ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.11 01:30

イスラム国VSタリバン


アフガニスタンで米軍が無人機でタリバン元司令官を殺害

したらしい。

この人物は元タリバンだが、今はイスラム国に忠誠を誓って

いるという。

 

なんで今はイスラム国の幹部がアフガニスタンにいるのか?

どうやらイスラム国はアフガニスタンに勢力を拡げようと

してたらしいが、そこでタリバンと戦っているらしいのだ。

なんとアフガン戦争でアメリカが攻撃したタリバンが

イスラム国と戦っている。

 

アメリカは対イスラム国のために、今度はタリバンと手を

組むんじゃないか?

アメリカは、かつてはビンラディンとも手を組んでたわけで、

敵の敵は味方方式で、中東をぐちゃぐちゃにしてしまった。

 

そもそもアルカイダを匿っていたとはいえ、タリバンを

攻撃したことにも疑問がある。

結局、アフガン戦争も失敗で、タリバンは復活している。

わしはタリバンには同情しているので、イスラム国と戦って

いるのなら、タリバンを応援したい。

 

しかし中東は複雑怪奇だ。

欧米が介入して無責任に引っ掻き回すので、どんどん複雑に

なっていく。

日本が欧米と一緒になって、あんな憎悪でこじれた地域に

介入するべきではないのだ。

「積極的平和主義」なんて言ってるが、欧米が積極的に

介入した結果として、現在の「憎悪」と「無秩序」を産んだ。

積極的に介入しても平和にはならずに、結果として「無秩序」

に拍車をかけるばかりなのだ。

内政不干渉の原則はどこに行ったのか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ