ゴー宣ネット道場

アンケート
2018.11.21 11:50

第77回「ゴー宣道場」アンケート回答2

京都「ゴー宣道場」アンケート回答の2です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆笹師範の魂のこもったご講演、お見事でした。
「価値ある死とは何か」「俺の日本はなくなった」「成功も失敗も、そこで終わりではない」等、様々な言葉が心に響きました。
自分と祖父(歴史)とのつながり、自分と国家とのつながりを感じられたように思います。
この感覚を確かなものにしていきたいと思います。
(静岡県・36歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
祖父母の世代との連結が『戦争論』の目的だったから、そこが伝われば良いのだがな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆基調講演良かったと思います。
戦争経験者の声の紹介で、巡洋艦矢矧の海軍将校さんの声「じゃあ、あの時、我々はどうすればよかったのか?」というのは、大東亜戦争を簡単に批判しがちな現代人にとって反省させられるものでした。
(大阪府・38歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今でも時代に巻き込まれて抵抗しない者が多数です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆笹師範の基調講演でなるほどと思ったのが、「戦争論」がネトウヨ、ネトサヨを生んだのではなく、戦後平和主義の帰結が生んだのではないか?とのご意見です。
私は当時読んだ時、また今回改めて読み返しても、アメリカに対してはいつか一撃くらわさなければと思いましたが、中国、韓国に対してはかわいそうな国だなという印象でしたが、戦後日本人はアメリカに対する奴隷意識が抜けないんだなという思いです。
(大阪府・45歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「『戦争論』がネトウヨ、ネトサヨを生んだのではなく、戦後平和主義の帰結が生んだのではないか?」
これは確かにわしも聞いてて、はっとしたな。
確かにその通りだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆冒頭の小林先生の、当事者になる気もなく、覚悟もない者に論評する資格なしとは、その通りだと思った。
最後の女性の質問は、自分も地方の田舎に居住しているので、人口が少なくなり共同体の維持が個人の負担になり得る時に、ゴー宣設営隊のように楽しんで共同体を維持する方策が必要だと思った。
(兵庫県・38歳男性・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どの共同体にも、誰か一人、責任と覚悟を持って踏み出す者がいなければならないんだけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「戦争論」の出版によって、それまでの左翼優勢の空気が変わったと思う。
しかし、20年たっても「ムラ社会」やアメリカの属国で主権のない状態は続いている。
それは当然あるべきナショナリズムが無いからだと思う。
読んだ人でも、それが伝わらなかった人もいるが、少なくとも自分は大分、考え方が変わったし、今日、道場に来ている方は、大多数が戦争論を読んで変わったのだと思う。
(京都府・38歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少なくとも自分は変わった、と言ってくれる人がいると、報われたと思えるよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆歴史とは科学の側面がある、というのはその通りである、と思いました。
そして当然物語の側面もある。
科学の方法で得られた事実で「大東亜戦争」の戦いぶりの物語を構築した業績は素晴らしい。
あの頃、そういう物語は望まれていた。
しかし誰も語る勇気がなかった。
(京都府・51歳男性・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういう意見は、どのメディアにも紹介されないんだよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林よしのり軍、入隊します。(笑)
それくらい現在の状況が危機的なのが分かります。
自称保守の方など達は目をそらしているだけなのか、ホントにアホなのか、何故分からないのか、不思議で分かりません。
(徳島県・44歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
健全な女性はやはり「ゴー宣道場」にはいるんだな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆第二部の初めで倉持氏が、自分ができる事があるのかという人が多くいるという事や、1人1人の活動が国会に影響を与えることができているのは希望の持てるお話でした。
このゴー宣道場の活動が実っていることは、とてもうれしく思います。
(大阪府・27歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国会に影響を与えるのは大事ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森師範の「日本で最も個が強いのは天皇陛下」というお話が心に残りました。
「個」は「公」の中で育まれる、その公の体現者たる陛下が最大の「個」を発揮なさっておられるという理論に、深く納得しました。
私も陛下の1万分の1でも見習って、公の中で個を強くしていきたいです。
(福岡県・29歳男性・webサイト制作)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天皇陛下は苦しいだろうな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆一言でいえば、「直視しろ」その一言に尽きる気がしました。
戦争のことも、戦後の奴隷状態のままの「平和」のことも、何もかも自分の〈私〉に都合悪いから見ないふりをするのではなく、“本当のところ”を直視する勇気を持たねばならない。
それが日本人の大きな課題だと思いました。
アメリカの言いなりを続けるネトウヨも、憲法9条に守ってもらおうとするサヨクも、自分達の弱さ・ずるさを直視できていない点で一緒だし、日本人は自分達の民主主義への不信をのり越えていかねばならないと思った!
(京都府・39歳男性・小学校教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほとんどの日本人は欺瞞的で、自己を直視できないから、「ゴー宣道場」の参加者は勇気があるのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆冒頭の安田純平さんバッシングの「自己責任論」の歪さについての話が、最後の日本人の「個」の弱さ、同調圧力の強いムラ社会にとらわれてしまう話としてつながってくるのに圧倒されました。
戦争論のテーマ、「個と公」は未だ日本人の課題としてあらゆるものにつながっていることがよく判りました。
アメリカの下の奴隷の平和に甘んじているのも、過去の戦争を自らの立場で総括できないのも、個が弱く公が成り立っていないため。焦りを感じます。
(京都府・37歳女性・専業主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本は八つ墓村的な因習がまだ残っていて、ネットで再生産されている異常な状態ですね。
「個が弱く公が成り立っていない」その通りです。

アンケート回答、以上です。
次回は12月9日、「移民と人権とナショナリズム」で議論します。

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ