ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.2.12 11:02政治

育休不倫議員の記者会見を見た


育休不倫の宮崎謙介議員の記者会見、議員辞職はせめてもの

決断でした。

国会議員ですよ。しかも妻も国会議員。

元妻も加藤紘一の娘ですよ。

離婚した原因はやっぱり女なんです。

 

現妻の金子議員にも、宮崎が目をつけて猛アタックして

妊娠させたのです。

国会を合コン会場としか思っていないチャラ男だった

わけです。

結婚前に妊娠してるんですよ。

妊娠させたから結婚してるんです。

 

そしてそのときすでに複数の女ともやりまくっていた

わけですよ。

性欲は暴走していたのです。

 

しかも妻の妊娠の状態は不安定だったわけですよ。

普通なら心配です。無事に生まれるかと気をもむはずです。

でも性欲は暴走していたわけです。

 

そして何より呆れることは、「育休」を取って啓蒙活動を

したいと宣言した国会議員です。

「育休」なんてしがない中小零細企業で取れるもんじゃ

ありませんよ。

シングルマザーにとっては無関係な話、共働きでも無関係な話、

「育休」取れるような経済にしてくださいよという話でしょう。

それを税金で働く国会議員が取れば、啓蒙活動になると

思い込んでるわけです。

 

それを安倍首相はじめ自民党議員は、進歩的だから女性票が

取れると打算して、大いにやるべしと応援し、

もてはやしたんですよ。

「進歩的だから女性票がとれる」この卑しい心理が透けて

見えて最低ですな。

 

そこまでの期待を背負っていながら、出産10日前に、

自宅に巨乳タレントを連れ込むって、どれだけ性欲の奴隷

なんだ?

公的には「育休」政策の神輿に乗り、私的には妻の危うい

「出産」という重大事を抱えていながら、すべてを忘れて、

性欲の奴隷になってしまえるその脳みそと人情の空っぽさ!

こんな男を当選させた選挙民は額に「恥」と書いて外出

すべきです。

 

宮崎が妻の入院する病院に現れたのは、出産の翌日の

ようですね。

普通、そんなに不安定な妊娠の状況だったのなら、不安で

しょうがないから、出産直後に駆けつけませんか?

妻思いとは見えませんね。愛などどこにもないでしょう。

これで「育休」とはよく言えたものです。

 

本来なら子供が生まれたら、妻子に対して「おめでとう」と

祝福の嵐のはずです。

こんな惨めな出産があるでしょうか?

だらしない男を選んだのだから、妻の金子議員も同レベルだと

見るのが常識です。だから同情もしません。

 

しかし、不憫なのは生まれてきた子供です。

成長して「私が生まれてきたときはどうだった?」と尋ねられ

たら、答えられますか?

「みんなに祝福されたのよ」と言ってあげられますか?

いまどきネットで全部バレてしまいますよ。

自分の父が何をした男なのかを知ることになるでしょう。

ものすごい罪悪を犯したものです、宮崎謙介。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第97回

第97回 令和3年 5/3 MON
13:00

テーマ: 「憲法は今、生きているかーーコロナ禍、自衛権、天皇」

INFORMATIONお知らせ