ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.7.12 05:16メディア

「創」の篠田がわしの個人情報を流出させた件


アイヌ「民族」派のイカレたイギリス人が、仕事場に封書を

送ってきました。

住所をどこで知ったのか?

雑誌「創」の篠田編集長が教えたのです。

これって個人情報の流出で、明らかに

マナー違反ではないですか?

 

しかもわしはオウム真理教の暗殺指令によって、

自宅にも仕事場にも暗殺団がやって来て、

待ち伏せされた人間です。

今もネトウヨ系右派にも常に付け狙われ、「ゴー宣道場」

に押し掛けられたり、ネットの接続妨害をされたり

している人間です。

 

そして今度はカウンター側の粘着ストーカーにも、

住所を知られてしまったわけです。

 

粘着ストーカーのイギリス人は、本物のアイヌ系日本人

である砂澤陣が現れると遁走するだけで、議論を避ける

くせに、小林よしのりには延々と粘着している。

こんなカスになぜ篠田氏は住所を教えるのでしょうか?

極左連中に知られたら、何が起こるかわかりません。

篠田氏はわざと教えたのか?

全然、理解できません。

 

今後は秘書に仕事関係でも名刺を渡すなと命じるしか

ないですね。

誰も全然信用できない。

 

わしの言論はどうしても敵を作る。

常にイカレた連中の攻撃を警戒せねばならない。

イカレたイギリス人はどこかの大学の講師をしているらしい。

そこにストーカーを止めさせろと抗議してくれませんか?

とりあえずイカレたイギリス人の顔写真は、警察に届けて

おきます。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ