ゴー宣ネット道場

アンケート
2019.6.19 13:14

第82回「ゴー宣道場」アンケート回答1

6月9日(日曜)山尾志桜里議員をゲストに迎え、令和初の第82回「ゴー宣道場」が開催された。
「新天皇即位と皇室の未来」がテーマだったが、参加者が書いてくれたアンケートの記述を、わしからの簡単な回答を添えて、紹介する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆やはり女性天皇・女系天皇を認めるべきだという思いを堅くしました。
現実的に認めざるを得ない状況であり、NHKスペシャル「日本人と天皇」の平沼氏のように思考停止になっている人は本当に問題で、そういう人達は、議論の場から早く退場して欲しいと思います。
(時間だけが無駄に過ぎるのは許されないと思うので)
(千葉県・45歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(時間だけが無駄に過ぎる)というのは全くその通りであり、将来、男系固執派の評価は左翼以下の地に堕ちると思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森先生の「今回が最後のチャンスかもしれない」というお話は、本当にその通りだと思いました。
この危機的な状況を、もっと広く国民に実感してほしいです。
小林先生の、男系固執は一神教になっている指摘にも、本当にその通りだと思いました。
併せて“伝統”というのは固定化された固形物ではない(厳格な一神教ではなく、ゆるやかな八百万の神)という例も、様々な場面で男系カルトの説得に使えると思いました。
(広島県・48歳男性・技術士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一神教を持たない日本人はどうしても個が弱くなる。
個の弱い者たちが、ついに発見した「絶対」「原理主義」となる信仰が「男系Y染色体」だったのです。
もちろん日本人に一神教はないから、カルトにならざるを得ない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆冒頭の各師範のお話で(特に山尾先生、高森先生)胸が熱くなりました。
心情的に天皇制度、または皇室の方々を国民として守っていかなければならないと思いました。
小林先生が常々言われているように、やはり「やっていただいている」という気持ちを国民としては忘れてはいけないと思いました。
(栃木県・32歳男性・自動車教習所指導員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
男系Y染色体・真理教の連中は「やらせてやっている」という感覚ですからね。
ある意味、「国民主権」の恩恵を最大限に受けている連中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆女性天皇、女系天皇、女性宮家は不可分であるとのお話は、大変重要なことだと理解できました。
早期に皇室典範が改正されることを望んでいます。
(東京都・60歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国民の8割が望むことを政権と男系カルトがタッグを組んで、妨害するのだから呆れます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾さんが冒頭で話されていた「天皇と三権分立について」天皇がいなければ、憲法が機能しなくなる話は、そういう語り口があるかと目からウロコが落ちる気持ちだった。
そのあとの高森先生の天皇は親から子への伝統継承が最も重要というのは、旧宮家ではダメだというのがとても腑におちた。
(宮城県・38歳男性・航空自衛官)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旧宮家系・国民男子は、あくまでも国民です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「天皇は(自称)保守と闘っている」という事はまさにその通りだと思いました。
それも歴史上そうだったというのは悲しい事だと思います。
多くの国民の声は天皇と供にいるというのが救いであり、それに基づいて進むだけでよいはずです。
邪魔するものは逆賊です‼
(神奈川県・44歳男性・エンジニア)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自称保守こそが常に皇室バッシングを繰り返してきた左翼以上の敵です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「男子を産め」のプレッシャーから解放してさしあげたい。一番の気持ちはこれです。
これだけでも理由になると思います。
皇室だけでなく、全ての女性がこのプレッシャーから解放されることにつながると思います。
(神奈川県・37歳女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その通りです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ネットライブの向こう側のネトウヨに話しかけるシーンがおもしろかったし、有効だと思う。
その中から覚醒してくる人が増えれば、と思った。
あやふやな庶民の直感が実は一番正しい、というのはもっともだと思った。
(高知県・51歳女性・オンライン語学教師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネトウヨから目が覚めた門下生が「ゴー宣道場」で今は協力してくれてるからな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆陛下がどうして慕われているのかが漠然としか伝えられず、何でだろうと思っていたのですが、「陛下が我々の善良の心の体現者をされている」を聞き、〝そうだ!だからこんなにホッとしたり涙が出るくらいの気持ちが出てくるんだ〟と腑に落ちました。
しかし、あの即位礼正殿の儀もそうでしたが、あの首相の白々しさにはらわたが煮えくり返りました。
(神奈川県・33歳女性・介護福祉士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
常に俗にまみれている自分を客観視させてくださる存在はありがたい。
聖域に育った方にしか、その役割はできない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆権力と権威についてのお話はとても勉強になりました。
人工的なもの(北朝鮮)自然発生的なもの(天皇)の例えはわかりやすかったです。
Y印や旧宮家が権威と国民の信頼が得られるとは考えられず、今の男系派の理論が破たんしていると思います。
(東京都・54歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シナ男系派の連中は、どうしても「設計主義」的な発想になりやすいからな。
権威を設計で作れると思っているのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆昔は皇族の近親結婚が当たり前であったから、いくらでも男系の天皇と言い張ることができました。
それを逆に考えると、それをいくらでも女系の天皇だと言い張ることも可能でしょうね。
天照大神は女性ですからすべて女系だと言うことになりますね。
双系が正解というか、系に男女もないのでしょうね。
(千葉県・61歳男性・教育公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
凄いな。その通りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆前回から参加させていただいておりますが、知識で庶民をけむにまくのではなく、私たちの心をふるわせてくれる本質に近づくようなお話が聞けて感動しております。
自分がいま何を考え、将来を目指すために必要なエッセンスがちりばめられていると感じます。
ありがとうございました。
(東京都・49歳男性・出版業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この感想は嬉しいな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆今回はあえて後ろの席でみなさんの声が割れずに聞こえるか待機していましたが、全然きれいに音が出てましたね。安心しました。
webでの音声も画像も良好とのこと、喜ばしいです。
(東京都・ITアーキテクト)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頑張ってたからな。
新音響システム・プロジェクトの門下生たち。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆開場待ってる間のBGMで音響システムが笑っちゃうほど良すぎと分かりました。スゴイ!
新音響システムチームさん、グッジョブです‼
Y教がまたこんなに言ってる勢力(?)がある事もびっくりですが、こんなにネタにして笑えるのもビックリです。
(埼玉県・47歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
BGM流すと、どんな雰囲気なのか、師範は見れないから、残念だよ。
Y教は、笑うしかない連中なんだけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾先生の、「国会議員の皇統問題に対する熱意が薄い」という話には不安を覚えるが、ぜひとも頑張って議論を進めていって頂けたらと思います。
最終的には、我々一人ひとりが、天皇制を深く考えていかねばならないのでしょうが…。
とりあえずは、微々たるものですが、献金にて応援させて頂きます。
(神奈川県・46歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山尾志桜里しかいないからなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小林先生の率直な男系絶対に対する意見、スカットしました。
高森先生のいかなるバッシングにも変わらず、決然とした立場を貫かれていることご立派です。
もくれん先生の私達を代表して頂いているようなご意見ありがたいです。
倉持先生の立憲の先生方の様子を楽しく聞かせて頂きました。
笹先生の明快な司会進行、要領を得たコメントで道場をまとめてらした。
ネットを見てどうなんだろうと思ってましたが、今日の道場でのお話を聞いて(特に山尾先生のお話)良かったなと。山尾先生ともかくがんばって下さい。
(神奈川県・66歳女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この全方向への愛がいいなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆愛子様が皇太子、そして天皇陛下になられれば大げさでなく天照大神の再来かというぐらい、本当に日本が明るく照らされるようになると思います。
質問された方や山尾さんやよしりん先生のお話の中にもありましたが、私たちは自然と愛子様に尊敬の念をすでに抱いていると思います。
愛子様が皇太子、天皇になられることに論理的にも感情的にも無理がないということが改めてわかりました。
(長野県・40歳女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まったく100%その通りで、天照大御神の光に日本は包まれることになるでしょう。

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ