ゴー宣ネット道場

アンケート
2012.3.14 16:27

第23回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その1

よしりん先生と
道場生(アンケート)の
対話をお送りします!

 



東北大震災、
福島原発事故から丸一年、
3月11日に
「第23回 ゴー宣道場」
が開催されました。


テーマは

『3.11以後、発狂した政治・言論を撃て!』

です。

震災の話を総花的に
やるのではなく、今回は
発狂した言論にふさわしい、

「放射能の安全神話が
 ねつ造されようとしている危機」

の一点を暴き出すことに
集中する議論を展開しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 天皇陛下のお言葉での始まり、とても良かったです。目頭が熱くなりました。

  師範方のお話を伺っているとたしかに不安にはなりますが、震災から一年経ち
  常に非常時の事を考えていなければならないと痛切に感じます。
  危機管理があまりにも無さすぎだと思います。

  (福岡県・46歳女性・主婦)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


不安を直視させるのは、
道場の役割です。


国の内外に危機があって、
不安があるのは当然のことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 小林先生の「この道場は、癒しの場でなく思想する場である」という言葉に
  感動致しました。同感です。現実の世界がどんな冷酷無比なものであろうと
  我々は真実、真理を追い求めていきたいです。

  (神奈川県・34歳男性・フリーター)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


嬉しいなあ。
そこに反応してくれるとは絵文字:重要


癒しなら被災地を訪れる
芸能人に負けます。


我々には我々が
やらねばならぬことがある。


冷酷無比に見えようと、
思想は続けねばなりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 「大人は子供を守る」「苦しんでいる人を助ける力がある人がかばう」
  「お金より命が大事だ」そんなあたりまえのことがなされていない現実と
  戦わなくてはいけないと思いました。
  今日先生方のお話に感動したことを自分の力にして、苦しい現実を見すえて、
  天皇陛下の御心にそって行きたいと思います。

  参加させていただきましてありがとうございました。道場で先生方のお姿を見て
  お話を聞けることは夢のように幸せです。それをムダにしないように私自身を知って、
  がんばります。

  (栃木県・36歳女性・アルバイト)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いい意味での女性らしさって
やっぱりあると思える
感想ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 「低線量被曝は安全」だとか「むしろ健康に良い」という説は、鼻で笑ってしまう
  ようなトンデモ説だと思うのですが、これをそれなりの立場に居る人が公然と唱え、
  大手の出版社が発刊し、何より信じる人もいるというのがとても恐ろしいと思いました。

  (東京都・37歳女性・会社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100ミリシーベルトが
 健康には最高にいい」

と言ってる
アメリカのイカレた人間に、

「名誉さむらい」

の称号を与えたとか
言ってるんですからね。


堀辺さんが「殺す」と言うのも
仕方がないですよ。


それを
日下公人や岡崎久彦や
渡部昇一が信じてるんですよ!


オウム真理教に嵌った
秀才の若者たちを
嗤うことが出来ますか?

まさに 「発狂」 です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 福島原発第4号機プールの危機的状況がそこまでとは知りませんでした。
  そして改めて、「非常事態」は継続しているということを思い知らされました。
  先日、姉に『反TPP論』を読ませて、如何にTPP参加がアホなことなのか
  わかってもらうことができたのです。
  自分自身もそうですが、せめて草の根作戦くらいで貢献できるかもしれません。

  (東京都・49歳男性・会社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そうやって一人ずつ
増やしてくれるだけでも
ありがたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 福島県民に対する差別を無くするためにはどうすればよいのかという問いに
  対するお答えがいただけてよかったです。
  ベラルーシを例として放射能についての正しい教育・被曝者に対する正しい
  医療行為を政府が行わなければしょうがないと理解しました。

  (東京都・34歳男性・校正)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


差別といっても、
部落差別や朝鮮人差別とは
深刻さが違うと思います。


一過性のものでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ ゴー宣道場が始まって2年となり、TPPに関する知識の普及にも一定の成果を
  得ているにもかかわらず、国内外の問題に対応する政府の動きは混迷を
  極めているとしか思えません。明らかにまちがっているとしか考えられない理屈が
  堂々と語られる事にいら立ちすら覚えます。
  私個人には周囲と対話をし、本を勧め、正しい情報を広める事ぐらいしか
  できないのですが・・・。

  (福岡県・46歳男性・歯科医師)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いやもうそれだけで
十分です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 今回が初回ですが、道場で国家や国民の現在と未来のための公論をするのに
  国旗がないのはなぜですか? 日の丸で先生と繋がっていると思っていたので
  残念です。

  (埼玉県・40歳男性・自衛官)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もっと大きな会場なら
上げたいですね。


今の会場なら
「ゴー宣道場」の旗を
降ろすしかないでしょう。


そうなると動画で見る人に、
「ゴー宣道場」を
アピールしていく効果が
弱まります。

我々は、

「国旗を揚げさえすれば、
 愛国心に基づくりっぱな集会だ」

という右派の安易な
自己肯定に与しません。


国旗を揚げて
朝鮮人差別を叫び、
国旗を揚げて男系絶対と叫び、
国旗を揚げて
放射能は体にいいぞと叫ぶ
団体だってあるのです。

 

国旗は神聖なものであり、
自己肯定のために
利用するものではありません。


わしは形式主義が大嫌いです。


我々の中に、
常に日の丸の国旗は
掲げられています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 戦争論を呼んで教師になりました。ずっとよしりん先生のお話を直接聞いてみたいと
  思っていて、今回は特に興味のあるテーマだったので参加させてもらいました。

  このような公論の場を用意して下さったことに大変感謝しております。
  初めての参加でしたが、目からウロコの話ばかりで、また自分自身の危機意識の
  甘さも確認することができ、とても勉強になりました。

  参加させていただき、本当にありがとうございました。またぜひ参加させて頂きたいと
  思います。

  (東京都・25歳男性・小学校教諭)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぜひぜひまた来てください。
みなぼんに言っとくよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 妻の実家が釜石市で、一瞬に家屋も流され、幸い日頃から津波に警戒していた為、
  家族全員無事でしたが、いまだに仮設住まいで、もとの家の跡にはがれきが
  残ったままです。

  TPPといい原発といい皇統問題といい、復興問題も全てが、願わざる方向に
  進んでいるか停滞している。国民全てが白痴化している。事なかれ主義で、
  先送りをくり返してきた自民党政権時代のツケが今表出している。
  民主党政権もダメなのに、期待をどこにも寄せられない。

  (東京都・51歳男性・会社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そうですか。

奥様の実家が流されたという
当事者も来ておられたのですね。


未だに仮設住宅ですか。


一年経って、
ようやく瓦礫の処理を
文書で指示する段階に
来たところでしょ。


遅いよねえ。


政局を考えるのが
国会議員の仕事に
なってるようなこの事態には、
怒りを覚えます。


国民とメディアの責任も
大きいですからね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 左の人は平時に有事を想定することを認めず、右の人(保守)は有事なのに
  平時にしてしまうなんて、左も保守もおかしいんじゃないでしょうか。

  確かに放射能は現在のところ未知(非知)の部分は多分にあるかもしれませんが、
  だからこそ最悪の事態を想定して対応するのが国の責任だと思います。
  極端な言い方ですが、50年後、100年後に放射能は安全だということが
  科学的医学的に証明されれば、それはただ「よかった」と言えばいいだけですが、
  その逆だった場合、そこに至るまで多くの人の健康、人命が犠牲になっているわけで、
  そういうわけにはいきません。
  今の福島の現状は母親のひとりとして胸がしめつけられそうです。

  (40代女性・会社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この意見、
100%頷けますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


20ミリsvまで大丈夫という政府のいい加減さは、国家予算を気にしたものだろうか?
  初期の情報隠しを気にしてしまうと、今流通している農産物にも疑いをもってしまう
  気がする。私の年齢では、どんな物を食してもいいのだが、娘に食べさせるものを
  積極的に被災地のものにするという気にはなれない現実もあります。
  すいません・・・。

  (神奈川県・49歳男性・会社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わしは店で
被災地の食材とか、
福島の酒とか書いてあると、
注文していますが、
子供にはと躊躇する
親の気持ちもわかります。


だからこそ、
国家が正確な情報を与えて、
不安を解消しなければ
ならないのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 原発を推進する人たちが、どんな手口で人を誘導してくるのか、いくつも示されました。
  これからもしかするともっと違う方法で仕掛けてくるかもしれません。その時には、
  今日学んだ、自然の力と文明では自然が時には勝ち、今回以上の原発事故が
  発生しうること、そしてそれにより、子供たちの将来が脅かされることを何度も
  思い起こして判断しようと思います。
  今回被害にあった方のためにも、今回の被害や混乱を最小限に留めるために
  尽力下さった方々や天皇陛下に報いるためにも、正しい判断ができるように
  なりたいと強く感じました。

  (東京都・34歳女性・会社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本人の気質のままでは
騙されるからね。


日本国民として
考えたいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 福島第一原発事故が起こった時に米国は在日米人に80Km以上避難するように
  指示をしたという話を聞いた時、それが原発を持った国の当然の態度だなと思いました。
  原発事故発生当時、TV等で原発が爆発し、煙が上がっているのを観ても、
  大した危機感を持てなかった自分の平和ボケ振りに今更ですが軽く絶望しています。
  (他人より危機管理はできているという自負があっただけに)

  (東京都・36歳男性・自衛官)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


核を持つ国だからこそ、
当然の恐れ方
だったのでしょうね。


日本は放射能に対する
恐れさえなくそうと
してるのですから、
ボケを通り越して発狂してます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 「非常時の規定がないということは、非常事態が終わる時の規定もないという
  ことであり、政府が破ったルールはずるずると破られたままになるという危険性を
  はらんでいる」高森先生のご指摘にまた気づかされました。
  最悪の事態の想定がないことそのものの危険性に自分の頭がなかなか
  追いつかないことがまた、今までの自分とその周りの平和ボケ具合を示して
  いるように思います。

  (神奈川県・24歳男性・大学院生)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


20
ミリシーベルトの地区で
子供が遊ぶ日が
来るんでしょうかね?


すごいことですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 今回の道場では、改めて憲法改正の必要性を痛感いたしました。
  福島原発は非常時ということを理解せずに被害を拡大させましたし、
  皇室典範も、憲法下から分離しておけばここまでこじれなかったと思います。
  TPPも、国際関係には悪意は存在しないという憲法の精神性を色濃く
  反映していると思います。
  いまの日本の3大懸念事項は、全て憲法に起因していると言っても
  過言ではないと思います。

  (神奈川県・25歳男性・大学生)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まったくその通りだな。


大学生もいいこと言うな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ チェルノブイリの時に、あまりのこわさに図書館の原発関係の本を全て読み、
  消防士の奮闘ぶりをとったビデオもこわいものみたさに見ました。

  あの時周囲の人に「原発はあぶない」とさんざん言ってきましたが、
  結局私のしたことはそれだけ、それっきりでした。

  今娘が妊娠中で東京に住み、勤務地は千葉です。名古屋から見ると東京も
  正直こわいです。

  女性宮家のテーマも興味あります。過日サピオにのっていた男系派の論文は
  まさにきちがいじみていましたね。目がすわっているような。

  来ている人の年齢層が案外若いことに、すごく安心感をおぼえます。

  (愛知県・55歳女性・主婦)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「名古屋から見ると東京もこわい」

なるほど。
そういうものかもしれない。

 

SAPIOに載っていた
男系派の論文って、
小堀桂一郎ですね。


普通に国語力がある人は
そう読めるよね。


ところがあれを

「我が意を得たり」

と読むのが
男系派なんです。


そんな連中を気にしてるのが、
自民党の政治家の中には
いっぱいいるんですよ。


こわいよねーーーーっ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 福島の子供の命は、たとえこの後甲状腺ガンなどが増えたとしても、因果関係を
  調べるのは難しく結局うやむやなまま葬り去られるのでしょう。それを見捨てる
  原発推進派の考え方はニヒリズムであり、実は武士道の感覚でもあるが、
  それが保守派=推進派のよって立つところなのだという最後の小林師範のお話は
  非常にショックを受けました。それは言われてみてはじめて気付きましたが、
  私自身の考えでもありました。

  ゴー宣道場はニヒリズムとは絶対にたもとを分かつというのは、今日一番感銘を
  受けた(考えさせられた)お話でした。

  (宮城県・44歳男性・会社経営)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やっぱりこの人、
知的なんだよな。


わしのあの最後の話を
ちゃんと聞きとるんだもんな。


もう少し緻密に言えば、
保守派の武士道は
解釈が間違ってると
思うけどね。


堀辺さんに
聞いた方がいいよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ まず、よしりん先生痩せました? 1月の道場初参加の時より細いような・・・
  気疲れだとしたら、少し休んで下さい。

  今回も色々勉強になりました。道場の空気がより自分を公の立ち位置に
  してくれる気がします。本で読む(まんが含め)のより、生の声がより響きますね。

  ※ 追記:AKB48もいいですが、ももいろクローバーZもいいですよ(^_^);元気出ます。
  是非!「怪盗少女」をYouTubeで聴いて下さい!(アイドルフェス2010のライブ映像が
  おススメー★)

  (東京都・29歳女性・派遣社員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


明るい女性は好きです。


ももクロの良さはわかるけど、
わしに浮気させないで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 私も、震災後の原発に関する政府の発表は信じてませんでした。
  だってあれだけの状態になったのに放射能は問題ないとする発表に、
  直感的にありえないと思えたからです。
  ただその時の政府を腹立たしいと思えなく、パニックをおさえるためには
  仕方がないだろうなと思ってましたし、逆に情報を全部そのままたれ流して
  しまう方がバカだろうと思ってました。
  しかし、これからはあの時の真実を出し、これから何が必要か、安全神話に
  負けずに打ち出す時期であると思いますが、どいつもこいつもみんな逃げに
  走ってしまうんでしょうね。

  今回は深くて重いテーマで、脳ミソが疲れました。とても中身が詰まった議論で
  勉強になりました。ありがとうございました。
スタッフの方々もご苦労様でした。

  (神奈川県・42歳男性・介護相談職)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


情報公開とパニックに
ついての分析を
詰められなかったなあ。


今後の覚悟として
もっと議論すべき点だった。


第二弾の回答は
明日あたりかな?

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ