ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.3.15 04:01政治

皇位の男系男子継承は女性差別である


安倍首相が国連女子差別撤廃委員会の「皇室典範勧告案」に

不快感を示したらしい。

皇位継承権を男系男子に限定するのは、女性差別だという

委員会の勧告に対し、「女性差別ではない」と主張したのだが、

無知ゆえの弁解である。

 

男系男子限定は女性差別に決まっている。

日本の伝統でも何でもない。

 

明治の皇室典範制定時に、井上毅が「男を尊び、女を卑しむの慣習、

人民の脳髄を支配する我国において、女帝を立て皇婿を置くの不可

なるは、多弁を費やすを要せざるべし」と主張して、女系論を潰した

のだから、女性差別に決まっている。

 

そもそも反発すべきは「慰安婦を教科書に乗せるべし」という勧告

の方なのに、安倍政権はこれを黙認している。

安倍首相は、慰安婦問題で河野談話より後退した日韓合意をして、

コアな安倍信者が分裂したため、今度は男系男子固執を改めて強調

することによって、コアな信者を取り戻そうとしている。

つまり、慰安婦問題の敗北を、男系男子固執で、糊塗しようとして

いるのだ。

 

しかも今後、世界に「男系継承は女性差別ではない、日本の伝統だ」

と説得して回るという。

そんなことをしたら実は女系継承を認めるしか、皇室の弥栄はない

と判明した時に、大変なことになる。

日本は伝統を壊したと誤解されてしまう。

慰安婦問題の敗北が、皇位継承問題に波及するとは!

 

わしは国連の委員会の「男系男子継承は女性差別」という勧告は

正しいと思う。

だがそれでも、「外圧」に頼って、皇位継承を変えるのには反対だ。

あくまでも国民の良識で、皇室典範に潜む男尊女卑観念を打破して、

皇室の永久繁栄を実現しなければならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ