ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.6.30 15:00新刊情報

『卑怯者の島』表紙発表!


『卑怯者の島』の発売日7月15日が迫ってきた。

小林よしのり初の本格的なストーリー漫画であり、
「論」ではなく完全フィクション、わしの代表作の
一本である。
売れようが売れまいが、わし自身が満足する出来なので、
今後、代表作を聞かれたら、この作品を必ず加える!

すでに「わしズム」連載時に読んでた人は、
単行本を買って、
最初から最後まで
一気読みしてほしい。
この作品はどっぷり浸かって一気読み
することを勧める。

一般雑誌では自主規制に引っ掛かって描けない
表現もあるし、
お涙ちょうだいの戦争ものではない。
かつて描かれていない壮絶な戦争漫画であり、
他の表現では、
この迫力は出せないだろう。
漫画でしかできない表現である。

表紙がまた圧倒的な戦争画で、
橋本八百二画伯の昭和19年の
作品である。
芸術性の高い重厚な一冊となった。

 『卑怯者の島』

メジャーな雑誌に連載していたわけではなく、
後半は描き下ろし
なので、
小学館も最初から冒険することは出来まい。
部数を絞って出版すると思うので、今から
待望している人は
フライングゲットした方がいい。

宣伝はかなり力を入れるようなので、わしの直感では、
入手しに
くくなるかもと思っている。
ぜひ手に取ってこの迫力を味わっていただきたい。



小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ