ゴー宣ネット道場

アンケート
2011.9.16 16:46

第17回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その2

よしりん先生が
来てくれましたよー絵文字:晴れ

 



 

9月11日、
「第17回 ゴー宣道場」
『グローバリズムは歴史の必然か?』
アンケート回答の第二弾です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ こんなに大変なことになっているのに、何も考えずにいたことを反省しました。
  今まさに日本の国柄が失われる危機だったのですね。今まで受け継がれてきた
  日本の国体を守るために、全国民が命がけで戦わなくてはいけないのだと思います。
  しかし、そうならない現実と戦うために、勉強したいです。
  (35歳女性・アルバイト・初参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国民の大多数が
危機感を持っていません。
テレビを見ていると、
「TPPの問題が先送りされたままだ」
と司会者やレポーターが
言っています。
ですがその口調には
「ぐずぐずしてるが、
 速く参加せねばいけないのに」
というニュアンスが
入り込んでいます。
そのニュアンスに
視聴者が騙されていくのです。
内容を全く知らぬまま、
こうして
「バスに乗り遅れるな」
という空気が形成されます。
驚くべきことに、自民党内も
この問題では分かれていますし、
民主党内でも分かれています。
TPPに賛成か反対かで
政界を再編してほしい、
それなら国民も投票の意義が
明確になるのにと思います。
野田総理は経団連とどんどん
関係を密接にしているのが
テレビのニュースでは
伝わってきます。
TPPの問題は
国民が危機感を持つことが
出発点です。
わしが道場で
アジテーションしたのは、
危機感が伝わらなければ
今回の道場は失敗だという
焦りがあったからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ TPP参加、グローバリズムの危険について、非常にクリアに分かりました。
  TPP、グローバル化の本質についてマスコミは一切伝えない。日本人に
  大きな錯覚を起こさせている現在の報道を正すことが重要と思います。
  この話し合いをニコニコ動画のみでなく全国放送でテレビ・ラジオで流すべき絵文字:重要絵文字:重要
  (44歳女性・自衛官・3回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦争で負けそうになってるときに、
淡々と状況を話してたって
伝わりませんからね。

わしはまた『ゴー宣』で描くつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「民主主義の限界と危険性を前提とした立憲主義」との考え方をベースにして
  憲法という存在がある、これは新鮮でした。
  また「グローバリズムの無国籍性」という表現にもハッとさせられました。
  “ 旨い話には毒がある ” 正にそのもの。もしや1941年と同じように
  「亡国への道の入口」に立っているかもと自覚しました。
  (50歳男性・10回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
良かった。
伝わって良かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ なぜこんなに危険な事(TPP参加)の反対論が出てこないのか気味が悪いです。
  「国」という概念を改めて考えるきっかけになる事柄だと思うのですが、
  反応があまりにもうすっぺらすぎる気がします。
  昔から、小林先生が警告を発してた事は全てその通りになっているので、
  今回のTPPは政府が参加を決めた時点で国民全て覚悟が必要だと思います。
  参加を止める方法は何とかないのでしょうか。
  (41歳男性・介護相談職)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TPPは
「例外なき関税撤廃、
 非関税障壁の撤廃」
だから、
条件が付けられるのかが
問題なんですよね。
あれこれ条件が付けられるのなら
FTAでいいはずですから。
経団連が
「このままだと韓国に負ける」
と言ってますが、韓国は
FTAしか結んでいませんし、
中国もTPPには入りませんから。
止める方法は 「空気」 ではなく、
具体的な条約の内容を吟味する
「輿論」 の形成なのですが、
とりあえずわしは
『ゴーマニズム宣言』で描き、
政治家に接触する以外に
ないですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 今回もとても新鮮かつ充実した内容のお話を聞くことができて良かったです。
  とくに現役官僚や政治家秘書などの国家政策の中枢におられる方からの情報や
  ご意見は他では中々伝えられることがないものなので、これらの現場の人々への
  見方も変わりました。
  我々国民も率先して見聞を広め、党派やかたよったイデオロギーや即物的な情報に
  とらわれないようにして、まさに公論形成を目指して、ニヒリズムを打破しつつ、
  主体的な日本のあり方を追求しなければ、と思いました。
  (27歳男性・家事手伝い・12回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長く続いた
官僚バッシングの余波が
今回の「ゴー宣道場」でも
見られましたが、
少なくとも平池氏の登場は
官僚のイメージアップになったのでは?
もちろん、官僚にも
TPP賛成派はいますし、
平池氏が 「勇気」 を持って
登場してくれた、
本来の意味での
「公僕」 であることは
理解してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ TPPの罪の面について(比較的)広範に出版され、実害としても訴えられて
  いるにもかかわらず、反対論が広まらないのは、ニヒリズムと合わせて、
  グローバル化に対する盲信、もしくは「思考停止」が原因にあることが
  認識できた。特に「思考停止」については、今回の道場で五反分先生が
  提起してくれたのが良かった。
  総務省の平池氏については、どうしても発言に留意していかなければならない中、
  登壇していただいたことについて、改めて敬意を表させていただきます。
  今後も、国策・施策に直に関わる方々の御意見を多く紹介していただけると
  ありがたいです。
  (43歳男性・地方公務員・5回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自衛隊員だって
自由に発言はできませんね。

次回は『国防論』だから
自衛隊員を壇上に
上げたかったのですが、
無理でした。

政治的発言が
禁じられていますから。

官僚だって政治家の部下だから
政治的発言は難しいでしょう。

マスコミや国民は
官僚に対して言いたい放題ですが、
彼らは黙ってるだけです。

「ゴー宣道場」では
官僚も自衛隊員も
言いたいことが言える空間を
用意したいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 官僚の方の「国ごと負けたらどうするのか」という問いかけは全てを集約していると
  思うのですが、スケールが大きくて具体的にイメージできませんでした。
  それを小林師範が皆に分かるように訴え、堀辺師範の非関税障壁撤廃の話の
  恐ろしさによってようやく実感できました。
  あと、アメリカはいつかバクチで破滅すると思いました。
  (33歳男性・デザイナー・12回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「国ごと負けたらどうするのか」
はまったくその通りです。
日本が勝てばいい
という話ではない。
「日本の貿易相手国が
 国ごと負けてもいいのか?」
という倫理的大問題だって
あると思いますよ。
『はじめての支那論』では
そのことにも触れたはずです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 全体を通して、とても有益な時間となりました。
  特に、政治家秘書である五反分さんが「日本が目指すべきなのは、
  フランスやイスラエルのような『ものづくり』技術を応用した超一流の農業国」
  という主張が印象に残りました。
  参加者による主張(感想)と質問がそれぞれ述べられていて良かった。
  (20歳男性・大学生・11回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
五反分氏の提案は
「坂の下の土地を耕せ」
というわしの理念と
同一のものですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 現役官僚の平池様、公務員の立場で師範席に座って頂きありがとうございました。
  最後に質問を1つ。国の事を真剣に考えている平池様のような官僚は全体で
  何割くらいいらっしゃいますか?
  (35歳男性・自衛官・14回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは平池氏に
答えてもらう話だが、
わしはたくさんいると
信じたいですね。

まさか天下り第一じゃないと
思いたい。

ただし、官僚は
政治家の言うことを
聞かねばなりませんからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「明治政府の念願であった関税自主権を、今の日本が自ら放棄しようとしている。
  第三の開国とは気ちがいだ」に大きくうなずきました。
  『はじめての支那論』で最も感動したのは、P.155「グローバリズムで資本が
  国境を越えていくこと自体がそもそも資本主義事態の崩壊」というところと、
  グローバリズムというのはほとんどマルクス主義とかわらないイデオロギー」です。
  私は戦後民主主義の洗脳から脱却したつもりでしたが、甘かった。
  (38歳男性・介護リハビリ・17回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカの惨状を見なさい。
EUだって
ギリシャやアイルランドが
破たん寸前ですよ。
ユーロ通貨圏が
崩壊する危険性もある。
EUでグローバリズムが
歴史の必然だと思った人は
多かったんじゃないですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 歴史の授業で、不平等条約を結んだことにギリギリと憤り、関税自主権の回復で
  喜んだことを思い出しました。
  TPPは「だめ、絶対」でいきたいと思います。
  (39歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうです。

確実にアメリカに毟り取られます絵文字:重要

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 笹師範がおっしゃった「TPPに日本が深い考えもなく突っ込んでいくのは、
  第二次大戦開戦時の空気と同じ」というのはその通りだと思いましたが、
  一方でこうも思いました。
  当時の日本人は米国の世界侵略に対して、徹底抗戦する気構えがありましたが、
  現代の日本人はもはや抗う気構えもなく、諦めの方が強いような気がします。
  高森師範がおっしゃったように、今のグローバリズムの元を作ったのは、
  日本がアジアの解放を果たしたからという面もあると思います。
  (43歳男性・会社経営・9回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帝国主義の時代に
対抗するためにつくられた
空気にはまだ熱があった。
ナショナリズムという熱が。

今の空気には熱がありません。

ニヒリズムだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 堀辺師範がTPPを「米国の経済的侵略」と言ったのにはとても共感できました。
  武力を使い、戦争などで他国の主権を奪うと周りから批判されますが、
  経済でじわじわと侵略していくならば相手国にも気付かれず、いかにも
  良い事をやっているかのようにすんなり事が進んでしまうので、
  アメリカにとっては都合がいいのだと思います。
  (13歳女性・中学生・9回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
彼女、
自信なさそうに挙手したり
手を降ろしたりしてたから、
発言を始めた途端、
目を見張りました。
あとで控え室に訪ねてきて
「今日のは難しかった」と
正直に話してくれましたが、
なんのなんの、
これだけ本質がつかめていれば
100点です。
武力衝突だけが
戦争ではないということを
覚えていてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「グローバリズム≒新幹線」の質問が印象深かったです。
  実は運転室(≒グローバリズムの首謀者?)には誰もいなかったなんて、
  笑えない冗談にすらなってないと思いました。
  (31歳男性・アルバイト・5回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界をバクチ経済に転換させて、
胴元になって稼ごうとしたアメリカが、
イカサマがばれて破綻して、
気が付きゃ自国も超格差社会、
テロまで招来して
疲弊しきってしまったわけです。
それが
グローバリズムの正体なのに、
まだこれに幻想を抱く馬鹿者が、
自称保守にもリベラルにも
いるのですから、
馬鹿は死ななきゃ治らないって
本当ですな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「リバイアサン」と「仕方ない」の質問が良かったというか、どのような質問にも
  確実に答えておられるので、グローバルについての理解が深まり、
  危機意識も強くなった。
  (34歳男性・高齢者介護)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『戦争論2』で9・11のときに、
わしがどう反応したか?
なぜそのように反応したか?
そろそろわかる人が
日本に出てくるでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 質問者のレベルが、数を重ねる毎に上がって行っている印象を受けました。
  (37歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですね。

待ってましたという
質問ばかりでしたね。

非常にありがたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 僕の「原発をなくすと江戸時代に戻るのか」という質問について
  「電気量は昔と比べて減ってきている」という答えには驚きました。
  いかに原発推進派が自分に都合のよいデータを流しているかよくわかりました。
  (27歳男性・介護職員・4回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、発売中の「SAPIO」の
『ゴーマニズム宣言』をご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 電力需要グラフを見たら、今年は昨年より大きく下回っていた。
  ただお盆の時期はほぼ同様であった。
  家庭における節電の意識があまりないのか、と受け取れた。
  今年は火力発電所などをフルで稼働させて電力を賄っていると聞いた。
  そもそも火力発電所は温室効果ガスをたくさん排出していると思う。
  少量の燃料で大きなエネルギーを得られるような方法を見つけられるまでは、
  今の方法を維持するしかないのではないか。
  風力にしろ太陽光にしろ不安定だと思っているので。
  (15歳男性・高校生・3回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
君は認識が間違っているね。
家庭における節電の意識は
ものすごく高まっていますよ。
それはもう日常化してしまって、
今から石油ストーブがバカ売れですし、
今年の冬も、来年もずっと続くでしょう。
節電省エネ家電の売れ行きが、
今の景気を押し上げている
有り様です。
CO2で地球温暖化
という話はデマですから
騙されてはいけません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 師範の方々の、反TPPの思い、しかと受け止めました。
  TPP参加が、明治維新以来あれだけ苦労して確保した関税自主権を
  自ら放棄することだという観点は今回はじめて教えられました。
  TPPを受け入れるかどうか、これはアメリカの属国であり続けるか
  どうかの選択であり、個々の国民に課せられた大問題である。
  反TPPはほぼゴー宣道場の「公論」となっています。
  これを国民の公論とする為に、微力といえども門弟は鋭意努力すべしと思いました。
  (66歳男性・自営業・15回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとう。

びしっと受け止めてくれたようですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 最後に女性から、自分の周りはTPPに対して「しょうがない」と言っているとの話が
  ありました。いつもいろいろなテーマで出てくる問題ですが、高森師範のお話に
  ありましたように、その周囲の雰囲気を打破するために、この道場を始めたんですよね。
  まだまだ私も勉強不足ですが、周りに少しでも自分の言葉でこの道場で学んだことを
  伝えられるようにしたいです。
  (43歳男性・会社員・17回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですね。

誰がこう言っていた
という話し方ではなく、
自分の言葉で語れるように
なってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ TPP、グローバリズムに対する「しかたない論」は他の問題同様、敗戦以降の
  自信のなさ、世界に対するプレイヤー意識のなさが根深い事を再認識させて頂きました。
  (27歳男性・会社員・11回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「世界に対するプレイヤー意識のなさ」

その通りなんだよな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 先生のせいでAKBに、はまっています・・・
  (43歳男性・会社員・5回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごめんね。

峯岸みなみのCM見た?

フライングゲット歌ってる
AKBの顔が
全部みぃちゃんになって、
ほくそ笑んでるやつ。
あれ、
みぃちゃんのキャラにぴったりで
最高に可愛いよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ (今後取り上げて欲しいテーマは?)
  AKB48メンバーと小林先生の対談。おかげ様でAKBファンになりました。
  ちなみに「きたりえ」推しです。
  (47歳男性・健康運動指導士・4回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きたりえかーーー。
今後人気が伸びてくる子だね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「国防論」ものすごい衝撃を受けました。
  次回はその国防論がテーマということなのでとても楽しみです。
  定員もいつもより多いということなので、ぜひ参加したいと思っています。
  (32歳男性・地方公務員・7回参加)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ参加してください。

先着100名の
「特製クリアファイル」
もかっこいいし、
「ゴー宣道場オリジナル切手」
がすごいよ。

ちゃんと使えるんだよ。

このアンケートへの回答、
もう一回あります。

 

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ