ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.5.21 08:05

安保法制の核心は情けないポチ精神


「SPA!」で勝谷誠彦が安倍政権の「安保法制」の本質は

「殴ってきた奴には殴り返すぞ」「友だちが殴られたら、

黙って見てはいないぞ」だと書いている。

なんとも極限の単純さだ。

左巻きが嫌いだからと言って、右巻きがここまで単純な

嘘を書いていいはずがない。

まるでネトウヨ並みだ。

 

あいにくだが、「攻撃して来た敵に反撃し、友軍を攻撃する

敵は攻撃する」という勇ましい行為は、憲法改正しなければ

できやしない。

 

だから安倍首相は「戦闘が起こった時はただちに活動を

一時中止、あるいは退避する」と爆笑モノの情けないことを

言っている。

「我が軍は、攻撃されたら直ちに退却する!」と明言する

最高指揮官っているのか?

戦闘状態になった途端に、敵に背を向けて逃げるなんて、

後ろから撃たれるだけじゃないか。

                               

安倍首相は「米国の戦争に巻き込まれることは絶対に

あり得ない」と断言もしている。

「友だちが殴られたら、黙って見てはいないぞ」の精神

なら、戦争に巻き込まれるのは当たり前ではないか。

 

保守を自称する者でも安保法制をまともに説明できる者

などいやしないのだ。

元々が、「アメリカ様のお手伝いをどうかさせてください」

「機雷掃海だけは、うちは得意ですけん、ぜひやらせて

ください」というだけの主体性ゼロの法案なのだから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ