ゴー宣ネット道場

アンケート
2016.6.10 15:37

第55回「ゴー宣道場」アンケート回答1

65日、第55回「ゴー宣道場」は『言論の自由と潔癖王国』

と題して開催された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オバマの広島訪問に関するマスコミの報道、大和君の事件に

関するお父さんへのバッシング、杉並の保育園問題での少数者

へのバッシング等、規模の大きさこそあれ、それらに通底して

いるのは、やはり我々国民全体の知性の劣化が根本にあること

が良くわかった。

そういう意味で、第2部で話していた「そもそも」を追求して

いく探求心を、本や議論の中で身につけていくこと、意識して

いくことが重要であるということがわかった。

(埼玉県・49歳男性・機械設計)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゴー宣道場」を「言葉の意味合い」を共有できる共同体として、

常識の確認を行う必要があると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(第1部)言論の自由が制限されている状況が国民に認知され

ないままに進んでいることが大変に恐ろしいことで相当に

危ういのだが、国民がほとんど関心を向けないというのが更に

危ういと思った。

このままなのかと思うと、大変暗い気持ちになる。

(第2部)最近アマゾンで本を買うことが多いので少々耳が

痛いと思った。

人文系がどんどんけずられていくと、自分で考える人間と

いうのが増々減っていく。

言論の自由に対して疑問を持たず、国家に飼いならされていく

人間が多くなると思うと、気分が重い。

(千葉県・25歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「権力に飼いならされた羊にはならない」というのは、

文学的感性であり、ロックでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

切通先生がいなくてゴジラの話が聞けず残念でした。

けれど、それを感じさせない内容とボリュームでとても

いい回でした。

始まる前に控室ではどんな話で盛り上がったのか

知りたいです。

(東京都・40歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は師範の人数が少なかったので、テンポよく進んだと

いう面もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高森先生の「ニューヨークに核を落としてやる」発言に

ものすごく共感しました。

やるやらないは別としても、その気概なしにアメリカと

付き合うのは非常に危険と感じます。

(東京都・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その通りですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民の感覚が劣化すればするほど、政府などの権力による

悪い意味の統制が、知らず知らずのうちに進行してしまう

ということが本当に起こるのですね。

自分の住むこの日本で既にそんなことが起こっているのだ

と思うと、目に見えないから余計に恐ろしいです。

(東京都・38歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思想家は見抜かなければならないし、ジャーナリストは

暴かなければならない。

それを邪魔して権力の側を守ることが、保守だと思い込んで

いる異常者がいるんだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人文学的な教育がおろそかになっている事。それを推進

している政策。

日本人としてのアイデンティティを失わせていくに決まって

います。

権力に対する危機感を私も持って、バランス感覚を大切に

したいと思います。

(神奈川県・53歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国が人文学系の学部を消滅させようとしてるのに、保守を

自称する者たちから何の文句も出ないという、これこそが

劣化!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も大学、大学院では哲学を勉強したくて人文系に

入りました。

自衛隊においては弾道計算やアルゴリズム解析等で

理系中心社会となっておりますが、文脈を読み解く

「読解力」が求められているのも事実です。

大学から人文系を無くすことは人々の大衆化を加速して

しまうのではないか、と危機を感じました。

(神奈川県・45歳男性・海上自衛官)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゴー宣道場」の意義は皇統問題の解決だけではなく

なってきたな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「権威が衰えると“権力”が台頭する」

「皇室という国民統合最も理想的な“権威”を日本人が

どれだけ自覚しているか?」

「公に基づいた“言論の自由”か?」

「イデオロギーが介入しない“言論の自由”が評価され

ないと暴力を招く」つまり、「公に対する責任」が肝要で

あると確信しました。

(埼玉県・49歳男性・外食サービス業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しっかり聞いてくれてる人だな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「朝まで生テレビ」より1000倍楽しめました。

師範の方々の意見も伺えて、小林先生の生の演説(講義、意見)

を直接うかがえたのが、感動でした!

「言論の自由」というと抽象的で、実感のわくテーマではない

ようで、実は自分たちに密着したテーマだと思いました。

『孤独を貫け』も買わせていただきました。

また来月も時間があれば、お伺いさせて頂きたく思います!

(埼玉県・42歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ来てください。7月は師範の人数が多いが、予測不可能な

展開になるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笹師範が、オバマの演説について「虫唾がはしる」と

言われたことに「その通り!」と快哉を上げたくなりました。

「あいのり」や「テラスハウス」と同じレベルで感動したがっ

ている人が多くいるように感じました。

(東京都・43歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オバマって美辞麗句が得意なんだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エゴの言論の自由と本当の言論の自由の差を考える事が

できました。

山本一太、二太、三太、何十太には笑いました!!

ステージがとても近くて一体感を感じられました。

あっという間でした。

これは動画では分からない事で、参加されている皆様の

レベルの高さを感じ取れます。

55回積み重ねた道場の歴史を見せて頂きました。

この空気感を、ぜひ、関西の皆さんにも伝えたいと思って

います。ありがとうございました。

(京都府・42歳女性・接客業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

87日の関西版「ゴー宣道場」も気合い入れたものに

なりますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消費税増税の見送りも、やはり安倍政権の単なる別の

たくらみなんだと強く感じました。

沖縄の事件も、確かにオバマ大統領が広島に訪問してから

報道されなくなり、言論の自由と言っても規制されている

ようでおかしいと思いました。

(埼玉県・44歳女性・金融事務)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれはマスコミが自主規制してるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木蘭師範の、オバマ大統領に対する話が、キレッキレで

面白かったです。

核のボタンの話は、恥ずかしながら知りませんでした。

大体、元米兵捕虜を連れてこようとしていた点でも、

気分が悪いと思っていたのに、演説がさらに気色の悪い

ことに…。

でも、一番気色が悪かったのは、日本の反応です。

発狂するかと思いました。

清水さんもゴー宣道場にいらっしゃっていたのですね、

びっくりしました。『孤独を貫け』読ませて頂きました。

最近、師範方の本か、ゲストの方の本しか読んでいない事に

気がつきました。

今の時代、本屋に行って、ゆっくり本を眺めて、興味のある

本をぽんぽん買うという行為は、すごく贅沢な娯楽なのかも

しれないですね。

近いうち、清水さんの本屋さんに行ってみたいです。

(東京都・39歳女性・看護師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界中で被爆国・日本だけが、異様なまでに原爆投下国の

大統領の訪問に感激している。

これって中東の人々から見たら理解できないだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言論の自由と聞くと、表現者にとって関わりの深いことで

あると無意識のうちに思っていたが、実はその自由の規制で

私たちの思考の幅が狭くなるということに気づかされました。

また、民主主義多数決というのも間違いで、「公のために

熟議した上での多数決」だと話を聞き、各々の主張がエゴか、

それとも公のためか、しっかりと見分ける必要があると

思いました。

人文系の学生として、近年の大学教育における文系軽視は

残念に思う。

私は法学を学んでいるが、言語学や文化・芸術を学ぶ友人

たちと語り合うと内容が非常に充実していて、文系の

学問の必要性を感じることが多々ある。

暴力を排し、言論によって世の中を少しでも変えられる

よう、勉学に励みたい。

(静岡県・19歳男性・大学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしは本を読むために大学に入った。

今のうちに本をたくさん読んでおきなさい。

社会人になったら読めないよ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ