ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.24 00:12メディア

ブログはタダだから気軽に無責任に書く


また今日も2万近くのアクセスがあるが、理由が分からない。

わしはブログを日記のように気軽に書いている。

雑誌に発表する論評ならば、もっと緻密に書くし、間違いは

編集者が見つけてくれる。

ブログはギャラが入る文章ではないし、なるべく短時間で

一気に書くから、正確ではない部分もあるだろう。

 

だがわしの発言は影響力があるらしく、気軽に書いたブログ

でも、どんどん拡散してしまう状態になった。

そういえば香山リカが、小林よしのりは影響力があるから

「もはやアイヌ「民族」はいない、アイヌ系日本人である」

という意見も書いてはいけないと言っていた。

 

影響力がある者には言論の自由が許されないことになって

しまう。

影響力のある者は自主規制しなければならないことになって

しまう。

雑誌や単行本で、公的に発言した内容でも、撤回しろと

言われてしまうのだが、ブログでも自由に書けない状態に

なるのだろうか?

 

雑誌でも単行本でも、2万部くらいしか出てない出版物は

あるわけで、わしのブログは毎日2万人だから、数日に一回

見に来る人も含めると、もっと多くの人に影響を与えている

のかもしれない。

 

気軽にブログも書けない男になるわけにはいかない。

ブログくらい無責任に書かせてほしい。

タダなんだから!

ギャラももらわずに責任あるブログなんて書けるかよ!

 

ブログを書くのは「ゴー宣道場」の参加者申し込みの分母を

増やすためと、単なるわしのストレス発散と、単行本の宣伝や、

業務連絡のためだ。

もし『ゴーマニズム宣言』を漫画で発表していたら、

もっと緻密に深く分析した論評を描いていただろうが、

今は描くもの多すぎて、『ゴー宣』が描けず、ほんのさわりを

ブログに書いているに過ぎない。

ブログは商品ではないから、2万人来ようと、20万人来ようと、

気軽に日記感覚で書く。

それを宣言しておく。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ