ゴー宣ネット道場

アンケート
2018.6.20 09:04

第74回「ゴー宣道場」アンケート回答2

6月10日(日曜)第74回「ゴー宣道場in九州」が福岡にて開催された。
ゲストは憲法学者・井上武史氏である。
アンケート回答の後編です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆外国とくらべることで日本の状況の異質さがよくわかりました。
「どの文言をかえる」ではなく「この国のどの統治機構をかえる」のが重要だということがよくわかりました。
「憲法改正が私の悲願だ!!」というのがいかにナンセンスかもわかりました。
(福岡県・40歳男性・医師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「どのような統治機構にしたいのか」を考えることもなしに、憲法典のどこかの文字や文章を変えたいとしか思っていないのが、自称保守であり、ナンセンス改憲ですな。
護憲派も統治機構には問題なしと言ってるんだから、だったら安倍政権にも対米追従にも基地問題にも文句言うなという話だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆井上先生の講演は、当初難しそうに感じたが、本当にわかりやすく論理的に現憲法の問題点、改善点が整理出来た。
自主独立を目指すのも、憲法について主体的に考えるのも、まずは自分の「依頼心」を発見し認識することがスタートになると感じた。
(福岡県・38歳男性・医師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
井上武史氏の話は本当に勉強になった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆井上先生の話を通して、憲法改正も含めた民主制をより良くする為の一番の要諦は、我々国民が、権力の淵源であることを自覚することだと感じました。
「権利を行使する覚悟」が自分にあるかどうかを問わねばならないと感じました。
(福岡県・36歳男性・広告プランナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
権力の淵源が我々という自覚は分かっていながら納得できていないのが国民のほとんどだろうが、そこを井上武史氏が突いてきたな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆よしりん先生の個と公の葛藤を吐露されたことによってより深みのある時間になりました。
これからは制度として憲法問題を考えていくという点が日本人全体として、より良い社会になる為の大きなポイントだと思いました。
(福岡県・45歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今の改憲派も護憲派も、精神論だからな。
システムを変えたいというのが、立憲的改憲派だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆井上先生に学者としての尊崇の念を感じました。
静かだけれど的確で説得力があり知識や洞察力、バックボーンの大きさに、こんな方がこの世にいてくれて良かったと思いました。
学者の世界の永遠の左陪席でいてくれると心を打たれました。
憲法裁判所が正しく機能したら、この国はどんなに良くなるだろうと思います。
「システムで考える」大切ですネ。
裁判員にはなりたくありませんけれど。
(北海道・64歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なりたくないよね、とほほ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆井上先生の基調講義が非常に理解しやすく面白かったです。
講義を聞いていてフランスの憲法は先進国、日本の憲法の何倍も先を行っているんだなあと実感しました。
今の日本国憲法には、権力がどこからあたえられているか明記していない!!
だから政治家が暴走する!!
その通りだと実感しました。
(福岡県・34歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本は立憲君主制の国家だが、それは天皇に依存する国家ではない。
憲法を導入した時点で、国民の覚悟はどうしても問われる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆井上先生が「憲法の条文は70年間変わっていないが、20年前の憲法の教科書は今は(古くて)使えない」という趣旨のお言葉が気になりました。
地方議会議員のなり手がいなかったり、倉持さんのいう「日本人は制度が悪いと考えるのではなく、制度を守らない人が悪いと発想しがち」という話を聞くと、日本人は政治家等責任のある立場に立つ人間は聖人君子であるべきであって、その聖人君子による人治主義を望んでいるのではないかと感じてしまいました。
かろのうろんおいしかったです。
九州設営隊の方がブログで紹介していた、ある神社近くで売られていたやきモチ、おいしかったです。
ラーメンと梅ケ枝餅を食べて帰ります。
(埼玉県・40歳男性・司法書士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回、かろのうろんに行く時間がなかったんだよな。
残念。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆わかりやすく説明していただいて、とても助かりました。
知的好奇心を刺激され、とても良い経験になりました。
また、福岡でやってほしいです。
小林先生のくつ下がステキでした❤
隣の席の女の人は、子どもを2人連れてきていたのですが、スタッフさんの親切な対応に感心しました。
(鹿児島県・43歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鹿児島県の人か。
鹿児島から来てくれたとなると、やっぱり九州で開催する意義を実感せざるを得ないな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆相変わらず良い意味での厳しさと笑いに魅せられました。
ただ、小林先生程の「表現者としての誠実さ」を持つ「強さ」は中々持てないと思うので先生についていけず変わってしまう人や裏切ってしまう方もでてくるだろうなぁと思いました。
(福岡県・36歳男性・作業療法士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分の評価は人に任せるけど、出てきますね、確かに。(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆九州に来ていただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
当選メールですが、先着順がいいと思います。
秘書さんの負担が少なくなるようにしてあげて下さい。
こういう定期的な会合の事務処理の大変さは仕事でやったことがあるので、よくわかります。
(佐賀県・53歳女性・団体職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ただ、あとから応募した人の中にも、この人はぜひ参加してみて欲しいと思うような応募者がいるらしい。
秘書みなぼんのセンスに任せるしかないんだよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆やはり、動画で観るより、ライブで直に接する方が、はるかにわかりやすいし面白いですね。
一人で観るより周囲に人がいる、熱気を感じる場所で、リアルに体験する、感情をゆさぶられる…。
今回は特に、予想していた以上に笑いがたくさん沸き起こったこと、とても嬉しかったです。
師範方、お疲れ様でした。
でも、小林先生が何だか本当にお疲れのように見えてちょっと心配でした。

連載増えたことで、お身体の調子が悪くなりませんようにご自愛下さい。
(奈良県・44歳女性・調剤事務)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
疲れが出てたかなあ?
身体のことまで気を使ってくれて、ありがとう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆全体を通して朗らかな雰囲気が素敵でした!
九州の気風でしょうか。
「静かな胎動」に嬉しそうな山尾さんと、長谷部叩きに苦笑する井上さんも印象的でした。
個人的に、商売の中に自分のポリシーをどう入れ込むか?というお話がとても良かったです。
やっぱりカネのためだけになってしまってはダメですよね。
(東京都・40歳男性・CGデザイナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カネが欲しけりゃ、右派に媚び売る、これが一番ですよ。
カネがあって、活字を読んで、暇もあり、人数も多いのは老人ですから。
カネと共に魂を売ることができないから、苦労してるんですよ、わしは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾議員は素晴らしい。
夏のボーナスが出たら個人献金しときます。
おぼっちゃまくん文庫セット・カラー色紙購入でき、大変うれしく思います。
憲法改正と言うと、条文を考えないといけないと思っていましたが、国民が自分たちの国のあり方をどのようにしたいのかということをまず第一に考え、議論していくことが大切であるということは目からウロコが落ちる思いです。
(広島県・53歳男性・銀行員兼農業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
権力から与えられた条文案をありがたがっているだけなのが安倍シンパ・自称保守です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆朝日新聞の「静かなる胎動」の記事の件で、少なからず憲法記念日のゴーセン道場の意義があったと感じて嬉しかったです。
枝野さんが25周年の表彰を拒否したお話で、枝野さんの美学を讃えられたよしりん先生の情のある所が大好きです。
「わしを裏切るなよ」という先生と枝野さんとの男同士の契りが後世に語りつがれる事になると思いました。
(兵庫県・53歳・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美学は道徳だからね。
背中で伝えるのが真の保守だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林先生をはじめ師範の皆様、福岡までお越しの上、充実の議論をしていただき、心より御礼申し上げます。
従来の「護憲」でも「改憲」でも、自民党に投票しても共産党に投票しても、すべて対米従属につながるというニヒリズム。
それをぶちやぶる場としてゴー宣道場、ぶちやぶる思想として立憲的改憲があるという思いを強くしました。
本当に本当にありがとうございました。
(福岡県・32歳男性・団体職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これがみんなに分かればなあ。
とにかく「九州版・ゴー宣道場」は大成功だった!

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ