壇すると聞き、本当に耳を疑った。
あの時からどの時点でいわば「手打ち」になったのか私には少なくとも不明であり、対立は『大東亜論』でもかいま見られたからである。
道場を聞いて納得した。
その中で中島氏は“保守とは、大切なものを守る為には変わらなければならない”と力説した。
多分、中島氏も小林氏も思想と思考を深めて「変わった」のだろう。
言葉の可能性を目のあたりに出来た事に感動し、感謝します。
(51歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よく経緯や事情を知っている人だなあ。感心するよ。
わしの方が忘れていたりするからな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆初めて参加させていただきました。
間近で熱い議論を聴けて、すごく面白かったです。
小林さんの判断基準が「常識かどうか」というのは、すごく納得できて、腑に落ちました。
私もそこを基準にして考えていきたいと思います。
議論の中でも中島さんの論理的なお話はすごく分かりやすくスッと入ってきました。
是非本も読んでみたいと思います。
(46歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中島氏はよく勉強しているね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆左翼と右翼の共犯関係、お互いマイノリティだと感じていて、ゴッコのように対決しあっている。
護憲と改憲も、手段が目的化していて、真面目に考えていない、等々、歴史をふまえた数々の話がわかりやすかったです。
立憲と民主が対立するという話も面白いです。
(35歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
憲法について、一番真面目に考えているのが、「ゴー宣道場」だ。
これ確実だね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆中島さんが、思っていたよりもお若くてびっくりしてしまいました。
中島さんと言えば、パール判事の件しか思い浮かばず、今日、参加して下さったことに本当に驚きました。
人と人ってわかり合えるのだなあと、身をもって証明して頂いたと思います。
つい、安倍憎しで人や物事を判断してしまっていましたが反省です。
あと、麻原は許さなくて良いと思います。
最後になりましたが、本当に楽しかったです!
ありがとうございました!!!
(41歳女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中島氏とは全部一致とはいかないと感じたが、大分、接近して来たとは思った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆過去の戦争に対する、小林先生と中島先生の歴史観の違いについては、時間があるときぜひ聞きたいと思いました。
明治憲法に対する皆さんの評価のしかたの違いもさらに時間があれば聞きたかったです。
10年の月日を経て、この2人が同じ場所でしゃべることになったのには、いいことでもあると思う一方、世の中がさらにひどいことになっているのだと、ざんねんな思いになってしまいます。
(44歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世の中が悪化し過ぎたからだな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆☆「常識」が一番大事だということを再確認しました。
 ☆やはり「ゴー宣道場」に来ると、世間がクリアーになります。落ち着きます。やはり、来てよかった。(From新潟)
 ☆中島さんの説明が凄く平易な言葉で分かりやすく、知識人にありがちな「知識とヴォキャブラリーの自慢」がなく、好感がもてた。
 ☆この会場の方が、大崎より見やすく、参加しやすく、ふんいきが良い。リラックスできた。笹さんも泉美さんもいつもよりキレイだった。(照明のせい?)
 ☆今回は、中身が濃く、アッという間だった。
(60代男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わし、労務会館が一番好き。
参加者の顔が見えるもん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林よしのり先生を生で見たのは薬害エイズ問題の後始末である『脱正義論』が出版されたころに
早大講堂でのトークイベント以来二十数年ぶりでした。
かつて激しく対立した中島岳志さんがゲスト、会場には鈴木邦男さんもみえられて、トークの中にも西部邁さん、宮台真司さん、とかつてのよしりんキャラとなった人物たちが登場し、またこのイベントを主催したのがかつて袂を分かったSPA!という、ゴー宣のこれまでの歴史を見れたような気がして嬉しかったです。
(45歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なるほど。
『ゴー宣』の歴史を知る読者の感慨という
ものがあるんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆大日本帝国憲法はみんなで作ったものか?
という点は、自由党が喜んでいたことはわかりましたが、議論がオープンじゃなかった時点で国民の納得感はないんじゃないかなと思いました。
だからこそ今がんばらないとですね!
(40歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなた、鋭いね。
帝国憲法の内容を国民の誰も知らなかったんだからね。
発布された憲法に異を唱えることすらできなかったんだからね。
権力の言論弾圧の中、発布されて、意味も分からずお祭り騒ぎになったんだから、「回復の民権」では
ないよ。
そのうち、ちゃんと史料を明示して、『ゴーマニズム宣言』で描こう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆顔と信頼そして言葉の話が最も印象に残りました。
安倍政権がウソにまみれている。
言葉を骨抜きにしようとしている事。
それらによって国民に浸透させることによって、ニヒリズムを喚起し、政治不信を起こすことで政権を維持しようとしている。
こんなに許しがたいことはありません。
アンチに走りすぎることを自省しながらも、これを克服しようとしなければならない事。
立憲的改憲に意識を向け続ける事が安倍政権打倒に必要な事を改めて痛感させられました。
中島先生のお話は、そういった事を突きつけてくださったように思います。
とても有意義な出張版ゴー宣道場でした。楽しかった!!
(37歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
顔で分かるというのはどうかな?
ニヒリズムによる政権の持続を狙っているというのは結構当たってるかもしれない。

今回は以上です。

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ