ゴー宣ネット道場

アンケート
2012.3.15 16:31

第23回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その2

今日も、
よしりん先生と
道場生(アンケート)の対話を
お送りします!

 



「第23回 ゴー宣道場」
のアンケートへの回答、
第2弾です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 天皇陛下のお言葉と黙祷のため、いつもより緊張感のある道場だったと思います。
  福島県の現状を最近テレビでもよく見かけます。加えて今日、4号機の話も聞いて、
  いっそう原発はいらないと思いました。福島で故郷に帰れない人の話を聞いて
  何も感じない人は、人ごとだと思っているのでしょう。
  しかし今日、ベラルーシの話を聞いて、希望はあるのだと分かり、安心しました。
  (大阪府・24歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まず、国がこの地区は
帰らせると決めたら、
徹底的に国費を投じて除染を行い、
きめ細かな放射線マップを
作ることから始めるしかありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「子どもを守りたい」何回も小林先生がおっしゃったのがとても印象に残りました。
  私も小林先生と同年代です。自分の人生などあと数十年。でも孫の世代が
  これから生きていくこの国が、メルトダウンしてほしくありません。何としても
  それは阻止せねばと思いました。
  (東京都・57歳女性・派遣社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NHKの
『埋もれた初期被爆を追え!』
では、浪江町津島地区の事故直後の
ヨウ素による甲状腺等価線量は、
推定最大値で、4歳児の
飲食が434ミリシーベルト、
呼吸400ミリシーベルト。
1歳児の飲食が
811ミリシーベルト、
呼吸753ミリシーベルトという
データが出されています。

健康影響を防ぐための
措置が必要な
100ミリシーベルトの
8倍 です。

この数値は十分
センセーショナルなものだと
思いますが、NHKが
地味に報道したために、
世の中に全然伝わっていません。

この番組を見た人すら
なかなかいません。

「不安を煽るな」
と言いますが、
本当は誰も関心を
持ちたくないだけです。

国民が関心のない事実に、
政府が関心を持つはずが
ありません。

政府と国民の関心はすでに
「今年の夏の電力は足りるか?」
ということのようです。

電力不足の不安なら
存分に煽られて、
そして原発の再稼働が
進んでいきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 非常事態に際しての国の行動の遅さ(なさ)、これからの福島の子供たちへの
  国の覚悟のなさを感じました。ベラルーシという国、あまり聞きなれない国
  だったのですが、しっかり子供のために医療をやっていることを知りました。
  国民のための国、国のための国民という関係を強くもつことが今後の
  日本のために重要と思う。
  (東京都・38歳男性・特別養護老人ホーム職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5年後くらいにまた騒ぎ出すまで
待つしかないのかな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 薬害エイズの運動時に、なぜこのようなことが予防できなかったのかと憤りを
  とても感じていました。今まさに、同じようなことが福島で現在進行形で
  “ 今そこにある危機 ” がある中で政治家だけでなく我々も危機を直視する
  覚悟が問われているのだと思います。
  放射能は安全だと言うマスコミ、学者は自分の家族を含めて福島へ移住するか
  土地を買うなりしてみたらとのよしりんの発言。
  「王様は裸だ」というよしりんの言論スタイルの振れのなさに感銘を受けました。
  (埼玉県・38歳男性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もう薬害エイズのような運動には、
わしは参加しません。
だから今のうちに
警告だけは発しておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 最近特に目立つのが保守側の言論の乱れですが、小林先生がおっしゃって
  いたように、保守の言論は反左翼としての言論でしかなく、結果的にそれが
  政府の福島の人々に対する不作為を助長することにつながっていると思います。
  それを保守側が全く気がつかないところに問題の根深さがあると認識させられました。
  (埼玉県・36歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来週発売の
「わしズム」
が成功したら、
もっと花も実もある
新たな言論の世界を作ることが
できるんだがなあ・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ トンデモ(本)というのは身なりからもわかることなんですね。身なりは大切ですね。
  僕も気をつけないといけないと思いました。和服に憧れがありましたが、軽々しく
  着るわけにいきませんね。
  (東京都・34歳男性・司法書士事務所補助者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本の保守派が妄信している
ラッキー博士の和服の着付けは
トンデモデタラメです!
ホルミシス説に対する批判を
「WiLL」に書きましたから、
発売されたら関心のある人は
読んでください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 入り組んでしまっている事態、物事に対して非常に明瞭に説明してもらいつつ、
  日本国家としてどのような形で非常時の覚悟を持つべきかという公の論を
  聞かせていただきました。なにより子どもたちを中心に考える姿勢には、
  結果として自称保守のジジイやそれに影響をあっさり受けるネトウヨの
  薄っぺらさを感じさせました。
  女性宮家について、承詔必謹の右翼はどう思っているのかと思ってましたが、
  竹田にひっかかっているとのことでガッカリしました。
  (東京都・34歳男性・CGデザイナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしも同じ思いです。
失望だらけですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 今回、テーマがテーマだけに、どの師範方も、お声や態度にすごく熱が入って
  いらっしゃると感じました。
  質問された方に対しての質問内容への的確なご指摘を聞いていると、私たちには、
  あらゆることを想定した考えということが、まだまだ足りないのだなと気づかされます。
  今回は特に笹師範が大変、ご苦労をされたことと思います。毎回、私たちに
  「お疲れ様でございました」とおっしゃって下さいますが、笹師範へこそ、
  「大変お疲れ様でございました」との言葉と感謝の気持ちを伝えたいと思います。
  (東京都・35歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
笹さんは男にも女にも
好かれていいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「東京モンが安全圏からモノ言いやがって」という被災者の声をきくと、
  悲しくもあり確かに・・・とも思う。だが人間あまりに悲しいことがあると、
  怒りを以ていないと立っていられない時もあるだろうと察することもできるし、
  当事者以外の意見は必要な時もあるだろうから、被災地について、
  災害について語りあうことはしなければならないと思う。
  (千葉県・45歳女性・派遣社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
被災者にもいろんな人がいます。
長期間見捨てられていれば、
恨み言の一つも言いますよ。
それを気にして議論が
自粛気味になることは
絶対にいけない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「差別」について質問された方がいたが、まさに65年前長崎の原爆についてあった
  差別(結婚など)と同じことと言える。偏見を防ぐような情報提供・教育とともに
  田上さんが言われたような被害者意識を時にはしかるような意識の持ち方も
  必要だと思った。
  (長崎県・41歳男性・小学校教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長崎の人か。
長崎では原爆の被害者に対する
「差別」 が深刻だったんだろうな。
福島はそこまで
深刻にはならないと思う。
人間には必ず
「差別」の感情が産まれる瞬
間があると思います。
あとは教育と、
周囲の人たちの態度で、
和らげていくしかありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 僕は福島県双葉町住民です。今、家族は郡山市に避難して生活しています。
  父は福島第二原発の職員です。父と話すと「放射線なんて大した事無いから
  帰れる」といいますが、燃料プールの話を聞いてゾッとしました。安心なんて
  やはりまだまだできませんね。
  先生が「『ゴー宣道場』は癒しの場ではない」とおっしゃっていましたが、
  被災者としては、本気で考えてくれる師範方や道場生に勇気を貰えた気がします。
  そして政府の緊張感の無さ、それが憲法にまで繋がっているということに
  衝撃を受けました。
  余談ですが、実際に見る笹師範の可愛らしさにビックリしました。
  (東京都[実家双葉]・28歳男性・学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まさに当事者のこういう人が
参加してくれて、
意見を表明してくれることは
大変ありがたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 小林先生が小学校の先生の質問に答えた教育論で、もともと日本人が
  自然に対して敬虔であり、自然と共存してきたことを改めて思い出しました。
  良き日本の伝統を取り戻したいです。
  (埼玉県・45歳女性・自衛官)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当たり前のことを言い過ぎてるかな
とも思ったんですが、
人が忘れてしまっているときに
思い起こさせることも
必要なのかもしれませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 震災後一年経ちましたが、私個人の感想ですが、日本はさらに混迷を増した状況に
  陥り、停滞感が覆っているように感じます。
  東京に住んでいて東北に足を運ぶ機会が少ないほど被災した方々と、そうでない者の
  感覚のずれ、さらには溝が広まっていると思います。そんな停滞感から抜け出そうと、
  国や企業はTPP参加に走り、グローバルという弱肉強食のアメリカニズムのイデオロギー
  が打破するものだと信じてやまないのではと感じます。
  私は今の日本に先ず必要なものは、皇統継続の安定であると思っています。
  (東京都・39歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まったくその通りだと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ ホルミシス説が最近になって急に出てきたような認識で議論が進んでいたように
  思ったが、15年位前私が技師学校行ってる頃から授業で紹介されていました。
  (こういう説もある、という感じで)
  もちろん「癌、遺伝的影響は確率的影響しきい値なしとみなす」が解答でした。
  TVで御用学者が「100msv以下は癌発症は証明されていない」という言い方には
  不信感を抱きます。せめて「分からない」とか「私達の研究ぐるーぷでは・・・思います」
  という言い方すべきですよね。
  サイン本、値段高めでよいのでもっとたくさん売って下さい。欲しかった。
  (神奈川県・44歳男性・診療放射線技師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしは絵を描かなきゃならないから、
20冊でも大変なんですよ。
しかも同じ絵を描くのも苦手で、
一冊づつ違う絵を描いちゃったり
するもんだからね。
わしだけあらかじめ仕事場で
描いたものを持ってきて、
控え室で他の師範方に
寄せ書きのように
書いてもらってるんです。
下描きなしでマジックで
いきなり絵を描くのは
本当に苦手なんだよなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 原発は確かにヤバイけど、ここで物理学を停滞させていいのですか。
  核武装する時の障害になりませんかね。
  (東京都・47歳男性・自営業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原発のない国は、
核武装できませんか?
イスラエルはどうですか?
北朝鮮は?
自分で勉強してみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 真摯で充実したお話を聞いて、日本人の傲りを感じた時、以前農業の仕事を
   していた時に見た、美しい山々を横断する送電線に鼻白んだ記憶が蘇りました。
   たとえば車でもどんどん性能があがり、人を殺してしまうかもしれないものを
  運転している自覚や注意力すら奪って、文明が今度は人間をどんどん野蛮で
  凶暴にしてしまう、そういう時代を相手に闘わなければならない師範方のご苦労は
  はかりしれませんが、男としてなんてやり甲斐のある挑戦なのかと仰ぎ見つつ、
  微力ながら応援していきたいと強く思いました。
  (女性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うわっ!

そんな風に見てくれる
女性もいるのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 今回は、いつにも増してあっという間に道場が終わってしまいました。
  特に堀辺師範のお話が最高でした。尊敬すべき師範です。
  よしりん先生が道場の最後でお話された事。保守論壇と武士道的死生観の
  結び付きの危険性を説かれていたのがとても納得できました。自分も武士道的
  死生観を良しとしている人間なので、気をつけようと思いました。
  (埼玉県・30歳男性・会社経営)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
武士道は子供すら見捨てる
ニヒリズムではないよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 小林先生の最後の言葉が本当に心に響きました。私達が正しい公論をつくり、
  日本を変えていかなければ、子供達の未来が危ないと思います。
  原発問題も女性宮家の問題も、今まで私が心をよせていた保守の先生方が、
  ある意味カルト化してしまっているのは、大変残念なことであると思います。
  今回の3.11が首の皮1枚で最悪の事態を免れることができたという事実を
  しっかりと受けとめる必要があると思いました。
  (埼玉県・27歳男性・製造業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
保守知識人を無条件に
信じてはダメです。
目的のために詭弁を
弄するのは当たり前、
歳をとっても人の注目を
惹きたいがために
極論・暴論を吐く、
そんな人物ばかりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 不安をあおるな!と言う事が、福島の子供達を本当に守る事になるのか? 
  ここが一番重要であると思います。
  今後どのような健康被害が出るかわからない。だったら、現実をきちんと
  受け止める勇気を与えてあげたいです。自分の子供と同じように考えたいです。
  未来の子供を本気で守る気のない人は、すでに人間の本能がおかしくなっている。
  一番シンプルだが、一番大事な事ですよね。
  不安をあおるなと、最悪の事態を考えて行動する事を、自分の不安状態に
  耐えられず、封じてしまおうとするような事では、とても自主防衛、核を持つことは
  出来ないだろうと思った。
  最悪の事態を考えられなければ、核を持つのはキケンすぎます。
  日本人全体のレベルアップが必要なのかもしれません。
  (千葉県・41歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「最悪の事態を考えられなければ、
 核を持つのはキケンすぎます。」
貴重な意見だと思います。
この論理には納得します。
 
以上でアンケートに対する
回答は終わりです。

次回、4月8日(日)の
「第24回 ゴー宣道場」も
エキサイティングなものに
なるでしょう。

果たしてネットユーザーの
援軍はあるか?

ネトウヨが3月21日発売の
「わしズム」を読まないで
襲来した場合は、
『ゴー宣』のネットユーザーに
袋叩きにされるはずです。

楽しみですね。
 
 
 
 
 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ