ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2015.2.16 04:41新刊情報

現実を見て、様々な意見を見て考えよう!『新戦争論1』感想

『新戦争論1』
読者カードが続々
届いています!

今日も3通の感想を
ご紹介します!!


今回も期待を裏切らない
感動の一作でした。
小林先生の知識の広さと深さに
いつも感銘を受けています。

私も戦後平和主義の中で生きてきて、
先生の本に出会わなかったら
全く知らなかったであろうことが
たくさんたくさんあります。
日韓基本条約の事もはじめて知りました。
命をかけて日本のために戦ってくれた
英霊達に又、手をあわせたくなりました。
娘にもすすめて今は
先生の本に魅了されています。
(埼玉県・57歳女性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人は自分の信じたい事しか信じない」
というのは、とても大きな
テーマだと感じました。
しかも、今まで他の人からは
聞いた事がありません。

原発事故の時、ひたすら
安全デマを信じたり流したり
した人がいたのも、
同じ事だったのかも知れませんね。
現実を見つめる勇気を持つのが
大切だと感じました。
(千葉県・40歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず漫画として面白い。スイスイ読める。
これなら少年時代・青年時代から
しばらくの間漫画をあまり読まなかった世代や、
マンガを全然読まない人も楽しめる。

主人公?のヨシリン先生が
お茶目で魅力的!
次に、主張の多くが常識にかない、納得できる。
たとえば、日本軍による虐殺の有無や、
特高の任意性など意見が分かれる問題も、
双方の見解に十分目配りをした上で、
常識的に納得の行く結論を下しているので
「そうだったんだろうなあ」と
説得されてしまう。
徴兵制などついていけない主張もあるが、
そう考える気持ちもわかり
不快感を抱かせないのは、
押し付けではなく公正に論じようとする
姿勢故と思われる。
どのような立場の人が読んでも、
他者の意見と照らし合わせてみる
材料として大変参考になる。
(東京都・55歳男性・弁護士)

トッキー

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ