ゴー宣ネット道場

アンケート
2011.9.14 16:45

第17回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その1

よしりん先生と
道場生(アンケート)の対話を
お届けしまーす絵文字:重要絵文字:笑顔

 



 

9月11日、
「第17回 ゴー宣道場」
『グローバリズムは歴史の必然か?』
が開催されました。

参加者が答えてくれたアンケートに、
わしから回答したいと思います。

あまりに回収された
アンケートが多くて
何回かに分けるしかありません。

まず第一回です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 初めて参加しましたが、生で師範の方のお話を聞くことができて、嬉しかったです。
  お金の話をするのは何ですが、この内容で1000円とは、映画やコンサートより
  安いです(笑)。こんなに面白くて奥が深い内容は、他では絶対聞けません。
  実際の現場の官僚の方をゲストにお呼びするのは、これからも続けてください。
  (44歳男性・会社員・初参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

利益は一銭も出さないように
運営しております。

すべて会場費や諸経費に消えて、
さらにわしが持ち出ししております。

がっはっは絵文字:重要

面白いと思ったら
また参加してください。
まだ来てくれる官僚はいますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 天皇陛下への謁見1カ月ルールの話から議論が始まったのは意外でした。
  それが段々とTPPの話に移り、最終的にグローバリズムの恐しさにまで
  発展し繋がっていく。濃密過ぎてついていくのがようやっとでした。
  切通さんの「市場主義が国民主義の上にきている」との意見が出ている
  というのはとても驚きました。どうしてそんなに脳天気になれるのか…。
  (31歳男性・アルバイト・5回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グローバリズムの基本は
「国家が市場の下に属する」
ということですよ。
これに自称保守も、
リベラルサヨクも賛成してるんです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 「1カ月ルール」に関しての、詳しい規則等はよく分かりませんが、要は
  「ご高齢の陛下の御身を第一に考える」ということが一番重要なのでは
  ないかと思うのですがどうでしょうか。
  このことを抜きにして小沢氏が政治利用しようとしたため、羽毛田長官は
  危機感を感じ、国民への周知も含め、あえて公言したと思います。
  (27歳男性・大工・2回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その通りだと思います。

世の中の官僚バッシングに
安易に与してはいけません。

TPPに反対したい官僚だって、
ときの政権が推進しろと言えば
逆らえないのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 冒頭に門弟のメーリングリストによる議論の内容について取り上げられて
  いましたが、是非ゴー宣道場の掲示板で公開してほしいと思いました。
  前回は震災後の会場の件で議論されたと記憶していますが、今回どうして
  その内容が議論となったのかよくわかりませんでした。
  (44歳男性・IT通信業・3回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この件に関しては
ブログで書きました。
メーリングリストは本来、
門弟になって顔見知りに
なった者たちが、
交遊を深めるツールです。
設営隊の募集や連絡事項の
伝達に使われます。
門弟一人一人の現場の報告や
人柄が伝わってきて、
ほのぼのする楽しさもあります。

ただその中から
議論が発生することがあり、
その議論は
「ゴー宣道場」 では 「公論」 に
繋がらなければなりません。

公にして恥ずかしくない
議論でなければなりません。

だから議論がこじれたら、
堂々と公開の道場に
引っ張り出すわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 小林先生の迫力に圧倒されました。このことを肌で感じるだけでも、
  今日この場に来てよかったと思いました。
  マスコミ全体がグローバリズムに向かう中で、我々がそれを止めるために
  動かなければならない、そのことがよくわかった。
  『はじめての支那論』により多くのことを学び、今日の道場でそれを
  強化できたと思います。
  (35歳男性・製品設計・4回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

危機感が伝わらなければ
やる意味ないですからね。

必死です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ SAPIOのTPPの回、コメの回を皆さんに読んでほしいと思いました。
  前席に座っていた女性が一言、「こんな大変なことと思わなかった」と
  言っていたのが、TVを含む、マスコミの情報だけで過ごしている方々の
  感覚だと思います。
  (44歳女性・自営業・3回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一部の経済界と政治家とマスコミが
「私益」のために国民をだましている。

そこには意図的な者と、
不勉強な者の連合があるわけです。

つまり全然、民主主義なんか
ないということですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 普段、聞くことのない現役の官僚、現政治家の政策秘書の生の話が聞ける
  面白い企画だったと思う。
  (33歳男性・会社員・5回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また呼びましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ TPPとはなんなのかなんとなくわかりました。
  日本がTPPに加入すると、他国との貿易における関税がなくなる。
  すると、国内の品物と同じ品質の安い他国の品物が税がかからず入ってくる。
  すると、国内の産業は倒産、リストラを余儀なくされてしまい、国内の産業の
  ほとんどが外国にのっとられてしまうと思います。
  外国にのっとられる危険を感じていない世間に、びっくりします。
  僕もTPPという言葉を半年前まで知らなかったので、あまりえらそうなことは
  言えませんが・・・。
  (13歳男性・中学生・11回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よくわかってくれてるじゃない。

日本人の貯蓄も吸い上げられ、
危険な運用をされてしまうし、
外国の建設業者も入ってきて
日本の建設業者が職を奪われるし、
外国の弁護士も入ってきて、
企業相手にバンバン
訴訟を起こし始めるし、
外国の労働者も入ってきて
日本人がリストラされるし、
公用語も英語になってしまうし、
金持ちと貧乏人の格差が
どんどん開いて治安は悪化するし、
日本社会が無茶苦茶になってしまう
ということなんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 明治維新のゴールが関税自主権の奪取だったにもかかわらず、TPPによって
  破棄しようとしているのが関税自主権と発言され、ハッとしました。
  先輩方が努力して得たものを深い議論もなしに手放してはならないと思います。
  (29歳男性・会社員・16回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第三の開国なんて
何を勘違いしてるんだ
という話ですな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 保守もリベラルも団結してTPPを止めさせなければおかしいという
  高森師範の言葉に大きくうなずき、気付かされました。
  「市場が上で国家は下」という考えがなんの違和感も感じられずすんなり
  受け入れられてしまうのは、インターネットの広がりで、その感覚が
  身にしみこんでしまっているからのような気がしました。
  (40歳女性・主婦・16回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インターネット自体が
金融グローバリズムのために
アメリカが普及させたものだからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 日本国内の空気が昭和16年開戦時と、TPP参加に向けてが似ているのではないか、
  そして何も反省していないのではとの笹さんの話、その通りだなと思います。
  語る覚悟のある官僚が出て来てくれたことに勇気をいただきました。
  自分も現場から語る言葉を持てるようにがんばりたいと思います。
  (38歳男性・地方公務員・8回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
官僚は語らないと
思われていること自体にも
風穴を開ける必要があるなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 昨秋、「地元の農業を守る会」の集いにてTPP反対署名をしました。
  農家の方々は必死です。日常は無知のまま流れていきます。
  今日は改めて目の覚める思いがしています。
  かなり前から日本は空洞化、生産していない状態が続き、
  日本の若者の労働力は宙に浮いています。
  我家の次女は就職大氷河期の真只中で過ごしてきました。
  日本の危機をとても分かり易くお話して頂けました。
  これからどうしたらいいのか・・・考え込んでいます。
  (62歳女性・教員・初参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
労働者の人口で言えば、
農業とその関連企業の
労働者の数の方が、
輸出企業の労働者数より
はるかに多いのだがね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 小林先生がおっしゃった「グローバリズムに対する危機感、あせりが道場内で
  共有できるかどうか」という発言と、堀辺師範の「TPPは経済という名を借りた
  国際侵略だ」という言葉が強く印象に残った。
  (36歳男性・会社員・8回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは 「危機感」 なんだよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ グローバリズムは結局、植民地支配を正当化しているもののような気がします。
  昔のように軍事力を利用した露骨なものではないけれど、強者によって
  ルールが作られ、いつのまにか国家の重要な部分を侵食していく部分は
  余計にタチが悪いと思います。
  経済に依る侵略というのは的確な表現だと思います。
  (25歳男性・大学生・15回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その通り絵文字:重要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ (第2部の質疑応答は)どの方の質問も興味深く、より議論が深まったと思います。
  小林さんの道場にかける思いも知ることができ、道場生として公論をつくるための
  力になれればと思いました。
  (18歳男性・大学生・5回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問者が良かった絵文字:重要
力になってくれ絵文字:重要

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 田園と都市、第1次と第2次産業を合わせた産業をつくることが大事という言葉が
  特に残った。新たな産業構造をつくり、グローバリズムに対抗していく社会を
  つくれれば良いと願う。

  (34歳男性・高校教諭・5回参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五反分氏と共に
それを具体化する戦略を
練っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 本当に迫力のある道場だなと思いました。四国から来て良かったです絵文字:重要絵文字:重要
  TPPには反対ですが、賛成意見も聞きたかったです。
  もう一つ、この国の形として、理想とする農業中心の社会を求めたいという
  気持ちは僕も同じですが、本当にそれは可能なのか? どうすればできるのか?
  という議論が欲しかったです。
  いずれにせよ、こうやって議論を深めることは非常に大事だと思います。
  ずっと応援してます絵文字:重要絵文字:重要 参加させて頂きありがとうございました絵文字:重要絵文字:重要絵文字:重要
  (33歳男性・会社員・初参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賛成意見はわかっています。

外国の市場に輸出して
儲けられると思ってるだけです。

競争原理さえ持ち込めば、
農業だろうと何だろうと全部
日本が勝つと言ってるだけです。
でもドル安誘導されたら
儲けはなくなるんだけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 加藤議員の政策秘書の方の話で、大半の政治家は選挙第一で、
  国全体について考える人は少ない、との内容があった。
  私達有権者がもっと勉強し、正しい知識を持つことで、地元の政治家に
  影響を与えられるようになることも、必要な事のひとつかな、と感じた。
  大地、国土というものを、もっと視野に入れて(第1次産業)、
  考えることが大事だと思った。
  (40歳男性・会社員・13回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
政治家をバッシングしたり、
官僚をバッシングしたりする
暇があったら、
国民がもっと賢くならないとね。
大マスコミにコロリと
洗脳されるようではな。
そのためには
こういう道場が必要だと
思うわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 今回も中身の濃い道場でした。脳がフル回転で大変です。いつも。
  マスコミでは官僚バッシングばかりで、いいイメージがありませんでしたが、
  公僕としての責任感を持っている方は当然いるのだと、目の前の平池さんを見て
  安心しました。
  もっと多くの政治家、官僚に、国益について真剣に考えてほしい、その上で
  国政を担ってほしい――そう思うならば国民の側からうねりを起こさねばならない。
  公論を立ち上げねばならない絵文字:重要絵文字:重要 そういうことですね。
  それを肝に銘じて、今私のできることを考えてみます。
  (57歳女性・派遣社員・9回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平池さん、好評ですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 私は今まで、道場には観客の気分で参加していました。しかし今回、私も
  公論を担う1人として、壮大な実験の参加者であることが分かりました。
  AKB48のように、受け手の方から積極的に行動していかなければならないと
  分かりました。
  ただ私の身近にいる人々は、TPPに対して何らかの意見を持っています。
  ですので、「仕方ない」というニヒリズムが支配的な世論であるというのは、
  実感として分かりませんでした。
  私は人に恵まれているようなので、まずはその中で公論を作っていきたいです。
  思考を止めることが最も駄目であると、今回思いました。
  (22歳男性・大学生・10回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですよ。

君もGMD48の一人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 1度、来てみたかったなどと軽い気持ちで参加してしまい、
  申し訳ない気持ちでいっぱいです。
  自分達の国の事なのだから、もう少し真剣に考えていかなければ
  ならなかったのではないかと考えさせられました。
  その場、その場が楽しければいいではなく、楽しい事がいつまでも続く様に
  1人1人が生きていかなければならないと思いました。
  (35歳女性・介護・初参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一度来てみたかったというのが
何で申し訳ないの?

全然構わんよ。

 

まだアンケートあるので
第二回を待ってくれ絵文字:重要

ふうふう・・・絵文字:冷や汗

 
 
 
 
 
 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ