ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.15 04:52メディア

下流老人の解決方法


TVタックルで下流老人の議論をやっていたが、高齢者の4人に

1人、900万人が貧困に落ちているという。

下流老人とは、生活保護基準相当の収入で暮らす困窮した高齢者

のことらしい。

 

65歳以上の生活保護費の受給者は現在80万人に及ぶというが、

本来は生活保護費は「自立支援」なのだから、高齢者だけ生活保護

の受給者が伸びている現状は異常である。

年金でこういう高齢貧困層を救済できないから、生活保護で代用

しているわけだ。

 

現在は国民の1900万世帯が貯蓄0になっていて、自分で中流と

思っている人も、実はすでに下流に落ちているのだという。

確かに昔は「隠居」という言葉があったが、今は70歳過ぎても

働かなければ生きていけない。

寿命が延びた分、年金も医療費も破たんするし、自分で稼がねば

生きる資格がないという実態のようだ。

 

日本は他国に比べてホームレスが少ない、失業率が低い、

それなのに貧困に落ちて、希望なく長生きする高齢者がこれから

急激に増えていく。

しかも家族も地域共同体も崩壊しているから、知人に介護して

もらえることもなく、孤独に引き籠って、孤独死を待つしか

ないのだ。

 

構造改革・規制緩和と延々と言っているが、真っ先に規制緩和

すべきは安楽死だろう。

国民としての役割を果たし終えて、若者の迷惑にしかならない

老人は安楽死するのが一番いい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ