ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.2.28 14:28日々の出来事

時代はどんどん過ぎていく


今日はHKT48の番組収録だったが、メンバーが全員わしの

本業を知らないのだから驚いた。

漫画家ということも知らないのだ!

 

『東大一直線』も『おぼっちゃまくん』も、彼女たちがこの世に

誕生する前の作品だし、『ゴーマニズム宣言』は読めるはずがない。

少女たちにとっては、わしは「AKB評論家」でしかなく、

AKBヲタにとっても、「AKBを語る人」でしかないだろう。

 

ある意味、わしが何を描いている人か知られない方がいい。

『ゴーマニズム宣言』や『戦争論』などを彼女たちが読んだら、

「恐ろしい人」と思ってしまうかもしれない。

 

NMB48の渡辺美優紀は『おぼっちゃまくん』を読んだと

言ってたし、SKE48の古川愛李は『ゴーマニズム宣言』も

知ってたようだが、他の子たちはみんな「AKBを語る人」と

思っているのだろう。

 

時代は刻々と変わっていく。

『戦争論』だって、もう17年前だ。

17年ぶりに『新戦争論』を出しても、現在20歳の若者は、

『戦争論』を知らない。

大学生あたりが、『ゴーマニズム宣言』の影響を受けてない

のかもしれない。

 

わしは一体、17年間も何をしていたのだろう?

もう一刻も猶予はない。

もっと若い世代にメッセージが届く漫画作品を、ガンガン

描かなければならない。

そいていつかまた、「アンパンマン」みたいな子供漫画に

戻っていかねばならないだろう。

 

その時は、AKBグループの少女たちが母になり、我が子の

見ている漫画の作者が小林よしのりだと知って、「あの頃、

AKBを語っていたよしりんって人は、漫画家だったのね」

と分かるだろう。

その時、AKBはまだ続いているのか?

小林よしのりは本当にまだ描いているのか?

未来はまったくわからない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ