ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.2.16 02:02皇統問題

皇統男系固執「確率論」の虚構

私・時浦は
「小林よしのりライジング」
『よしりんウィキ直し!』という
隔週連載で
皇統男系固執派の詭弁の
「添削」をやっているのですが、
これに読者の方から
援護射撃をいただきましたので、
2回に分けてご紹介します!


時浦様
wiki直しでいつも勉強しております。
私は今、男系論者を批判するホームページを作成中なのですが
今回は男系論者の谷田川惣氏がしきりに主張する
「確率論」「フランス王室論」をテーマとされておられたので、
私が考えた谷田川氏への反論を投稿したいと思います。
1.確率は分母が大きければ大きいほど妥当性を増す。
今後、悠仁親王殿下の1世帯しか残らなくなる状況で
確率を論じても妥当性など無い。
2.悠仁親王殿下の妃殿下選びが難航することが予想されるが
そのことを全く配慮していない。
また、精神的なものが女性の妊娠には大きく影響する。
雅子妃殿下のように重圧が加わわる中、何人もの子どもを
望む事はあまりに酷である。
男系論者はこのような反論をすると確率論と状況論を
すり替えるなと決まって再反論をする。
状況を見ず、安易な確率にしがみつくのは以下のような
ギャンブル中毒者である。
ギャンブル中毒者 : 今日はパチンコの新装開店日だ。
               パチンコに行ってくる。
 妻 : あなた、生活費が無くなってしまいます。
ギャンブル中毒者 : 新装開店日は店側が利益率より
               集客率を重視するから勝率が高い。
 妻 : あなた、次の給料日まで20日あります。
      光熱費とカードの支払いも残っています。
ギャンブル中毒者 : 私が話しているのは確率論だ。
               状況論とすり替えるな!
3.谷田川氏の確率論は小学生の算数の宿題のようで
余りに程度が低い。
次の質問に答えてください。
「花子さんが子どもを三人産みました。
男の子が一人以上産まれる確率は何%でしょうか?」
先に1.で分母が小さければ確率は参考にならないと
書いたが試みに私が別の確率を提示したい。
(面倒であれば計算式は読み飛ばしてください。)
b          b
Σ〔a×{1ー(1/2)  }×c〕=0.66
0->4
(※bは1/2に掛かる指数です)
a = 95% : 悠仁親王殿下がご結婚される確率
b = 0 ~ 4 : 子供が産まれる数(0~4人とする)
c ->b=0 のとき、c=5%(c人の子供がいる世帯の割合)
  b = 1 のとき、c = 25%
  b = 2 のとき、c = 40%
  b = 3 のとき、c = 20%
  b = 4 のとき、c = 10%
※上記のa~cの係数は男系論者にかなり有利になるように
設定している。例えばaは70%程度でも良いかもしれない。
bは0人〜3人でも良いだろう。
cについては3人子供がいる世帯は全体の20%もないし、
4人子供がいる世帯は10%もない。
この確率からすると悠仁親王殿下に男子が1人以上産まれる
確率は「66%」である。
逆に言えば皇統が断絶する確率は
「100%ー66%=34%」である。
また、上記の係数から別の計算をすると男子が1人のみとなる
可能性は「40%」であり、これは皇位継承の危機を先送りする事を
意味する。
宮家が増える確率は「100%ー34%−40%=25%」しかない。
余程運が良くないと悠仁親王殿下の次世代も皇統断絶の
危険性が伴うのである。
結論を言えば「断絶」「危機の先送り」「宮家が増える」の
3者の中でも「宮家が増える」は一番分が悪いという事になる。
ギャンブラーにはたまらないスリルだろうが、
安定的な皇位継承には程遠い。
長文になってしまったので
「フランス王室論」については別途投稿致します。
トッキー

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ