ゴー宣ネット道場

アンケート
2019.6.20 08:19

第82回「ゴー宣道場」アンケート回答2

6月9日(日曜)山尾志桜里議員をゲストに迎え、令和初の第82回「ゴー宣道場」が開催された。
テーマは「新天皇即位と皇室の未来」。
参加者が書いてくれたアンケートの記述を、わしからの簡単な回答を添えて、紹介する。第2弾。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆男系男子にこだわる人々は、皇室に対しても、日本の伝統に対しても、女性に対しても、色々な面で失礼極まりない人々だと思う。
(東京都・44歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まったくその通りですね。
天皇を男系Y染色体の器としか見てないし、伝統を固形物にして因習化してしまっているし、女性は国民の象徴になり得ないと思っているし、国民の8割が女性・女系天皇を肯定したら、それを愚民だと思っているし、色々な面で失礼極まりない野蛮人です。
イスラム国かボコハラムに入れてしまうべき連中ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆男系絶対の人のことをきいていると、小林先生が描かれた、ブラジルの日系移民の勝ち組のように、″人は信じたいものしか信じない″ということばを思い出します。
嫌なものは嫌だ、絶対に認めない、滅びても仕方ないということなのか、と感じてしまいます。
本当に日本の国のために皇室を守ろうということではなく。
(千葉県・53歳女性・販売業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
信じたいだけですね、男系こそが天皇だと。
男系でなければ「皇統断絶」と言ってますから、もうやけくそbabyみたいなもんですな。
ミルクは嫌だ、オッパイ吸わせなきゃ母親じゃない!みたいな。
ぜひ女系天皇を実現して、奴らに「あれは天皇じゃない!」と叫ばせたいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾先生が、名古屋で雅子皇后をごらんになられた時に、「そのお姿に涙があふれてしまった」と言われていた。
山尾先生のような、頭の良い方も、情で動かれて、がんばっておられる事が分かって、聞いてて自分も胸が熱くなりました。
また、山尾先生のおっしゃった「国民の総意の体現者」である天皇陛下に、男性と女性の区別は必要ですか?
とのお言葉に、本当にそのとおりだと思いました。
(東京都・49歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山尾志桜里にだって情はあるんです!
「女は国民の総意の体現者にはなれない」と主張する非常識な連中は、ほんの少しいるだけなんですが、それを恐れる腰抜け政治家がいるから話が進まない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆初めての参加だったので、逐一メモなどは取らず、先生方のお話を聞くことに集中しました。
そして2つの事がつよく心に残りました。
それは高森先生が言われた、「国民の無意識の中にこそ、伝統がある」という言葉と、よしりん先生の言われた「国民の良心を天皇が体現して下さっている」という言葉でした。
(大阪府・36歳男性・サービス業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それでよかとです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆上皇陛下のお言葉に主体性を読みとく高森先生の見識のすごさ、一神教の原理主義と男系絶対主義者の頑迷さを結び付けて論じてくれた小林先生のお話に「目からウロコ」です!
(愛知県・51歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八百万の神の国・日本には「原理主義」があっちゃダメなんです。
「絶対」という観念もあっちゃダメ
なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆確かに「男系」=「側室」はワンセットだと思います。
安定的な皇室の継承という目標をかかげるとすれば、ここの主張をしないとおかしいはずです。
それ程、論理が破綻している事に気付けるかどうかが、その人の人間性が問われると思います。
今後はそこに注目だと思います。
(神奈川県・49歳男性・ケアマネージャー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
側室なしで男系のみで「千代に八千代」になんて出来るわけがない!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆男系にこだわる名誉男性(女性論客)をめぐる山尾さんのコメントで、ようやく実体をとらえられたと思えた。
それと同時に、彼らの食いぶちのために、国民がふり回されるのは、腹立たしいと思った。
(神奈川県・51歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食い扶持のために男に媚びる女、情けない存在です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆とにかく大きな問題ですので、「商売」でなく、成し遂げようとする政治家がいるのは心強い限りです。
山尾先生、よろしくお願いします。
(神奈川県・52歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地元でも山尾志桜里の価値を分かって欲しいなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆今までで一番面白かったです。
天皇については、回も重ねてるし、本も読んでいるし…と思っていたのですが、思考の深まる快感を味わえました。
親子継承を認めないことは、天皇を半人前扱いしている、との話しや、原理主義に痺れた者は以後に知識が入らない深刻さとか、印象に残りました。
(大阪府・44歳男性・自営業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我々は思想する者でいなければなりません。
お約束の言葉を連呼して酔ってるだけじゃダメです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾さんの皇位継承への熱意を感じた。
「天皇陛下は自称保守と戦ってきた」という言葉はとても納得した。
「おじ・おば」の大和言葉と漢字の違いで親族の見方が異なるという話はとても参考になった。
小林先生が紹介していた井上達夫さんのエピソードは面白かった。
(埼玉県・47歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
井上達夫は弱者のルサンチマンがないからいいよな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆小学一年生の頃、校庭にジープが入って来て、MPというのか?米兵が土足で校舎に進入して、天皇陛下のお写真を破り捨てて行きました。
20代の頃、レス・ポールとメリー・フォードの唄で「世界は日の出を待っている」という曲がありました。
歌の「内容」はともかく、…日の丸をみるたび、この曲をおもうたび、なんともいえない、爽やかな悦びで一杯になりました。
無私の天皇様をいただいている私達は幸福な民族です。
小林先生変らず御指導いただきましてありがとうございます。
(千葉県・82歳)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
凄い証言を聞きました。
占領期は米兵がそんなことをやっていたのか!
経験としてこんなことを語れる女性が「ゴー宣道場」に来てくれているなんて嬉しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆そもそも男系・女系という考え方がシナの価値観にとらわれており、日本の伝統ではないという前提を忘れている人ばかりではないかと考えます。
この問題は男系カルトの人々も早々に目を覚ましてもらいたいと思います。
(栃木県・37歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「シナ男系主義」と言うべきなんです。
シナの思想を断固守りたいと主張する少数者を恐れて、日本の皇統をグチャグチャにしたい連中は、恐らく目覚めないんでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆以前、愛子さまの書かれた小説を拝読させて頂いた時、愛子さまは「神域」のような空間でお育ちになられていると強く感じました。
理屈ではないと思っております。
(東京都・53歳男性・行政書士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうしたって一般人は俗にまみれますからね。
愛子さまは、あの天皇陛下と、あの皇后陛下に見守られて育ったのだから、教養と責任感が圧倒的に違いますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆日本が国家としての尊厳を保てるのは、皇族があるからだと思っています。
これから先、問題を先のばしにして取り返しのつかない事態にならないか危機感を感じています。
政治的な面で日本に力がなくても、皇族の方々がいるからこそ、国際社会において存在感を示せるのだと改めて考えさせられました。
Y染色体と主張する理論はセクハラの様で気味が悪いと思っていました。
世間には恥しい人がいるのだと、ビックリしました(笑)
自衛官として勤める上で、日本のこと、皇族のことは、切っても切り離せない問題です。
心の奥底で知らなければいけない問題だと思っていました。
今回のゴー宣道場で、わかりやすく教えて頂き大変勉強になりました。
(宮城県・29歳女性・航空自衛隊)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女性は女性の尊厳を貶めることなく、毅然とした存在でいてほしいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「旧宮家男子の皇籍取得」を主張する人は今上陛下含め上皇陛下の系譜が途絶える事を前提としている、むしろ待望しているのではないかと考えています。
上皇后陛下とのご結婚はじめ新例を取り入れる上皇陛下や、そのお子様である今上天皇を「自称保守」は邪魔だと考えているのではないでしょうか。
「男系絶対」を主張するのは男性である印象があったのですが、会場の男性が「直系長子継承」を支持している様子を見て心強く感じました。
(東京都・53歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「男系Y染色体」がすべてに優先すると考える輩は、一般国民の男系血液の方が尊敬できるのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「国民の無意識に真の伝統がある」と信じて国民に想いを発してくださる天皇陛下のために、国民は天皇の血筋が受け継がれていくために女性・女系天皇が今後、誕生できるよう最大限力を尽くす責務があると感じました。
それが日本の未来をよりよくしていくために、日本国民ができることなのだと思います。
一度失われたものは二度と取り戻せない。
日本から天皇陛下が失われることが起きないように女性・女系天皇へ道を開く。
ただでさえ世継ぎのプレッシャーにさらされる皇族方の負担を減らすため、生れてくる命が男であれ女であれ祝福される国であるために。
(滋賀県・30歳女性・臨時職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
素晴らしい感想です。
生まれてくる子は男でも女でも祝福されねばなりません。

今回はここまで。
次回は田原総一朗氏をゲストに迎えて、8月4日(日曜)に開催します。

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ