ゴー宣ネット道場

アンケート
2017.6.17 14:26

第64回 「ゴー宣道場」アンケート回答2です

「ゴー宣道場」では、アンケートの回収率が非常に高い。
参加者たちが、休憩時間や、終わってすぐ、熱心に感想を書いてくれる。
ゲストや師範方は、設営隊によって控室に次々回収されるアンケートを読みふけっている。
さて、第64回「ゴー宣道場」アンケートの2である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆馬淵議員の冒頭の熱弁がすごかった。民進党は反日政党だといっているネトウヨに聞かせなければと思った。
山尾議員と金田大臣とのやり取りは改めて聞くと笑ってしまった。
皇室関係のことで完全に民進党支持になったが改めてその思いを強めた。
(神奈川県・23歳男性・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
尊皇心のない保守などあり得ない。
男系の血だけ尊崇する、天皇個人は血の器という不気味な原理主義はカルトである。
民進党はバランスのとれた国民の常識のセンで皇室を守る
覚悟がある。これこそ保守の姿だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆最初の馬淵議員による、日本の長い歴史を踏まえての日本の国柄や、皇室のご存在の有難さについての堂々たる演説に感動しました。
小林先生が「真の尊皇家」と仰ったことがよく分かりました。
山尾議員は以外にも小柄な方でしたが、外見の可愛らしさや美しさをさらに輝かせるような、気持ちよく、明快なお話をされていて、共謀罪の危険性について、より認識が深まりました。
(東京都・37歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二人とも真っ当な政治家ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆民進党だけではなく大島議長や高村氏、茂木氏の働き、立法府の意志というものがあったことが馬淵氏の口から語られた事は意外であり、おどろきでした。
また文言の1字のために何日も何時間も動かれていた事を知った事も驚きであり、頭の下がる思いでした。
(東京都・30歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自民党の議員だって、安倍政権でなかったら、常識が発動されて、皇室典範改正になったかもしれませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆民進党の馬淵議員、山尾議員の頼もしさをますます感じる事が出来ました。
馬淵先生の国体を語る熱い想いが伝わり、感動しました。
山尾先生は相変わらず男前で恰好良かったです。
今回もよしりん先生が天皇の宿命について語られた時、国民として何が出来るか、もっと深く考えなきゃいけないという想いになりました。
(兵庫県・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
男前な女っていいよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆馬淵議員の冒頭の話はよかった。水面下での報じられない政府との生々しい状況がよくわかるのと同時に、陛下の思いをここまで無視してよく「保守」が名乗れるものだと改めて思った。
山尾議員の話で共謀罪と金田法相の出鱈目さをより理解することができた。
共謀罪が人間の活力を奪うという小林師範の言葉が印象に残った。
(埼玉県・45歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本はトラスト(信頼)の高い国だから、資本主義が発達し、諸外国のようにテロが頻発しないということが、劣化保守には分からないのです。
共謀罪で信頼性の高い日本の公共を縮減しようというの
だから、馬鹿な連中だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆安倍が盤石に見えても、いわゆる頭数だけの人たちに支えられている以上、いつ崩れるかわからないと思っておくのは希望だと感じました。
公共が狭まると表現が萎縮し活力が失われるというお話がとても心に刺さりました。
(東京都・39歳男性・CGデザイナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういう説明は抽象論になるが、不文の法を語っているのだから仕方ないのです。
だが、現代人は明文化された法か、目に見えるモノしか理解できなくなっている。
国会の参考人招致でも話したし、テレビが来たら必ず話しているのですが、理解できないらしく絶対に使いません。
頭が悪い奴ばっかりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆馬淵澄夫議員は本当に尊皇心のある方だなと思いました。
自称保守の人達は皆コピペばかりで、耳にタコができそうなほどですが、馬淵議員は自分の言葉で皇室や歴史について語ってくれました。
特に、国盗りではなく国譲りをしたことによって栄えていく、仏教をもとりいれる包容力のある国であり、競争社会で勝ち抜くことを目的としたヨーロッパとは違うという話は、深く感銘を受けました。

(大阪府・27歳男性・介護士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
確かに「自分の言葉でしゃべる」ということが、劣化保守には出来ません。コピペばっかりです。
「ゴー宣道場」は自分の言葉の応酬になるから、劣化保守
はついてこれないでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆馬淵先生の、陛下のお言葉から日本の共生の理念を読み取られた観点に驚きました。
共謀罪については、山尾先生の金田法相とのやり取りで笑いすぎたため若干マヒしてしまいましたが、普通に考えると空恐ろしい話だと思いました。
(静岡県・35歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金田法相がギャグキャラになってるから、危険ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆馬淵議員の、空港管理の甘さのお話など、大変に勉強になりました。
山尾議員のことはある程度存じていましたが、馬淵議員のご見識や天皇への敬意などを、恥ずかしながら初めて知り、やはり民進党にはこれから大いに期待し、応援すべきだと思いました。
(神奈川県・34歳男性・ライター)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「リアリズムの力量」を持つ議員を応援するしかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆アベマTVの竹田氏の血統発言、番組は見逃してしまったのですが話を聞いて嫌悪感を持ちました。
血統なんて、犬・猫の血統書ぐらいでしか普段聞きません。
はっきりいってそんなに価値があるものだとは思いません。
天皇をやっていただいているのは江戸時代の農民の子は農民、町人の子は町人といった職業選択の自由が無かった時と同じで、その役割を受けていただいていると考えています。
(大阪府・32歳男性・エンジニア)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
血統そのものが高貴なんてあり得ない。
だが、天皇は血統で継承される。
これをどう考えるかは、自分の頭で考えてくれ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆先生方がおっしゃる保守の劣化といわれてる輩は「保守」とは絶対に違うと思います。
というか保守に分類してほしくありません。
何か別物で命名できないでしょうか。
共謀罪のやりとりは完全にコントですね。
こんな頭の悪い政権なのに、支持率が思ったより下がらないのは、ちょっと異常です。
「決められない政治」にウンザリしてましたが、こんなにも「数で決めてやる政治」にシフトするとは思ってなかったし、何か虚無感が蔓延しているような気がします。
(神奈川県・47歳男性・ケアマネージャー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「劣化保守」以外に表現できる名前を考えてくれ。
国民は生活することだけで、精いっぱいで、社会の
ことを考える余裕がないのかもな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆百害あって一利なしの共謀罪、本当に警察にはメリットありでしょうか。
むしろ、余計な仕事を増やす法律の様に思えます。
共謀罪はスノーデンの告発で明らかになった米国の盗聴監視体制を正当化する根拠として押し付けられていると思えてなりません。
もしそうなら、そこを突破口に法案を潰すことができないでしょうか。
(東京都・51歳男性・歯科医師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2002年以降、犯罪発生率が半分になってるから、警察の仕事を増やしたいのだろうし、米国の要請で、警察に日本人の個人情報を集めさせたいのでしょう。
まだまだスノーデンの告発を深刻に受け止めるほど、
国民の意識は高くない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小林師範(眞子様のご婚約の件につき)あくまで“個人の自由”を最優先に考えるべき。
そうでなければ男系派と同じ轍をふむことになるという発言→“運動”が陥りやすい罠への言及にハッとさせられた。(手法作法の軽視・目的の至上化)
(東京都・46歳女性・教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皇室の方々をロボットか奴隷としてあつかうのをやめたい。
そこが我々と劣化保守との決定的な違いでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森先生から、秋篠宮殿下が皇太子を辞退された、というお話から、愛子内親王への皇太子と繋がる道を、ご皇室が目指していらっしゃるのだろう、という趣旨のお話を伺えて安心しました。
(埼玉県・38歳女性・パート)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それを阻む劣化保守がいるから、安心できません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆収支うなずき続けで、何か質問したいとおもいましたが、深刻なのに楽しいしゃべりで、笑いも交え、聞くので精一杯でした。
次回も何とか参加したいと思います。
(東京都・50歳男性・自営業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
聞いて楽しんでもらえたら良かです。 

今回のアンケートの紹介はここまでです。
次回は86日(日曜)開催。ゲストを呼びます。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ