ゴー宣ネット道場

アンケート
2017.3.18 14:28

第62回「ゴー宣道場」アンケート回答1

62回「ゴー宣道場」『自民党にもいる尊皇派』が開催された。

船田元議員の穏やかな口調の中にときおり光るウィットの効いた

センスと、意外な闘争心には感心した。

なかなか良い政治家もいるんだなと思った。

熱心に書いてくれた読者のアンケートに回答する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆船田議員の勇気に感服しました。支持を失う恐怖の中で公の

ために発言くださったことに深く感謝します。

最後には典範を動かす、という決意を強く感じました。

微力ながら応援させて頂きます。

(神奈川県・33歳・ライター)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「特例法」で与野党合意となったが、船田氏が言ってたように、

キメラみたいな法律になる恐れはある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆予定時間より早くに船田議員がお越し下さったこと、

今回はゲストで参加されると事前に知っていたとはいえ、

「本当に来られたんだ!」と驚き、感動しました。

議員のみならず、学園の理事長もお務めの身で、道場で貴重かつ

率直なお話を聞くことができ、本当に有難かったです。

(東京都・37歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作新学院ってのが驚いたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆船田元氏は非常に落ち着いて柔らかな印象ながら、

森友学園の問題に対する見解や皇統の問題に対する見識には、

熱い想いが感じられ、バランスのとれた方だと見受けられました。

言葉を選びつつも、言うべきことは臆さずに発言される姿には

安定感があり、これが本来の「保守」政治家なのだなと感じら

れました。

(群馬県・36歳男性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同意だな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆第一部は「よしりんにきいてみよ」のような楽しいフランクな

道場でした。しかし笑いの中に重要なテーマが入っているのも

いつもの通りでした。

天皇を中心としたものが本物の伝統であるのに比べ、

今の自称保守は間違った伝統を支持し、今上天皇をないがしろ

にしているということがわかります。

「アナクロ極右」というのはピッタリです。

(神奈川県・42歳男性・エンジニア)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍晋三から産経新聞から森友学園まで、保守じゃないんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆よしりん先生の話がおもしろくて、笑えました。

高森先生の皇太子殿下の話や、陛下の和歌の話に感動しました。

冒頭の倉持先生の話は、緊張感が伝わってきました。

(東京都・49歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は暴走してしまったかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森先生が仰った「8月のお言葉を境に、元々あった

(劣化保守派らとの)天皇への考え方の違いが顕在化し

(男系派との)距離が大きく離れてしまった。そこに思想の

ドラマがあった」という言葉が非常に印象に残りました。

我々は今、まさにそのドラマの真っ只中に立っているのだ、

との思いを強くしました。

(東京都・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保守が劣化する一方だったからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆人が意見を変える事にはその人の自信が必要だ、という

意見は本当にそのとおりだと思いました。

極右の方々は「意見を変える事」を「ブレる」と解釈している

のではと思いました。

本来、「ブレる」はステレオタイプな発言に対しての言葉であった

はずだと思いました。

(東京都・45歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自称保守・アナクロ極右の連中は、コピペ脳だからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森先生が女性女系天皇になぜ自民党が反対するのかと

言われた時に間髪入れず船田議員が「男尊女卑」とおっしゃら

れたところにまともな感覚を持たれた方だと思いました。

倉持先生の今の政権にためらいがない、ヤンキーと同じと

いわれたところがおもしろい視点だと思いました。

(東京都・40歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしもあの「男尊女卑」には感心した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆船田議員の勇気ある登壇、感謝いたします。

誠実なお人柄、発言に大変好感が持てました。

しかし、一旦特例法で通してその後典範改正というのは、

どうしても疑問があります。

この問題が不完全な形で終わってしまった後、その後も

継続して本当に議論が続くのか、メディアが報道を続けるのか、

国民も引き続き、興味を持ち続けられるのか、大変不安です。

(千葉県・32歳男性・エンジニア)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

権力は安倍晋三が握っている。これはどうにもならない。

国民が安倍政権に「特例法でOK」と言ったようなものだ。

だったらその特例法にどこまで民進党が影響を与えたか、

そしてまだ国会での論戦はある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆神社本庁等の支持頼りの議員が多いという船田氏の話が

意外でしたが、たしかに地元の議員のHPを見ると、

日本会議や神社本庁の会員でした。

しかし、国民の多数が男系固執でないのは明らかであるのでは?

(静岡県・54歳男性・自営)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろんそうだが、権力は安倍たち男系アナクロ極右の手中に

ある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆師範方がおっしゃっていた伝統とは一つの時代に起こった

現象・出来事ではなく、時代に合わせて常に変えていかなければ

ならないに強く同意いたしします。

そうしないと、後世に残らないし、滅びてしまうからです。

男系男子での皇位継承はあくまでも明治のごく限られた時期の

価値観・思想で現代にそぐわないし、絶対変えなければと

強く考えさせられました。

(愛知県・31歳男性・派遣社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時代感覚無私のアナクロ極右が安倍政権から森友学園まで

蔓延してしまってるからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「祈っていればいい」「男を産め」という二重の主体性の

否定、今を知らないまま昔の感覚を押しつけてくる上から

目線のアナクロ保守という言葉が印象深かったです。

やっぱり泉美さんや笹さんの目線は男からすると新鮮で勉強に

なります。

高森先生や小林先生らの語る力強くリードする言葉の数々と

併せて、まさにゴー宣道場の空気こそが日本本来の伝統である

「男女平等」の具現化ではないでしょうか。

(東京都・37歳男性・書店員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆愛子さまの激ヤセのお姿には私も正直「将来、天皇になった

としても大丈夫なのかしら…」と心配していたのですが、

「治療することによって出逢いがあるかもしれない」という

よしりん先生の超ポジティブな見解を聞かせて頂き、

余計なお世話だったと考えを改めました。

(神奈川県・49歳女性・パート職員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポジティブしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今日の議論の中で「雅子様を守ることは、皇統を守ること

になる」という思いを強く持ちました。

皇位継承問題とは、お世継ぎを出産するという問題だけに

とどまらず、天皇や皇族の方々の人格を守らなければ、

結局は皇位は途絶えてしまうものだと感じました。

 (大阪府・37歳男性・製造業 経理)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それが分かるのが大人なんですけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆伝統・エートスを守るために変化を求められるというのが、

今日の議論で一番心に残った内容でした。

テレビや新聞などから与えられる情報をもとに議員や

問題のあった人に対して批判をする、評論家のような人間に

なることは簡単です。

そこから自身に変化をはたらきかけすることができるか、

覚悟をもっているかどうか、聞かれていると捉えさせて

頂きました。

(東京都・37歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保守的な態度とはそのようなものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今回初めて東京のゴー宣道場に参加しました。

密度の濃い内容もさることながら、会場の熱気と師範方の

トークが相まって熱い展開が繰り広げられていたことに

感動しました。

自称保守のくだらない講演会とは違い、全く飽きのこない

3時間でした。

ゴー宣道場を盛り上げてくださる設営隊員には本当に頭の

下がる思いです。これが「公」というものなのですね。

(兵庫県・43歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱ嬉しいね。楽しんでくれたと知ると。

次回の開催予定

第75回

第75回 平成30年 8/5 SUN
14:00

テーマ: 「立憲的改憲、山尾志桜里・条文案、発表!」

INFORMATIONお知らせ