ゴー宣ネット道場

アンケート
2011.12.17 16:38

第20回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その2

よしりん先生と
道場生(アンケート)の
対話をお届けしまーす



 

「第20回 ゴー宣道場」
のアンケート回答、
第二弾です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 小林先生の天皇陛下のお話で、産経新聞の記者も「女性天皇を考えても
  いいんじゃないか」という記事を書いているという話を聞いて、自分は
  女性天皇で良いと思うし、早く天皇陛下に安心して頂きたいと思うので、
  一刻も早く国民が女性天皇を認めて天皇陛下を安心させてあげたいと思いました。
  (埼玉県・19歳・学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発売中の
「文芸春秋」 の記事に、
一代限りの女性天皇と
女性宮家を考えるときが
来たとありましたが、
書いたのは
産経新聞記者でした。
「一代限りの女性宮家」 では、
将来、悠仁さま一人になる
危機から免れませんから
宮家を作る意味が
ないのですが・・・
なんにせよ
産経新聞の記者が
「女性天皇」「女性宮家」
を認めてもいいと
公言するところまでは
きたということです。
産経新聞本紙の方は、
振り上げた拳の
降ろしどころが見えなく
なっているのでしょうが。

しかし、君のように
「早く天皇陛下に安心して頂きたい」
と考えるのが
国民常識だと思うよ。

男系固執派には、
そもそも陛下への
敬愛の念がないからね。
「皇統はオレ様が決める」
と思ってるのだから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 切通師範のお話が印象に残りました。「経済戦争は武力よりこわい」
  TPP賛成論者は、これが経済戦争だと考えていないのではないでしょうか。
  単に、従来からの貿易の発展版程度にとらえているから、高度経済成長を
  思い浮かべ、勝てると思ってしまうのではないでしょうか。
  (神奈川県・28歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そもそも外交の背景には
軍事力がなければダメです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ TPPの反対論が一般に感情論と言われているけれど、小林師範のお話から、
  賛成論こそが感情論となっていることが理解できました。
  TPP反対論のほうが歴史の経験から理性的といわざるをえず、感情論という
  批判は、反論できなくなった人の言い訳だなと感じております。
  (東京都・18歳男性・大学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TPP賛成派こそが
「感情的」 なのは
今後も証明してやるよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ アメリカを中心として世界(TPP加盟国)の金持ち達だけがもうかるのが
  TPP、グローバリズムなのだと、改めてわかった。
  その他、多数の人々は、そこそこ生活するだけのお金を得る事もできなくなり、
  地域に根ざした、素朴な愛情がある幸せとは遠くはなれていってしまう。
  私の子供の将来が本当に心配になります。結婚して、安心して子どもが
  産めるような未来を残していきたいです。
  (千葉県・41歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
独身女性の30%以上が
「貧困」になってるという実態が
最近発表されましたよね。
貧困から抜け出すには、
高収入の男を探すしかなく、
そんな男もなかなかいないから、
結婚できないのは
当たり前ですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 70年ぶりに迎えた戦争前夜。私たち日本人は彼ら「アングロサクソン・ユダヤ」の
  人たちのえげつなさを思い出さなければならない。世界を牛耳るのは今後も
  彼らであり続け、そのために、彼らは手段をえらばないであろうことを、
  私たちはしっかり認識する必要がある。
  70年前、世界の善意を期待して敗北した経験を忘れてはならないと思う。
  (埼玉県・48歳男性・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高度経済成長があったから、
戦争では負けても、
経済では勝てると、
思い上がり過ぎてるんだよな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 構造改革によって会社のあり方が変わり、構造改革推進派の政治家が今も
  出現しているという話があった。そういった政治家を選ぶのは自分達有権者なので、
  自分自身がブレないよう、しっかり勉強していきたい。
  お金の力によって、メディアの主張が左右され得るということは頭に常に置いて、
  ミスリードされないようにしなければならない。
  (東京都・40歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
橋下徹や小泉進次郎に
すり寄る政治家が多いからなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 五反分氏が「総取り型資本主義」に進むのか、「みんなで共有する資本主義」を
  選ぶかで日本の将来が決まると話されていましたが、日本の長い歴史の中で
  培われた信頼関係を大切にしないと、弱肉強食の資本主義になってしまうと
  感じました。
  (東京都・31歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
然り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 五反分さんのおっしゃっていた、基本的に日本人はアメリカ人が好きというのが
  非常に危険な気がしました。中国ぐらい分かり易い悪だったら警戒のしようも
  ありますが、アメリカ人がうまいこと言うとコロッとだまされることが多い気がしました。
  私も小林先生の作品を読んでいるにもかかわらず、何度もマインドコントロールに
  ひっかかってしまい、その度に「ゴー宣」でたたきおこされるような感じがします。
  (神奈川県・38歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしは特に
欧米人を好きと思ったこと
ないなあ。
アン・ハサウェイと
アンジェリーナ・ジョリーと
ジェシカ・アルバと
ミラ・ジョボヴィッチと
キーラ・ナイトレイと
スカーレット・ヨハンソンと
ペネロペ・クルスと
ケイト・ブランシェット
くらいしか好きじゃないぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「既得権益は悪じゃない」という師範の意見は、感動しました。
  正にその通りだと思います!
  既得権益が壊れたから、現在の格差社会が生まれたんじゃないの?と
  ずっと思っていました。
  日本の求める幸福とは「労働」に尽きると思います。それもサラリーマンの様な
  労働形態ではなく、自分が主体的になって働いている人々(つまり農家や
  自営業者)がもっともっと増えなければいけません。その為には、日本にはもっと
  既得権益、規制が必要なんだと思っています。地方が衰退したのは、
  大企業のみが勝ち残る世の中になったからだと思います。
  (埼玉県・30歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既得権益は
どこにでもあるでしょ。

原発にもあるし。

不当に利益を貪る
コネクションになったら、
修繕するしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ すでに私の会社でも契約書がないと何もできなくなっている。元々は口約束で
  億の金が動く世界だったのに、今や数万円で発注書が必要だったりします。
  日本の会社のよさがないです。
  (神奈川県・46歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現場からの発言は
貴重だなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 高森師範のイラク戦争についてのお話は衝撃的でした。ゴー宣道場ではすごく
  勇気の要ったご発言だったと思います。ですが、それを言ってしまう、
  告白してしまったというご姿勢は、誰もが尊敬するべきだと思います。
  (東京都・34歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしもちょっと感動したね。

彼はりっぱです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 高森師範の、アメリカが人工国家で日本が自然国家だから本質的に合わない
  という点と、アメリカがこの先も世界一の大国で居続けられないという指摘に
  視点を変えさせられ、驚きました。
  (神奈川県・31歳男性・学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
従米ポチはアメリカ支配を
望んでるからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 笹師範は指名も一流だとずっと思ってました。スピードも技のうちだと思います。
  今日は小林師範とペアルック感が出てて素敵です。
  (東京都・29歳女性・調理師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペアルック感?
全然気づかなかった。 
笹さんってセンスいいよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 私の購読している「長崎新聞」もやはりTPPに反対の論調です。
  長崎市に合併された旧町の小学校に勤務していますが、耕作放棄地の増加、
  児童数の減少、過疎化は進むばかりです。TPPによって更に悪化しないことを
  切に望みます。
  (長崎県・41歳男性・小学校教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長崎から来てくれたのかあ。
ありがたいなあ。

地方は反対なんだよな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 構造改革、グローバリズム、TPP推進派は思考停止してしまう耳にひびきのよい
  言葉をいくつか並べればいいだけですが、反対派はひとつひとつに説明しなければ
  いけないのは、不利としか言いようがなく、もどかしく思います。
  (東京都・40代女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まったくその通りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「修繕」はいいと思いました。
  システムをこわすとかでなく、こわれているから直すというのは正に絵文字:重要
  (東京都・36歳男性・自営)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一昔前は
「革新」 って言い方が
流行ってたんだよ。

それがいつの間にか
「改革」 になってる。

「維新」 も最近、
「改革」 や 「革命」 と
同じ意味で使われてる。

バカバカしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 日本は国を築いていく大局的な視点や外交を有利にもっていく気概のようなものが
  少なく思える。それはどこからきているのかわからないが、国益について考える上で、
  世界を見たとき、日本が悪として戦争をしたという罪悪感から入らねばならないことも
  理由にあるのではないかと思う。
  改善のためのベストな手段は今は思いつかないが、国を守る気概は教育で身につけ
  させていきたい。
  (埼玉県・34歳男性・高校教諭)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本型システム、
日本型資本主義は、
アメリカに比べてダメだと
思い込んでるんだろうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 弱肉強食、自由競争は日本の國がらには合わないと思います。
  自然淘汰を唱えたダーウィンに対して、日本の生物学者の今西錦司先生は
  棲み分け理論による進化を唱えました。こちらの方がグローバリズム競争より
  日本人らしいと思います。
  日本はガラパゴスであることを恐れる必要はないと思います。バスに乗り遅れても
  歩けばいい。TPPも原発もパックス・アメリカーナのためであり、日本の国益には
  なりません。商売のために国を売るのは許せません。アメリカ・グローバリズムに
  支配されるのではなく、世界を日本化していく方策はないでしょうか?
  (茨城県・40歳男性・科学者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのためには、
まず日本が再日本化
しなければならないんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 経済成長しても労働者の給料が上がらないのは凄く悔しいです。
  日本人にとって資本主義の形式は合わないと思います。昔の会社のように、
  会社は最後まで労働者の面倒を見て、労働者は会社が潰れるまで働き通す
  という共同体的な形式が一番日本人に合うのではないでしょうか。
  (埼玉県・16歳・学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16歳で昔の
日本型経営のこと知ってるの?

えらいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 僕を見ながら話してくださってありがとうございます。
  アメリカ陰謀論はよくわかります。今回のお話すべてがわかりやすくて感想が
  あまり書けないと思います。つまり直感的にわかった気がします。
  小林さんがおっしゃっていた好景気についてなのですが、僕の考えを書かせて
  いただきます。まず基本的に公務員の給料はいつでも同じです。しかし民間の
  給料は好景気の時は上がりますし、不景気の時は下がります。この状態からして
  好景気のほうがよいです。しかし、なぜ官僚は好景気にしないのか。
  それはプライドが高いからです。好景気にすると官僚の給料は相対的に下になります。
  しかし不景気の時は上になります。そのため、いまだ不景気なのだと思います。
  一種の陰謀論です。
  (東京都・14歳男性・中学生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほおら、
官僚はこんな風に
思われちゃったよ(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ グローバリスト、原発擁護、男系絶対ってなにかつながってますよね。
  いったい彼らは日本をどこに導いていこうとしてるんでしょうか。
  結局、彼らは日本の一番大事なもの「国体」「天皇」「国柄」を最初から
  わかっていないんでしょう。自分が何か言って目立てば良いという気持ちが
  根底にあり、ある一面から見るとそれなりに見えるのがやっかいです。
  政治家は選挙で落とせますが、声の大きな自己顕示欲の固まりの評論家は
  やっかいですね。
  (埼玉県・47歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まったく
その通りだと思います!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 小林先生の「日本人はどうして気づかないんだろう、なぜわからないのか」
  という問いに対し、五反分氏の政治と経団連の関係や、高森先生の記者の
  レベルの話、メディアと広告企業の話など、TPP参加賛成派の影響が大きいことが
  わかりました。
  一般大衆はメディアの影響を大きく受けることから、今は反対、賛成が拮抗
  していますが、今年初めの無関心の状況から比べたら大きく前進しているのでは
  ないかと感じます。これは小林先生を中心としたゴー宣道場によるところが
  大きいと思います。
  (埼玉県・47歳男性・自衛官)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうならいいが・・・

今後、どれだけ影響力を
発揮できるかだね。

第三弾もあるようです。

しかしトッキー、
いっぱい選んでくるなあ。
ひとことコメントでも
大変だよ。
 
 
 
 
 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ