ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2015.11.16 08:12ゴー宣道場

14歳の感想


また関西「ゴー宣道場」の話題を出すと、関東方面が拗ね

そうで迷うが、ちょっとわし「これ凄くね?」という感想

をもらったので、紹介させてくれ。

・・・・・・・・・・・・・

前回の関西版ゴー宣道場に参加した14歳の少年です。

(設営隊参加に応募していないほうです)。
当日は道場終了後にすぐ用事があり、アンケートに答る

ことができずにいたのでこのようにメールを送らせて

いただきます。
京都国際漫画ミュージアムでの呉智英さんとの対談の

ときは「よしりん先生の話を生で聞けるのは今回が最後

かも知れんな・・・」という覚悟で挑んでいたので、

関西でゴー宣道場が開かれると発表されたときは少し

拍子抜けをしてしまいましたが、同時に絶対に参加してやる!

ともおもいました。
当日での師範方のお話はユーモアを交えながらのお話などで

とてもわかりやすく、自分の思考を深める本当に良い機会と

なりました。
よしりん先生の「我々はソクラテスにならなければいけない」

という言葉に僕はとても納得しました。

シールズなどは自分の意見を街頭で叫ぶばかりで「議論」の

二文字を知らぬようだし、国会での強行採決のありさまは

「国会議員すらシールズと同じ、議論を知らぬものの集まり

ではないのか」と思ってしまう惨状でした。
我々国民は一人一人ソクラテスになって、シールズにも、

国会議員にも問答を繰り返すべきなのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・

おおおおおおおおおお・・!

やっぱり若者って色々いるんだよね。

マスコミの注目しないところで、しっかりモノを考えている

若者がいる。

マスコミが作る若者の幻影に踊らされる必要はない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ